ダイヤモンドの評価

ダイヤモンドの4Cって一体なんだ??

ダイヤモンドの評価

ダイヤモンドの「4C」について

古くは、国の権力者だけが手にすることができたダイヤモンド。それは富と名声の象徴でもありました。昔は、大きさや重さでしか比較するすべがなく、ダイヤモンドの美しさを評価する基準らしいものはありませんでした。国や文化が違っても、共通の基準を持ち取引ができるようにと、専門機関により厳密な規定を構築したのが、グレードの基準でした。

4Cとは

ダイヤモンドを評価する基準の「カラー」「クラリティ」「カット」「カラット」の頭文字の「C」、4つのCで「4C」としています。ダイヤモンドの個々の特徴を比較し、希少性、美しさ、研磨の質などを評価しています。読み方は「よんシー」または「フォーシー」、英語では「four Cs」です。4つの「C」のそれぞれについて、ご紹介します。

<カラー color>
ダイヤモンドは無色透明のイメージがありますが、実はいろいろな色があります。中でも大半を占めているのが、やや黄みを帯びた透明のダイヤモンドです。カラーの評価の等級は、ダイヤモンドの「D」から始まり、「Z」までの23段階に等級付けされています。無色透明がDカラー、黄みを帯びるほどZに近づきます。

  • DEFカラー…完全に無色透明
  • GHIJカラー…無色
  • KLMカラー…わずかに黄色
  • N~Zカラー…薄い黄色~黄色

<クラリティ clarity>
「クラリティ」は透明度を示すものです。これを評価することでダイヤモンドの希少性を表すものでもあります。インクルージョン(内包物)やブレミッシュ(表面上の特徴)、傷の有無、位置、大きさ、目立ちやすさや性質でグレード分けします。最も価値が高いのは、内包物が確認できなくて無傷のものですが、天然のものなのでなかなかお目にかかることができません。クラリティは次の11段階に等級付けされます。

  • FL(flawless)フローレス
  • IF(internally flawless)インターナリーフローレス
  • VVS1(very very slightly included1)ベリー・ベリー・スライトリー・インクルーデッド1(ブイブイエスワンと呼びます)
  • VVS2(very very slightly included2)ベリー・ベリー・スライトリー・インクルーデッド2(ブイブイエスツー)
  • VS1 (very slightly included1)ベリー・スライトリー・インクルーテッド1(ブイエスワン)
  • VS2(very slightly included2)ベリー・スライトリー・インクルーテッド2(ブイエスツー)
  • SI1 (slightly included1)スライトリー・インクルーテッド1(エスアイワン)
  • SI2(slightly included2)スライトリー・インクルーテッド2(エスアイツー)
  • I1(Imperfect 1)インパーフェクト1(アイワン)
  • I2(Imperfect 2)インパーフェクト2(アイツー)
  • I3(Imperfect 3)インパーフェクト3(アイスリー)

このように階級分けされます。こうしてみるとインクルージョンがあることが良くないことのように思えてしまうかもしれませんが、必ずしもそうではありません。どのような環境で石が形成された手掛かりにもなり、ダイヤモンドが天然のものである証拠です。

<カット cut>
天然のダイヤモンドを等級付けするのに「カット」だけが人の手によって施されたものを評価しています。カットは研磨の仕上がり具合を評価するからです。原石を生かすも殺すもカットする人の手にかかっています。カット次第で美しく輝かせることもできますし、内包物を目立たなくすることもできます。「カッター」という専門職の人が、石のカットをします。カットの等級は次の5段階です。

  •  excellent エクセレント…最上級。光学的に理想。
  • bery good ベリーグッド…とても良い。理想的。
  • good グッド…良好。
  • fairフェアー…やや劣る。
  • poor プアー…劣る。

ダイヤモンドの美しさは「ファセット」と呼ばれる研磨面の大きさや角度などの絶妙なバランスが影響してきます。以下の3つがカットの良し悪しを左右する重要なポイントにもなります。

  • ブリリアンシー…白色光の輝き。ダイヤモンドに入った光が、幾重もの内部反射を経て中心に集まった光。目に見えるまばゆい光の輝きのことをいいます。
  • ディスパージョン…虹色の輝き。ダイヤモンドの中に入った光が、光のスペクトルに分解され虹色に輝いて見えるものをいいます。
  • シンチレーション…光のきらめき。ダイヤモンドのカットの表面で反射する光。見る人の位置によって、閃光のようにキラッと光って見えます。

<カラット carat>
カラットとは石の重さの単位で、1カラットは0.2g(200mg)です。1カラットは「1ct」と表記します。1907年のメートル条約の会議で「1カラット=200mg」と定められました。宝石の取引では、厳しい基準をクリアした計量器で計量されたカラット単位を示すことしか認められていません。カラットとは英語で、カロブ(Carob)という「イナゴ豆」が語源だと言われています。乾燥したカロブは、すべてほぼ同じ重さで、一粒は0.2gです。昔はイナゴ豆を使って、宝石の重さを量っていたようです。現在のところ、一番大きなダイヤモンドは555.55ctもある黒いダイヤモンドです。大きなダイヤモンドほど少なくなるので、重くなれば重くなるにつれ、価格は高くなります。金(ゴールド)の純度の単位も「カラット」ですが、こちらは「karat」です。18金なら「K18」と表記します。

4Cはどのように生まれたのでしょうか?

1940年以前は、ダイヤモンドの品質を定義する用語や基準がありませんでした。4Cが定められる前は、どのように価値をはかっていたのでしょうか。「4Cの誕生」にまつわるエピソードをご紹介します。
1500年代、宝石商はダイヤモンドの価値の要素に、一貫性のない様々な用語を使って取り引きをしていました。クラリティの説明は「欠陥あり・欠陥なし」、カラーについては「色味」「色合い」、カットを説明するには「上出来」「難あり」などといった言葉が使われていました。重量を表す単位「カラット」だけが一貫して使われていた用語です。そのため、宝石商が顧客にダイヤモンドの説明をして、顧客がそれを理解するのは簡単なことではありませんでした。
1900年代になり、宝石商であったRobert M. Shipleyは、アメリカの宝石業界を専門化する業務に取り組み始めました。正しい宝石学を学び、研究できる場を提供するために、1931年にカリフォルニアにGIA(Gemological Institute of America)を設立し、またGIAの卒業生で構成される職業人の専門家組合、American Gem Societyを設立しました。GIAは日本では「米国宝石学会」と呼んでいます。Shipleyは、カラー、クラリティ、カット、カラットの4つのCを「4C」と名付けました。この名称は、学生や宝石商が宝石学を学ぶのに、とても役立ち、業界の専門用語となりました。

4Cが広まるまで

4Cを編み出したShipleyが、いつから「4C」という用語を使っていたか、明確な記録は残っていませんが、戦時中の1940年頃の新聞に、すでにこの用語が記載されていました。カールスバッドにあるRichard T. Liddicoat宝石情報図書館のアーカイブに残っているGIAの教材に「4C」の用語が登場しています。その教材の発行は1949年でした。GIAは、ダイヤモンドの関心を高める目的で広告を作るため、デビアスと提携し始めました。1941年、宝石商は早くも「4C」という用語を使用するようになりました。その後、ShipleyはN. W. Ayer & Son(デビアスを宣伝していた広告会社)の講師、Gladys Babson-Hannafordを全国の宝石商に派遣し、顧客に4Cを説明する際の、説明の仕方を指導しました。Gladys Babson-Hannafordの「4C指導の旅」は、1947年に始まりました。デビアスは4Cを広めるための広告キャンペーンを支援し、全国の雑誌広告に「4C」という用語を採用した1962年に、ようやく一般的になりました。
現在では世界中のどこでも、「ダイヤモンドの価値は4Cで決まる」と言われる普遍的なものとなっています。GIAが開発したグレーディング基準や慣行と並んで、「4C」が、ダイヤモンドの品質が世界共通の表現となり、人々が正確な知識を得ることができています。

関連記事

  1. 世界で最も大きなダイヤモンドの産地

  2. 結婚指輪選び、6つのポイント

    いざ結婚指輪選び!6つのポイント

  3. ダイヤモンドの評価と価格の関係

  4. ダイヤモンドのクラリティ

    ダイヤモンドのクラリティってなんだ??

  5. 誕生石をプレゼントする

    魅力的な石言葉!誕生石をプレンゼントしてみる

  6. ダイヤモンドの4C「クラリティ」とは

  7. ピアスの歴史と選び方のポイント

    ピアスの歴史と選び方のポイント

  8. ダイヤモンドのインクルージョンとは

    ダイヤモンドのインクルージョンとは???

ネット通販で購入

ネット通販で購入する前に

ネット通販で購入する前に!ダイヤモンドの基本

数ある宝石の中で一番女性を虜にし、プレゼントして心から喜ばれる宝石と言えば、ダイヤモンドです。また、…

ダイヤモンドを通販で購入する場合知っておきたいこと

ダイヤモンドを通販で購入する場合に知っておきたいこと

最近ではお店で直接購入するだけでなく、インターネット上の通販を利用して手軽に商品を購入できるサービス…

婚約指輪をネット通販で

ネット通販で婚約指輪を一緒に選びましょう

一粒の輝くダイヤモンドの入った小さな箱をパカッとした開いた瞬間、女性は思わず口に手を当てる風景を皆様…

ダイヤモンドをネット通販で

ネット通販で数多くのダイヤモンドジュエリーに出会う

ダイヤモンドジュエリーを通販で購入する初めて私がジュエリーショップへダイヤモンドジュエリーを購入…

ダイヤモンドを通販で購入するってどうなの

ダイヤモンドを通販で購入してみる

ダイヤモンドを通販で購入してみませんか?数ある宝石の中でも格別な美しい輝きを放ち、王者の風格が漂…

ダイヤモンドの結婚指輪を通販で買うのはもはや常識

インターネットがすっかり普及した現代社会では、どんなものでもオンラインショップの通販で簡単に手に入れ…

ダイヤモンドジュエリーをネット通販で選ぶコツ

ダイヤモンドジュエリーをネット通販で選ぶコツ

ダイヤモンドの購入を考えた時、皆さんはまずどのような購入方法を思い浮かべるでしょうか?百貨店やフ…

ネット通販で楽しいダイヤモンド選び

ネット通販で楽しいダイヤモンド選び

最近ではお店で直接購入するだけでなく、インターネット上の通販を利用して手軽に商品を購入できるサービス…

通販でダイヤモンドを購入する秘訣

ネット通販でダイヤモンドを購入する秘訣

通販でダイヤモンドを購入する秘訣とは?婚約・結婚指輪に。プレゼントや大切な記念日に。頑張った自分…

おすすめ記事

婚約指輪(エンゲージリング)と結婚指輪(マリッジリング)の違いって?

エンゲージリングは多くの場合、女性は男性からプロポーズや婚約の際に渡される指輪のことです。しかしこの…

ダイヤモンドピアスを選ぶ5つのルール

ダイヤモンドピアスを選ぶための5つのルール

ダイヤモンドのピアスを買う際、どの様なことに気を付ければ良いのでしょうか。人の目に付きやすいお顔の横…

ダイヤモンドの価値を決めるカラット

ダイヤモンドの価値を決めるカラット

ダイヤモンドといえばカラットと言われてもいい程4Cの中でも有名なカラット。ですが、カラットの事を…

ダイヤモンドを普段使いに

思い切ってダイヤモンドリングを普段使いに

ピンキーリングとの出会いピンキーリングとの出会いは幸せになりたいと思う気持ちで購入をしました。…

自分の外的要素に合ったネックレスとは?

自分の外的要素に合ったネックレスとは?

首元でキラリと輝くダイヤモンドネックレス。ちょっとしたお洒落のアクセントや、パーティでのきらめく主役…

ダイヤモンド産業とデビアス社

ダイヤモンド産業とデビアス社

ダイヤモンドの流通には欠かせない「デビアス社」。テレビCMや雑誌の広告で、名前を目にしたことがあるの…

アントワープは世界最高のダイヤモンド取引所

採掘されたダイヤモンドの原石は、カットと研磨を施され美しい宝石となった後、世界中にあるダイヤモンド取…

海外セレブのダイヤモンド婚約指輪ストーリー

海外セレブのダイヤモンド婚約指輪ストーリー

ハリウッドスターを始めとする、海外セレブの婚約指輪は大きさや品質も超一流です。エメラルドカットのダイ…

長年愛されるシルバー

SVやAGと表記される、白い輝きが魅力の銀は昔から宝飾品に使われ愛されてきました。産出量も比較的多い…

ダイヤモンドの評価

ダイヤモンドは婚約指輪などにも使用される貴重な宝石です。一生に一度の買い物になるということもありなる…

エンゲージリング

  1. 初めての婚約指輪選び

購入のためのヒント

  1. ダイヤモンドピアスを選ぶ5つのルール
  2. 結婚指輪選び、6つのポイント
  3. ダイヤモンドの価格はどのように決まるの?

ダイヤモンドの基礎知識

良いインクルージョンと避けたほうがいいインクルージョン

良いインクルージョンと避けたほうがいいインクルージョン

クラリティ評価の下がる要因として言われるインクルージョンですが、目に見えてしまうインクルージョンがダ…

ダイヤモンドに関するお仕事

ジュエリーに関するお仕事あれこれ

ジュエリーショップに並ぶたくさんのジュエリーは、たくさんの人の手を介して商品となり、店頭に並んでいま…

カラットの知識と逸話

ダイヤモンドのカラットについてダイヤモンドは輝きや透明度も美しいですが、その重量からも価値の判断…

ダイヤモンドを高く下取りしてもらうコツ

新しく購入するジュエリーの資金にとダイヤモンドを下取りにする際、どのようなダイヤモンドが高く買い取っ…

男性のためのダイヤモンドジュエリー

男性のためのダイヤモンドジュエリー

ダイヤモンドジュエリーは女性のためのもの?いいえ、そんなことはありません。「ダイヤモンドは男性の石だ…

ダイヤモンドの透明度を決めるクラリティ

ダイヤモンドの透明度を決めるクラリティ

ダイヤモンドのクラリティ(透明度)とはインクルージョン(内包物)がない透明度の程度を表します。…

そもそもダイヤモンドとは?知らなかった生成過程について!

ジュエリーやマリッジリングとして使用されるダイヤモンドですが、宝石そのものの生成の過程や歴史、神話、…

鑑定書や鑑別書の基礎知識

鑑定書と鑑別書の基礎知識

鑑定書や鑑別書と耳にはするものの、違いがよく分からないし、必要なものなのかも分からなくてぼんやりして…

ダイヤモンドの鑑定書や鑑別書は必要?

鑑定書や鑑別書は必要か?宝石の本当の価値というのはプロでなければ見極めることは難しいものです。そ…

ダイヤモンド業界の頂点に君臨するデ・ビアス社

エンゲージリングにも選ばれ人気の高い宝石の王様といっても過言ではないダイヤモンド。ダイヤモンドはなぜ…

  1. 誕生石
  2. 知られざるダイヤモンドの歴史について
  3. 定番から最新のトレンドまで!ダイヤモンドリングのデザインとは?
  4. ダイヤモンドの誕生秘話

ダイヤモンドの4Cについて

  1. ダイヤモンドのインクルージョンとは
  2. ダイヤモンドの評価
  3. ダイヤモンドの価値を決めるカラット
  4. ダイヤモンドの透明度を決めるクラリティ
  5. ダイヤモンドのカット

ネット通販でダイヤモンドを選ぶ

ダイヤモンドの結婚指輪を通販で買うのはもはや常識

インターネットがすっかり普及した現代社会では、どんなものでもオンラインショップの通販で簡単に手に入れ…

ダイヤモンドを通販で購入する場合知っておきたいこと

ダイヤモンドを通販で購入する場合に知っておきたいこと

最近ではお店で直接購入するだけでなく、インターネット上の通販を利用して手軽に商品を購入できるサービス…

PAGE TOP