ダイヤモンドを知る

ダイヤモンド業界の頂点に君臨するデ・ビアス社

エンゲージリングにも選ばれ人気の高い宝石の王様といっても過言ではないダイヤモンド。ダイヤモンドはなぜこんなにも愛され、支持される宝石なのでしょうか?

希少性?確かにカラーダイヤモンドの中にはたいへん希少性の高いものもありますが、一般的なダイヤモンドの採掘量よりも少なく希少な宝石はほかにもあります。この謎を解くカギになるのが、デ・ビアス社の存在です。ダイヤモンドジュエリーを検討する際には、一度は耳にしたこともあるのではないでしょうか?
今回はダイヤモンドにまつわるデ・ビアス社についてお話ししたいと思います。

ダイヤモンドとデ・ビアス社の歴史

1800年代の後半~1900年代頃、ダイヤモンドの採掘に資本投下がされ、採掘技術の進歩が進んでダイヤモンドの採掘量が大幅に増加しました。たくさん手に入るようになった分、売り手が増え、ダイヤモンド採掘業者の経営に陰りが見え始めました。このままだと価値が下がってしまうだけでなく採掘業者、ダイヤモンドの業界全体が危機に瀕してしまう状態でした。

いち早くそれを懸念した男性が「アフリカのナポレオン」こと、イギリス人の政治家のセシル・ローズ(Cecil John Rhodes)でした。彼はまず、1881年に無法地帯となっていた鉱山一帯を買収し、デ・ビアス社を設立しました。その後、当時のライバルといわれたキンバリー鉱山と合併し、ウェッセルトン、ヤーガースフォンテインなどの鉱山も買収していき、19世紀の終わりにはダイヤモンド生産地の9割以上を独占する企業となりました。1902年にセシル・ローズが死去し、デビアス社が所有する鉱山とほぼ同じレベルの産出量を誇る鉱山が発見されると、9割以上の独占から4割にまで落ち込みました。

そんな時にユダヤ系ドイツ人、アーネスト・オッペンハイマー(Sir Ernest Oppenheimer)があらわれたのです。彼は南西アフリカの鉱山を入手すると、ダイヤモンド業界へ参入し、1926年にデ・ビアス社の役員になりました。デ・ビアスはここから再び、ダイヤモンド業界を支配する企業へと返り咲くのです。

デ・ビアス社の独占システム

デ・ビアス社はダイヤモンドを取引するために「サイト」というシステムを作りました。この中身は、世界のダイヤモンドをデ・ビアスが全て管理する、というものでした。現在では、ダイヤモンド・トレーディング・カンパニー(DTC)という名前で原石の販売を行っています。サイトホルダーと呼ばれるデ・ビアスから選ばれた限られた資格を持つ者だけが、ダイヤモンドの原石を手にすることが出来ます。ちなみに2016年時点、日本での唯一のサイトホルダーはTASAKI真珠です。

厳しいルールがあるサイトホルダー

年に10回開催されるサイトですが、ダイヤモンドの原石が欲しいからと言って、誰でもサイトホルダーになれるわけではありません。ジュエリー業界の過去の実績、財務諸表などから厳しく審査されて、通過したものだけがやっと参加資格を得られます。ですが、サイトに参加でき、販売会へ参加出来たとしても、デ・ビアスからの一方的なルールが待ち構えています。

・取引するダイヤモンド原石は、量も品質もデ・ビアス社が決定する。
・価格交渉は一切なし。
・原石はセットでの販売のみで一部交換は一切なし。
・次回のサイトへの参加資格者はデ・ビアスが決定する。

サイトホルダーは次回も参加したいのであれば、今回も購入せざるを負えない状態です。ちなみに上記ルールを違反したサイトホルダーは翌年から参加はできません。
デ・ビアスはこのような厳しいルールを作る事で、ダイヤモンド市場を独占し、市場への供給量をコントロールしました。そして、長年ダイヤモンドの価格低下を防いで来たのです。

ダイヤモンドの価値を守り続けるデ・ビアス社

デ・ビアス社はダイヤモンドの市場を独占することで、長年ダイヤモンドの価値を守ってきました。実をいうと冒頭でも少し触れたように、ダイヤモンドよりも採掘量の少ない宝石はほかにもたくさんあります。むしろ、ルビーやアレキサンドライトなどよりも、ダイヤモンドの採掘量は豊富なのです。

この採掘量を全て流せるだけ流してしまえば、流通量が一気に増えて、ダイヤモンドは今ほどの価値はなくなり価格も暴落してしまうでしょう。デ・ビアスが市場を独占し、ダイヤモンドの流通量を制限したからこそ、今のダイヤモンドの価値があるのです。

デ・ビアス社によって宝石の王様となったダイヤモンド

デ・ビアス社のダイヤモンドのプロモーションは独創的で緻密に練られたものばかりでした。皆さんも一度は「ダイヤモンドは永遠の輝き」、「婚約指輪は給料3か月分」なんて聞いたことがありませんか?これはデ・ビアス社のダイヤモンドのプロモーションの一つで有名なキャッチフレーズです。

またこのキャッチフレーズだけでなく

「スイートテンダイヤモンド」
「トリロジーダイヤモンド」

なども、デ・ビアス社が打ち出した素晴らしいプロモーションです。
婚約指輪や結婚指輪にダイヤモンドが施してあるものを選ぶのは、今では当たり前のようになっていますが、婚約するときにダイヤモンドリングを贈ること自体も、デ・ビアスが作り上げたダイヤモンドのイメージなのです。デ・ビアスはダイヤモンドの価値=希少性とするのではなく、ダイヤモンドに抱くイメージやあこがれで価値を維持しようと対策をしているのです。

現在のデ・ビアス社

世界のダイヤモンドの80%~90%を支配していたデ・ビアスですが、独占禁止法違反に問われ、またロシアやオーストラリアでもダイヤモンドが生産されるようになり、現在のデ・ビアスのシェアは5割程度になったといわれています。デ・ビアスが日本でCMを流し、有名なキャッチフレーズを広めていた頃の売り上げは4,000億円と言われています。現在では1,000億円弱まで下落し、TVCMもすっかり見なくなってしまいました。おそらく今の20代の人たちは「婚約指輪は給料3か月分」なんて聞いたこともないでしょう。

現在のデ・ビアスは直接販売に力を入れており、ダイヤモンドの新しい評価基準を提案しています。一般的にGIA基準と呼ばれるダイヤモンドの評価基準は4C(カット、カラー、クラリティー、カラット)です。それに加えて、デ・ビアスはFire、Life、Brillianceという3つの要素を提案しています。
デ・ビアスのサイトから引用し、中身を少し詳しく説明すると

「ファイヤー」は、幾多ものファセットに踊る光の屈折から生じる美しい虹色。

「ライフ」は、きらめき。手の上でダイヤモンドを動かすときに生じるシンチレーションや光のバースト。

「ブリリアンス」は、自然な透明感。根底に存在する透明感が、上からの光を捕え反射し、フェイスからまた輝きを返すことによって、見るものを惹きつけて離しません。

(DE BEERS http://www.debeers.co.jp/diamond-expertise/de-beers-diamonds/diamond-mastery「引用」)

GIAのカット基準と比べてもさほど目新しさはありませんが、デ・ビアス社オリジナルのカット基準というのが差別化を感じるかもしれません。今も昔もデ・ビアスはダイヤモンドの価値とともに素晴らしさを提案し続けているのです。

まとめ

ダイヤモンドとデ・ビアスは切っても切れない関係にあります。
現在シェアが5割にまで落ち込んだといえど、デ・ビアスがダイヤモンドを市場に流通させるとダイヤモンドの市場価格が変動するといわれるほどまだまだ影響力のある会社です。今日のダイヤモンドがこれほどまでに憧れと価値を見出せる宝石でいられるのはデ・ビアス社の力によるものといっても過言ではないのです。

関連記事

  1. ダイヤモンドの評価

    ダイヤモンドの4Cって一体なんだ??

  2. ダイヤモンドの輝きはカットで決まる

  3. ダイヤモンド産業とデビアス社

    ダイヤモンド産業とデビアス社

  4. 失敗しない!賢い一粒ダイヤモンドネックレスの選び方

  5. ダイヤモンドの4Cとは

    ダイヤモンドの4Cを分かりやすく説明します

  6. 世界で最も大きなダイヤモンドの産地

  7. ダイヤモンドジュエリーの魅力

    美しきダイヤモンドジュエリーの魅力

  8. 歴史から見るダイヤモンドのカット

    歴史から見るダイヤモンドカット

ネット通販で購入

ネット通販で購入する前に

ネット通販で購入する前に!ダイヤモンドの基本

数ある宝石の中で一番女性を虜にし、プレゼントして心から喜ばれる宝石と言えば、ダイヤモンドです。また、…

婚約指輪をネット通販で

ネット通販で婚約指輪を一緒に選びましょう

一粒の輝くダイヤモンドの入った小さな箱をパカッとした開いた瞬間、女性は思わず口に手を当てる風景を皆様…

ダイヤモンドを通販で購入する場合知っておきたいこと

ダイヤモンドを通販で購入する場合に知っておきたいこと

最近ではお店で直接購入するだけでなく、インターネット上の通販を利用して手軽に商品を購入できるサービス…

通販でダイヤモンドを購入する秘訣

ネット通販でダイヤモンドを購入する秘訣

通販でダイヤモンドを購入する秘訣とは?婚約・結婚指輪に。プレゼントや大切な記念日に。頑張った自分…

ダイヤモンドを通販で購入するってどうなの

ダイヤモンドを通販で購入してみる

ダイヤモンドを通販で購入してみませんか?数ある宝石の中でも格別な美しい輝きを放ち、王者の風格が漂…

ダイヤモンドの結婚指輪を通販で買うのはもはや常識

インターネットがすっかり普及した現代社会では、どんなものでもオンラインショップの通販で簡単に手に入れ…

ネット通販で楽しいダイヤモンド選び

ネット通販で楽しいダイヤモンド選び

最近ではお店で直接購入するだけでなく、インターネット上の通販を利用して手軽に商品を購入できるサービス…

ダイヤモンドジュエリーをネット通販で選ぶコツ

ダイヤモンドジュエリーをネット通販で選ぶコツ

ダイヤモンドの購入を考えた時、皆さんはまずどのような購入方法を思い浮かべるでしょうか?百貨店やフ…

ダイヤモンドをネット通販で

ネット通販で数多くのダイヤモンドジュエリーに出会う

ダイヤモンドジュエリーを通販で購入する初めて私がジュエリーショップへダイヤモンドジュエリーを購入…

おすすめ記事

ネット通販で楽しいダイヤモンド選び

ネット通販で楽しいダイヤモンド選び

最近ではお店で直接購入するだけでなく、インターネット上の通販を利用して手軽に商品を購入できるサービス…

ゴールド

ジュエリーに欠かせないゴールドについて

ゴールドについてジュエリーに欠かせない貴金属のうちの一つ、ゴールド(金)はプラチナと並んで、絶大…

ダイヤモンドの評価

ダイヤモンドの4Cって一体なんだ??

ダイヤモンドの「4C」について古くは、国の権力者だけが手にすることができたダイヤモンド。それは富…

ダイヤモンドの天然インクルージョンとはどんなもの?

ダイヤモンドは、それぞれが内部に独特な特徴を持つ宝石です。天然のダイヤモンドにはひとつずつに違った個…

ダイヤモンドのエタニティリングを結婚指輪に選ぶ理由

毎日つける結婚指輪だから、ちょっぴり贅沢したい!おふたりが、愛を誓いあう結婚式で交換する結婚指輪。結…

ダイヤモンドジュエリーが魅力的な理由

ダイヤモンドは数ある宝石の中でもダントツの人気をほこる物です。結婚指輪などでももっとも使用されること…

鑑定書や鑑別書の基礎知識

鑑定書と鑑別書の基礎知識

鑑定書や鑑別書と耳にはするものの、違いがよく分からないし、必要なものなのかも分からなくてぼんやりして…

ダイヤモンドネックレスの魅力

首元のおしゃれに欠かせないネックレス

ダイヤモンドのネックレスについて首元のおしゃれに欠かせないのがネックレス。揺らめきながら輝くダイ…

婚約指輪(エンゲージリング)と結婚指輪(マリッジリング)の違いって?

エンゲージリングは多くの場合、女性は男性からプロポーズや婚約の際に渡される指輪のことです。しかしこの…

ダイヤモンドの結婚指輪を通販で買うのはもはや常識

インターネットがすっかり普及した現代社会では、どんなものでもオンラインショップの通販で簡単に手に入れ…

エンゲージリング

  1. エンゲージリングを普段使いに
  2. 婚約指輪を選ぶポイント
  3. 結婚指輪選び、6つのポイント

購入のためのヒント

  1. 自分の外的要素に合ったネックレスとは?
  2. ダイヤモンドの誕生秘話

ダイヤモンドの基礎知識

歴史から見るダイヤモンドのカット

歴史から見るダイヤモンドカット

美しく輝くダイヤモンドですが、この輝きを美しく見せているのはカットの正確な美しさと比例しています。…

ダイヤモンドの価値評価

ダイヤモンドの価値はどのように評価されるの?

宝石といえば?と聞くと必ず出てくるほど有名なダイヤモンド。身近な存在なようで実は知らないことが多…

ダイヤモンドピアスのセッティングには、どんな種類があるの?

耳元のアクセントに、さりげなく光るダイヤモンドピアスが欲しい!でも、いざ購入するとなると、色々と迷っ…

ダイヤモンド産業とデビアス社

ダイヤモンド産業とデビアス社

ダイヤモンドの流通には欠かせない「デビアス社」。テレビCMや雑誌の広告で、名前を目にしたことがあるの…

カラットの知識と逸話

ダイヤモンドのカラットについてダイヤモンドは輝きや透明度も美しいですが、その重量からも価値の判断…

良いインクルージョンと避けたほうがいいインクルージョン

良いインクルージョンと避けたほうがいいインクルージョン

クラリティ評価の下がる要因として言われるインクルージョンですが、目に見えてしまうインクルージョンがダ…

ダイヤモンドの採掘国はどこ?

ダイヤモンドはごく僅かの限られた場所でしか採掘されません。何故なら35億年から9億年前からある土地で…

ダイヤモンドの4C「クラリティ」とは

クラリティについてダイヤモンドには4Cという評価基準がありますが、カットやカラー、カラットなどに…

ダイヤモンドジュエリーの魅力

美しきダイヤモンドジュエリーの魅力

あなたと初めて出会った瞬間、つい笑顔になってしまった。あなたを見つめていると吸い込まれそうになっ…

ダイヤモンド取引所とはどんなところ?

ダイヤモンド取引所とはどんなところ?

ダイヤモンド取引所についてダイヤモンドはカットされた後、世界の16か所にある「ダイヤモンド取引所…

ダイヤモンドリングの選び方
  1. ダイヤモンドピアスを購入する前に
  2. 定番から最新のトレンドまで!ダイヤモンドリングのデザインとは?
  3. 知られざるダイヤモンドの歴史について

ダイヤモンドの4Cについて

  1. ダイヤモンドの透明度を決めるクラリティ
  2. ダイヤモンドの4Cとは
  3. カラーダイヤモンドを知りましょう
  4. 鑑定書・鑑別書
  5. ダイヤモンドの価値を決めるカラット
  6. ダイヤモンドの価値評価
  7. ダイヤモンドのクラリティ

ネット通販でダイヤモンドを選ぶ

ダイヤモンドジュエリーをネット通販で選ぶコツ

ダイヤモンドジュエリーをネット通販で選ぶコツ

ダイヤモンドの購入を考えた時、皆さんはまずどのような購入方法を思い浮かべるでしょうか?百貨店やフ…

ネット通販で楽しいダイヤモンド選び

ネット通販で楽しいダイヤモンド選び

最近ではお店で直接購入するだけでなく、インターネット上の通販を利用して手軽に商品を購入できるサービス…

PAGE TOP