ジュエリーの種類

ダイヤモンドピアスを購入する前に

ダイヤモンドピアスを購入する前に

ピアスの歴史は、古く日本では縄文時代には耳飾りが発見されています。当初は耳の穴から悪魔が入ってくるのを防ぐ魔除けの意味があると言われていましたが、現在では殆どファッションの一部ではないでしょうか。また、古代エジプトですでにピアスは、男性の身分を証明するために男性がピアスをしていたと言われています。日本では、縄文時代の埴輪にもピアスがつけられていることから縄文時代にはすでに使われていたと言われています。
ピアスのデザインは、基本的には変わらなく「フープ型」、「スタッド型」、「ドロップ型」の3種類です。

フープ型は、輪になっているタイプ。スタッド型は、耳にぴったりつくタイプ。ドロップは、ぶら下がり、揺れるタイプとなります。

つける方が、お顔を強調したいか補正したいかによりピアスの大きさや型を変えます。丸顔の方が強調したいならば大きなボタン型。補正したい方ならば縦ラインのピアスやフープ型が良いと言われています。逆三角形の方は、シャープなラインのボタン型。補正したい方は、優しいふからかなラインのドロップ型が良く四角お顔立ちの方が強調したいならば四角やボリュームの有るボタン型、補正したいならば耳たぶよりも大きくないスタッド型がいいでしょう。最後に楕円形の方が強調したいならばドロップ型。補正したい方は大きなフープ型、丸みのあるボタン型が良いと言われています。

ピアスの止め金具は、耳に突き刺す方がポストといい、止める金具をキャッチと言います。ポストに、素材の刻印やダイヤモンドのキャラット数が刻印されます。

日本人は、耳たぶが厚い人が多いので短いポストを使い続けるとキャッチが耳に接して耳に食い込みピアスでできた傷が治らずに金属アレルギーの原因となると言われています。また、ピアスの穴を開ける器械も販売されていますが、医療行為になりますので病院で必ず開けももらいます。穴がきちんと開くのが1ヶ月かかります。小さめのスタッドタイプがよいかと思います。最初は、多少痛いですが、消毒を欠かさずやっておくと後々の肌トラブルも少なくなるとおもいます。

キャッチの種類には、直結タイプ、クリップタイプ、キャッチレスタイプ、アメリカンタイプ、ジプシータイプが有ります。ダイヤモンドピアスは、どのデザインやキャッチの種類も作られています。一粒ダイヤモンドのピアスは、リングと同様できるだけ爪の小さな直結タイプが主流です。が、ダイヤモンドを囲ったデザインで実際よりも大きく見えるようにしたものもあります。

また、ダイヤモンドは、左右同グレードで揃えています。大きさは、左右の合計で表示されていますが、0.10キャラットの小さなダイヤモンドピアスから左右で3キャラットも有る大きなものまで有ります。

個人個人、耳たぶ大きさや厚さが違いますので印象が同じ大きさのダイヤモンドでも変わってきます。やはり、会社などで普段使いならば、0.30キャラット以下ですと気にせずにご使用いただけます。また、結婚式やパーティーなどに付けて行くならば0.50以上の存在感と品質基準がしっかりと出されている商品を持っていると大変便利です。

無色透明でシンプルなのでどの様な服装でもでも合い、ただシンプルだけでなく充分な輝きで存在感もあり、年齢も問わず重宝するのがダイヤモンドピアスの良い点です。ダイヤモンドピアスには、1粒ダイヤであっても、スタンドタイプでエレガントにもなり、フックタイプにして揺れるデザインで可愛い感じにもなれます。揺れるタイプではダイヤモンドに穴を直接開けている商品も有ります。レーザーホールに直接丸カンをとして光を最大限に取り入れ反射するのでとても輝きがよく綺麗です。スタッド型では、爪留め(2点~8点留め)、石を囲んでしまうものまでありますが、爪留めが少なくまた小さい爪の方がより光が入りダイヤモンドの輝きがよくなります。爪留めの数でダイヤモンド自体の印象がかなり変わってくると思います。キャラット数だけでなく爪留めの数や留め方、地金の素材も注意して選ぶといいでしょう。

アメリカンタイプやフックタイプの揺れるデザインはカジュアルにつけられてつけたり、外したりが簡単ですが、耳たぶの分厚い方は抜けやすいという方も多くシリコンゴムのキャッチで止められたら良いかと思います。

また、エタニティタイプのピアスも有りとても豪華なピアスとなります。(フープ型)

少し前にスリーストンダイヤモンド(トリロジーダイヤモンド)が流行りました。今も定番でありますが、3つのダイヤモンドを縦に繋げているデザインですが、一つづつのダイヤモンドを女性の過去、現代、未来を現しています。男性からのプレゼントで女性の過去も現在も未来のあなたを受け止めますと言う意味で贈られると言われています。

このようなエタニティやトリロジーなどのデザインは、ピアスにも使われネックレスとセットで使われます。

ダイヤモンドピアスに使われる素材は、やはりプラチナ、ホワイトゴールドが多く、イエローやピンクゴールドも使われます。

メンズジュエリーでも片耳ピアスとしてダイヤモンドピアスをよく使われています。無色透明はもちろん、ブラックダイヤモンドやブラウンダイヤモンドも人気です。

ローズカットといわれるカットは、今主流の58面体のブリリアントカットよりも古い歴史があり、16世紀から19世紀に良く使われていました。薔薇の蕾のようなイメージのダイヤモンドカットです。アンティークジュエリーによく使われていました。

ブリリアントカットよりもカット面が少なく輝きが少ない分素材の質が良くないといけません。輝きは、ブリリアントカットよりは、優しい感じの輝きになります。

ローズカットがされるようになるまでダイヤモンドは、硬い石でカットすれば綺麗に輝くことすら知られていませんでした。ダイヤモンドは、地下深い所(地下120~200キロメートル)の所で高温高圧により成形されマグマによって地上へと出て来ます。約16億年前から5000万年前のマントルで成形されたダイヤモンドが今、発掘されているダイヤモンドです。紀元前にインドで見つかって以来なかなか他の国で発掘されなかった故にダイヤモンドをインド石ともよばれます。

長年、研磨に時間がかかりダイヤモンドは、ダイヤモンドで削ると輝くことが分かってから宝飾用として重宝されて来ました。これが、ローズカットです。20世紀になり、屈折率や反射率などを計算されて来て58面体のブリリアントカットや近年出て来たレーザーホールなどの技術も驚かされます。

宝石石言葉でもダイヤモンドは、変わらぬ愛、清浄無垢など世界で一番硬い石から変わらない愛の表現として使われています。強いエネルギーで悪魔から身を守り、マイナスエネルギーを吸収ししますから浄化を必ずしましょう。

エンゲージリングなどの愛をイメージして贈られることも多い石なのでプレゼントとしてダイヤモンドを贈られる男性もきちんと理解して贈らないとピアスいえ、相手の女性に失礼になったり、勘違いされてしまうことになりかねないので要注意です。

ただ、硬い石と言ってもある一方向からの力には弱いので落としたりぶつけて割れることもあります。また、油を好む性質があり、中性洗剤で洗うとまた、輝きが出てきます。日ごろのお手入れも必要です。

関連記事

  1. 一つは持ちたい一粒ダイヤモンド

  2. 鑑定書や鑑別書の基礎知識

    鑑定書と鑑別書の基礎知識

  3. そもそもダイヤモンドとは?知らなかった生成過程について!

  4. ピアスの歴史と選び方のポイント

    ピアスの歴史と選び方のポイント

  5. 婚約指輪を選ぶポイント

    迷う婚約指輪選び!ポイントを教えます

  6. ダイヤモンドの結婚指輪を通販で買うのはもはや常識

  7. シルバージュエリーについて

    シルバーとシルバージュエリーについて

  8. プラチナダイヤモンド

    プラチナ人気は日本だけ?!

ネット通販で購入

ネット通販で楽しいダイヤモンド選び

ネット通販で楽しいダイヤモンド選び

最近ではお店で直接購入するだけでなく、インターネット上の通販を利用して手軽に商品を購入できるサービス…

ダイヤモンドをネット通販で

ネット通販で数多くのダイヤモンドジュエリーに出会う

ダイヤモンドジュエリーを通販で購入する初めて私がジュエリーショップへダイヤモンドジュエリーを購入…

ダイヤモンドジュエリーをネット通販で選ぶコツ

ダイヤモンドジュエリーをネット通販で選ぶコツ

ダイヤモンドの購入を考えた時、皆さんはまずどのような購入方法を思い浮かべるでしょうか?百貨店やフ…

ダイヤモンドを通販で購入するってどうなの

ダイヤモンドを通販で購入してみる

ダイヤモンドを通販で購入してみませんか?数ある宝石の中でも格別な美しい輝きを放ち、王者の風格が漂…

ダイヤモンドの結婚指輪を通販で買うのはもはや常識

インターネットがすっかり普及した現代社会では、どんなものでもオンラインショップの通販で簡単に手に入れ…

ダイヤモンドを通販で購入する場合知っておきたいこと

ダイヤモンドを通販で購入する場合に知っておきたいこと

最近ではお店で直接購入するだけでなく、インターネット上の通販を利用して手軽に商品を購入できるサービス…

婚約指輪をネット通販で

ネット通販で婚約指輪を一緒に選びましょう

一粒の輝くダイヤモンドの入った小さな箱をパカッとした開いた瞬間、女性は思わず口に手を当てる風景を皆様…

ネット通販で購入する前に

ネット通販で購入する前に!ダイヤモンドの基本

数ある宝石の中で一番女性を虜にし、プレゼントして心から喜ばれる宝石と言えば、ダイヤモンドです。また、…

通販でダイヤモンドを購入する秘訣

ネット通販でダイヤモンドを購入する秘訣

通販でダイヤモンドを購入する秘訣とは?婚約・結婚指輪に。プレゼントや大切な記念日に。頑張った自分…

おすすめ記事

鑑定書・鑑別書

知っているようで知らない、鑑別書・鑑定書とは?

鑑定書、鑑別書について宝石の「鑑定書」や「鑑別書」はどんなものかご存知ですか?ジュエリーには、「…

一粒ダイヤモンドの魅力とは?

一粒ダイヤモンドの魅力とは?

毎日気軽に身につけられるアクセサリーを探しているという人がいたら、真っ先にお勧めしたいのが「一粒ダイ…

ダイヤモンドを下取りしてもらうためのヒント

サザビーズやクリスティーズなどの大手オークションハウスなどでは、ダイヤモンドが記録的な価格で落札され…

ダイヤモンドジュエリーの普段のお手入れ

ダイヤモンドジュエリーの普段のお手入れ

大切なダイヤモンドジュエリーのお手入れはどうされていますか?滅多に使う機会のないエンゲージリングなど…

ダイヤモンドピアスのセッティングには、どんな種類があるの?

耳元のアクセントに、さりげなく光るダイヤモンドピアスが欲しい!でも、いざ購入するとなると、色々と迷っ…

ダイヤモンドの4C~価値を知るための基準~

ダイヤモンドの4Cについてダイヤモンドはどれも美しく輝いて見えます。しかしそれゆえにプロでなけれ…

厳冬にキラキラ輝く自然界の宝石「ダイヤモンドダスト」

厳冬にキラキラ輝く自然界の宝石「ダイヤモンドダスト」

いくつもの自然現象が重なり合って作り出す絶景、ダイヤモンドダストを見たことがありますか?雪国にお住ま…

ダイヤモンドジュエリーの魅力

ダイヤモンドジュエリーの魅力は永遠ですよね

婚約や結婚など人生の節目に選ばれるダイヤモンドジュエリー。身近に思えるダイヤモンドジュエリーです…

宝石鑑定士という仕事

宝石鑑定士という仕事

「宝石バイヤーになって世界中を駆け巡り、宝石の買い付けをしたい」「ダイヤモンドの鑑定をしたい」「ジュ…

身近なところで大活躍、工業用ダイヤモンド

身近なところで大活躍、工業用ダイヤモンド

世界中の人々から愛される宝石の王様、ダイヤモンド。ダイヤモンドと言えば、地球上でいちばん硬い鉱物です…

エンゲージリング

  1. ダイヤモンドリングの選び方
  2. エンゲージリング
  3. 初めての婚約指輪選び

購入のためのヒント

  1. ゴールドのジュエリー
  2. 良いインクルージョンと避けたほうがいいインクルージョン
  3. ダイヤモンドピアスを選ぶコツ

ダイヤモンドの基礎知識

ダイヤモンドジュエリーを選ぶ

ダイヤモンドジュエリーを選んでみよう

ダイヤモンドジュエリーの選び方初めてダイヤモンドジュエリーを身に付けた時、大人になった自分にワク…

ダイヤモンドのメンテナンス方法

美しく輝くダイヤモンド。いつまでもその輝きを維持しておきたいですよね?実はダイヤモンドは薬品などにも…

使わなくなったダイヤモンドジュエリーを売ってみよう

使わなくなったダイヤモンドジュエリーを売ってみよう

使わなくなってしまったダイヤモンドジュエリーを売りたい、下取りに出したい…そんな時はどうしたらいいの…

ダイヤモンドの天然インクルージョンとはどんなもの?

ダイヤモンドは、それぞれが内部に独特な特徴を持つ宝石です。天然のダイヤモンドにはひとつずつに違った個…

ダイヤモンドピアスのセッティングには、どんな種類があるの?

耳元のアクセントに、さりげなく光るダイヤモンドピアスが欲しい!でも、いざ購入するとなると、色々と迷っ…

良いインクルージョンと避けたほうがいいインクルージョン

良いインクルージョンと避けたほうがいいインクルージョン

クラリティ評価の下がる要因として言われるインクルージョンですが、目に見えてしまうインクルージョンがダ…

ダイヤモンド取引所とはどんなところ?

ダイヤモンド取引所とはどんなところ?

ダイヤモンド取引所についてダイヤモンドはカットされた後、世界の16か所にある「ダイヤモンド取引所…

ダイヤモンドの価値を決めるカラット

ダイヤモンドの価値を決めるカラット

ダイヤモンドといえばカラットと言われてもいい程4Cの中でも有名なカラット。ですが、カラットの事を…

ダイヤモンド産業とデビアス社

ダイヤモンド産業とデビアス社

ダイヤモンドの流通には欠かせない「デビアス社」。テレビCMや雑誌の広告で、名前を目にしたことがあるの…

ダイヤモンドの採掘国はどこ?

ダイヤモンドはごく僅かの限られた場所でしか採掘されません。何故なら35億年から9億年前からある土地で…

ダイヤモンドネックレスを着ける
  1. ダイヤモンドピアスを選ぶ5つのルール
  2. ダイヤモンドで資産運用
  3. ダイヤモンドの透明度を決めるクラリティ
  4. カラーダイヤモンドを知りましょう
  5. ゴールド

ダイヤモンドの4Cについて

  1. ダイヤモンドのカラー
  2. ダイヤモンドの価値評価
  3. ダイヤモンドのカット
  4. ダイヤモンドの透明度を決めるクラリティ
  5. 鑑定書・鑑別書
  6. ダイヤモンドの4Cとは
  7. ダイヤモンドのクラリティ

ネット通販でダイヤモンドを選ぶ

ダイヤモンドの結婚指輪を通販で買うのはもはや常識

インターネットがすっかり普及した現代社会では、どんなものでもオンラインショップの通販で簡単に手に入れ…

ダイヤモンドを通販で購入するってどうなの

ダイヤモンドを通販で購入してみる

ダイヤモンドを通販で購入してみませんか?数ある宝石の中でも格別な美しい輝きを放ち、王者の風格が漂…

PAGE TOP