ダイヤモンドの評価

ダイヤモンドの4C~価値を知るための基準~

ダイヤモンドの4Cについて

ダイヤモンドはどれも美しく輝いて見えます。しかしそれゆえにプロでなければなかなか石の本当の善し悪しというものは分かりにくいのではないでしょうか。高額な宝石でもありますから値段と価値がきちんと見合った物を購入したいものです。そこで今回はダイヤモンドの評価基準である4Cというものについてまとめました。

4Cの基準とその歴史

4Cはダイヤモンドの質や価値を判断する際に用いられる基準で、重さ(カラット)、プロポーション(カット)、色(カラー)、透明度(クラリティ)の4つになります。これらの頭文字を取って4Cと言うのです。ダイヤモンドは専門家でなければなかなかその価値を判断できない物ですから、この4Cがあることダイヤモンドに詳しくない購買者もその価値を知りやすくなります。

ダイヤモンドのこの4Cの定められた経緯はというと、1939年にまでさかのぼれます。4Cは当時、世界屈指のダイヤモンドの原石会社であるデビアス社によって考案されたものです。デビアス社の2代目の代表はダイヤモンドのGIAグレーディングシステムというものを考え出したのですがこれが基準となっています。また、実は当初は4Cではなく3Cという基準になっていました。この中にはカットが含まれていなかったのですが、これは唯一人の手によって行われるカットを判断するのが難しかったという理由のようです。

ちなみに4Cになったことには日本が大きく関わっており、カラット(重さ)を好む海外の人に比べて日本人はカットや職人技を評価する傾向があったため、4Cとしたということです。

GIAと鑑定書

GIAは米国宝石学会のことで4Cのランクを国際的基準として定めています。ダイヤモンドの鑑定書についてはこの4Cを基準としたものに基づき、各鑑定機関が発行します。鑑定書には4C以外にダイヤモンドの写真、サイズ、プロポーション、蛍光性などが書かれています。ちなみに鑑定書という物は一部を除きダイヤモンドのみに発行されるものであり、色石などにはこれとは別に鑑別書というものがつきます。鑑別書は鑑定書と違い、宝石の種類や起源などを明記した物で品質が評価されたものではありません。GIAなどのきちんとした鑑定機関の鑑定書があることはダイヤモンドを買う際の安心感にも繋がります。

ダイヤモンドの4Cのカラット(重さ)

ダイヤモンドのカラットの語源は古くBC500~600年頃のインドにあるのではとされています。当時、その地域に住むドラヴィダ人という民族の人達は、カロブという豆を用いてダイヤモンドの重さを見ていたそうです。カラットの語源はこのカロブという言葉から来ているようです。カロブ豆の重さは一粒0、2gです。現在のカラットもその価値は大きさではなく重さで変わります。1カラット(ct)は0、200であり、1gあれば5カラットとなります。通常原石は1カラット未満の物が多いので大粒の物であれば希少価値は非常に高くなります。

ダイヤモンドの4Cのカット(プロポーション)

ダイヤモンドのカットは自然から生まれ出るものではなく、熟練の職人の技によって行われるものです。ダイヤのカットはその研磨を施す人の技によって価値が変わってくると言えるでしょう。GIAはカットのランクを上から、EXCELLENT(最上級)、VERYGood(理想的)、good(良好)、Fair(やや劣る)、poor(劣る)という風にしています。またカット、対象性、研磨の状態が全てEXCELLENT(最上級)を受けたダイヤモンドを3EX(トリプルエクセレント)評価の石としています。

H&C(ハート&キューピッド)について

これは4Cではありませんが、カットの良さで表われるものです。これは優れたカットダイヤだけに見られる現象で、光の陰影により下から見るとハートの模様、上から見るとキューピッドの矢のような模様が見えるというものです。このハート&キューピッドのダイヤモンドは輝きを強く発する美しいダイヤモンドなのです。

ダイヤモンドの4Cのカラー(色)

ダイヤモンドは無色透明な色の物が基本的には美しく、価値が高いとされています。一般的には黄色の強いダイヤモンドは無色の物に比べて価値が低いとされています。しかしながらダイヤモンドには色のついたファンシーカラーのダイヤモンド(天然の物)が発見されることもあり、色が非常に濃い物である場合、黄色のダイヤでも非常に希少価値が高くなります。また、黄色や茶色っぽいダイヤは無色の物より価値は低いとされていても茶色のダイヤをシャンパンカラーと呼び愛好する人達もいます。ファンシーカラーダイヤには黄色の他にも青、ピンク、赤、緑など様々な色があります。青いダイヤで世界的に有名なのは数々の貴族や富裕者の間を当たり歩いたホープダイヤモンドでしょう。この青いダイヤは持ち主が次々と不幸な目に会うという伝説があり呪いのダイヤモンドなどと呼ばれました。逸話が本当かどうかはどうあれ宝石の美しさが時に魔力的であるということを物語っているのでしょう。

さらにピンクのダイヤモンドなどはその色が愛や可愛らしさを想像させるためか、エンゲージリングとしても人気です。ファンシーカラーのダイヤモンドについても鑑定書があり、その価値は色の深さや鮮やかさによって評価されます。しかしながらカラーのダイヤには人工着色や人為的に色を変えた石もあるので注意しなくてはいけません。

ダイヤモンドの4Cのクラリティ(透明度)

ダイヤモンドのクラリティ(透明度)は石の傷や欠け、内包物の有無、大きさ、場所、性質などを見て価値の評価が変わります。ダイヤモンドの中に内包物が多いと透明度が曇ってしまうので無色ダイヤは価値が下がってしまうのです。GIAが定めたクラリティの評価ランクは上から次のようになります。
FL(10倍の拡大でも無傷)、IF(10倍の拡大で微少な欠点)、VVS(10倍の拡大で発見困難な欠点)、VS(10倍の拡大で発見が多少困難な欠点)、Sl(10倍の拡大で発見が容易、肉眼では困難)、I(肉眼で容易に発見できる)となります。透明性は無色ダイヤの美しさを大きく左右する一つなので重要な部分です。

4C以外の基準(蛍光性)について

蛍光性は4Cではありませんが、ダイヤモンドが天然の物であるか知る上で重要な物となります。天然のダイヤモンドは紫外線を当てると発光する性質があるので天然か人工のダイヤなのか見分ける指針となるのです。この蛍光性にもその強さが鑑定書の中にランクとして書かれていますが、これはダイヤの品質を表すものではありません。しかしながら蛍光性の強いダイヤは人工灯の下などで白っぽくなるという業者もいて販売する側にはあまり歓迎されないという一面もあるようです。

まとめ

いかがでしたか?4Cはダイヤモンドの価値を専門家でない人達が見る上でその価値を知るための基準となってくれるものでしたね。きちんとした鑑定機関の鑑定書があるのはエンゲージリングなど重要な買い物をする上で非常に安心感を与えてくれる物です。しかしながらそれ以外にもダイヤの価値は個人の主観で選ぶべきものでもあるということも考えておいた方が良いでしょう。4Cと同様に大切なのは自分が気に入ったと思えるダイヤを見つけることなのです。

関連記事

  1. ダイヤモンドジュエリーが魅力的な理由

  2. 定番から最新のトレンドまで!ダイヤモンドリングのデザインとは?

    定番から最新のトレンドまで!ダイヤモンドリングのデザインとは?

  3. ダイヤモンドピアスを選ぶ5つのルール

    ダイヤモンドピアスを選ぶための5つのルール

  4. 世界で最も有名なダイヤモンド婚約指輪

  5. ダイヤモンド取引所とはどんなところ?

    ダイヤモンド取引所とはどんなところ?

  6. 世界に一つのダイヤモンドジュエリー

  7. ダイヤモンドの評価

    ダイヤモンドの4Cって一体なんだ??

  8. 誕生石をプレゼントする

    魅力的な石言葉!誕生石をプレンゼントしてみる

ネット通販で購入

通販でダイヤモンドを購入する秘訣

ネット通販でダイヤモンドを購入する秘訣

通販でダイヤモンドを購入する秘訣とは?婚約・結婚指輪に。プレゼントや大切な記念日に。頑張った自分…

ダイヤモンドを通販で購入する場合知っておきたいこと

ダイヤモンドを通販で購入する場合に知っておきたいこと

最近ではお店で直接購入するだけでなく、インターネット上の通販を利用して手軽に商品を購入できるサービス…

ダイヤモンドを通販で購入するってどうなの

ダイヤモンドを通販で購入してみる

ダイヤモンドを通販で購入してみませんか?数ある宝石の中でも格別な美しい輝きを放ち、王者の風格が漂…

ダイヤモンドジュエリーをネット通販で選ぶコツ

ダイヤモンドジュエリーをネット通販で選ぶコツ

ダイヤモンドの購入を考えた時、皆さんはまずどのような購入方法を思い浮かべるでしょうか?百貨店やフ…

ネット通販で購入する前に

ネット通販で購入する前に!ダイヤモンドの基本

数ある宝石の中で一番女性を虜にし、プレゼントして心から喜ばれる宝石と言えば、ダイヤモンドです。また、…

ネット通販で楽しいダイヤモンド選び

ネット通販で楽しいダイヤモンド選び

最近ではお店で直接購入するだけでなく、インターネット上の通販を利用して手軽に商品を購入できるサービス…

ダイヤモンドをネット通販で

ネット通販で数多くのダイヤモンドジュエリーに出会う

ダイヤモンドジュエリーを通販で購入する初めて私がジュエリーショップへダイヤモンドジュエリーを購入…

ダイヤモンドの結婚指輪を通販で買うのはもはや常識

インターネットがすっかり普及した現代社会では、どんなものでもオンラインショップの通販で簡単に手に入れ…

婚約指輪をネット通販で

ネット通販で婚約指輪を一緒に選びましょう

一粒の輝くダイヤモンドの入った小さな箱をパカッとした開いた瞬間、女性は思わず口に手を当てる風景を皆様…

おすすめ記事

誕生石をプレゼントする

魅力的な石言葉!誕生石をプレンゼントしてみる

ダイヤモンドの次に惹かれる石はサファイアです。サファイアは、私の誕生石なのでとても惹かれます。サ…

ダイヤモンドの結婚指輪を選ぼう

いざ結婚指輪を選ぶ!

結婚指輪の種類と選び方は?結婚が決まったら、結婚式のこと、新生活のことなど決めることが山ほどたく…

ダイヤモンドリングの種類と選び方

結婚指輪や婚約指輪に使用される宝石と言えばやはりダイヤモンドです。また、日常シーンで身に付けられるこ…

ネット通販で購入する前に

ネット通販で購入する前に!ダイヤモンドの基本

数ある宝石の中で一番女性を虜にし、プレゼントして心から喜ばれる宝石と言えば、ダイヤモンドです。また、…

ダイヤモンドピアス

耳元のおしゃれ ~ダイヤモンドピアス

耳元のおしゃれにダイヤモンドを耳元に着けるジュエリーは、顔全体を美しく華やかに演出してくれます。…

1からのダイヤモンドネックレス選び

1からのダイヤモンドネックレス選び

ダイヤモンドネックレスが欲しいなと思った時に、何からどう選べばいいかよくわからない方も多いのではない…

ダイヤモンドジュエリーの魅力

ダイヤモンドジュエリーの魅力は永遠ですよね

婚約や結婚など人生の節目に選ばれるダイヤモンドジュエリー。身近に思えるダイヤモンドジュエリーです…

誕生石

誕生石とその意味のお話

各月に定められた石があり、自分の生まれた月の石を誕生石と言います。元々は18世紀にポーランドの宝…

誕生石に込められた言葉と意味

誕生石とは、生まれた月別に選定された宝石のことを言います。12個それぞれの石が幸運を呼び寄せ、お守り…

男性も楽しめるダイヤモンド

美しい輝きを放つ、誰もが魅了される宝石、ダイヤモンド。ダイヤモンドというと女性向けというイメージが強…

エンゲージリング

  1. 結婚指輪を選ぶ
  2. 初めての婚約指輪選び

購入のためのヒント

  1. 定番から最新のトレンドまで!ダイヤモンドリングのデザインとは?
  2. ダイヤモンドネックレスを着ける
  3. ダイヤモンドをネット通販で

ダイヤモンドの基礎知識

カラーダイヤモンドを知りましょう

カラーダイヤモンドを知りましょう!

ダイヤモンドと一口に言っても実は様々なカラーが存在します。今回は鑑定書で使われる基準のカラーとともに…

ダイヤモンドの用途について

ダイヤモンドと聞くと、美しい光を放つ宝飾品を思い浮かべるのではないでしょうか?宝石として使われるダイ…

ダイヤモンドのリユースについて

ダイヤモンドのリユースについて

「リユース」という言葉を聞いたことがあるかと思いますが、ダイヤモンドがリユースできることをご存知です…

ダイヤモンド業界の頂点に君臨するデ・ビアス社

エンゲージリングにも選ばれ人気の高い宝石の王様といっても過言ではないダイヤモンド。ダイヤモンドはなぜ…

歴史から見るダイヤモンドのカット

歴史から見るダイヤモンドカット

美しく輝くダイヤモンドですが、この輝きを美しく見せているのはカットの正確な美しさと比例しています。…

カラーダイヤの評価~ファンシーダイヤモンドについて~

ダイヤモンドカラーについてダイヤモンドは無色透明な物から色のあるカラーダイヤまで様々な物がありま…

ダイヤモンドに関するお仕事

ジュエリーに関するお仕事あれこれ

ジュエリーショップに並ぶたくさんのジュエリーは、たくさんの人の手を介して商品となり、店頭に並んでいま…

ダイヤモンドの4Cとは

ダイヤモンドの4Cを分かりやすく説明します

輝くダイヤモンドは、いつみてもうっとりしてしまいますね。同じダイヤモンドなのに一つ一つ違う事…

天然ダイヤモンドと合成・模造ダイヤモンド

天然ダイヤモンドと合成・模造ダイヤモンド

永遠の輝きを持つ世界で一番愛される宝石の王様「ダイヤモンド」。ジュエリーに使われるダイヤモンドのほと…

男性のためのダイヤモンドジュエリー

男性のためのダイヤモンドジュエリー

ダイヤモンドジュエリーは女性のためのもの?いいえ、そんなことはありません。「ダイヤモンドは男性の石だ…

良いインクルージョンと避けたほうがいいインクルージョン
  1. ダイヤモンドネックレスを着ける
  2. プラチナダイヤモンド
  3. カラーダイヤモンドの魅力を探る
  4. 天然ダイヤモンドと合成・模造ダイヤモンド
  5. 歴史から見るダイヤモンドのカット

ダイヤモンドの4Cについて

  1. ダイヤモンドの価値を決めるカラット
  2. ダイヤモンドの評価
  3. ダイヤモンドの透明度を決めるクラリティ
  4. ダイヤモンドの4C

ネット通販でダイヤモンドを選ぶ

ダイヤモンドを通販で購入するってどうなの

ダイヤモンドを通販で購入してみる

ダイヤモンドを通販で購入してみませんか?数ある宝石の中でも格別な美しい輝きを放ち、王者の風格が漂…

ダイヤモンドを通販で購入する場合知っておきたいこと

ダイヤモンドを通販で購入する場合に知っておきたいこと

最近ではお店で直接購入するだけでなく、インターネット上の通販を利用して手軽に商品を購入できるサービス…

PAGE TOP