ダイヤモンドの評価

ダイヤモンドのクラリティってなんだ??

ダイヤモンドのクラリティ

ダイヤモンドのクラリティについて

一見して同じように見えるダイヤモンドですが、この世に二つと同じ石は存在しません。天然のダイヤモンドは、インクルージョン(内包物)やブレミッシュ(外面のキズ)のまったくないものは、ほとんど存在しません。「フローレス」と呼ばれる極めて希少価値の高い、インクルージョンやブレミッシュの一切ないダイヤモンドを除いては、大抵のものにインクルージョンがあります。ダイヤモンドの評価を決める「4C」カラー、カット、クラリティ、カラットのうちのひとつ、「クラリティ」についてご紹介していきます。

 クラリティとは?

「クラリティ」とは「透明度」のことをいいます。ダイヤモンドは地中深く、高熱と圧力で形成されます。そのため、ダイヤモンドには多くの内包物(インクルージョン)が含まれ、表面にはさまざまなキズ(ブレミッシュ)があります。ダイヤモンドにどれだけの、インクルージョンやブレミッシュが含まれるかを評価するのが「クラリティ」です。

インクルージョンとは?

インクルージョン(内包物)は内面的なもので、ほかの鉱物の結晶やフェザー(割れ)、ダイヤモンドが地中で形成される際の結晶構造内のゆがみの跡などのことを言います。

ブレミッシュとは?

ブレミッシュとは、ダイヤモンドの表面の欠けや擦り傷のことを指します。ブレミッシュは外面上のもので、ダイヤモンドを加工するときに残されたスクラッチや、小さなニックやチップ、または原石結晶の表面の一部のことを言います。

クラリティのグレードの決め方は?

クラリティは、インクルージョンやブレミッシュの位置や数によって等級付けがされます。インクルージョンやブレミッシュの数の少ないものほど、高い価値があります。クラリティ特徴がグレードに影響する点は、サイズ、数、位置、性質、色の5つです。クラリティは次のように、11段階に等級付けされます

  • FL(flawless)
  • IF(internally flawless)
  • VVS1(very very slightly included1)
  • VVS2(very very slightly included2)
  • VS1(very slightly included1)
  • VS2(very slightly included2)
  • SI1(slightly included1)
  • SI2(slightly included2)
  • I1(included 1)
  • I2(included 2)
  • I3(included 3)

それぞれの等級について、高いものからご紹介していきます。

<FL(flawless)フローレス>
外部、内部ともに無欠点のダイヤモンドを指します。熟練のグレーダー(鑑定士)が10倍のルーペで検査しても、内部、外部にインクルージョンやブレミッシュを確認することのできない、最高評価のクラリティです。ダイヤモンド業者でも目にすることが稀な、一般にはほとんど流通しないとされる極めて希少価値の高いダイヤモンドです。

<IF(internally flawless)インターナリーフローレス>
内部無欠点のダイヤモンドを指します。熟練のグレーダーが10倍のルーペで検査しても、インクルージョンを確認することができません。外部に非常に微細なブレミッシュが確認できます。市場に流通するダイヤモンドの中では、最高品質です。

<VVS1(very very slightly included1)>
ベリー・ベリー・スライトリー・インクルーデッド1(ブイブイエスワンと呼びます)
ごくごくわずかなインクルージョンを含みます。熟練のグレーダーが、10倍に拡大してインクルージョンを確認しても、見つけることは極めて困難で、肉眼では見えることはありません。市場に流通するダイヤモンドの中でも非常に優れたグレードのダイヤモンドです。

<VVS2(very very slightly included2)>
ベリー・ベリー・スライトリー・インクルーデッド2(ブイブイエスツー)
ごくごくわずかなインクルージョンがあるという評価の中で、次点に位置付けます。熟練のグレーダーが10倍に拡大しても、インクルージョンを見つけることは困難で、肉眼では見えることはありません。市場に流通するダイヤモンドの中でも非常に優れたグレードのダイヤモンドです。

<VS1 (very slightly included1)>
ベリー・スライトリー・インクルーテッド1(ブイエスワン)
ごくわずかなインクルージョンが確認されます。熟練のグレーダーが10倍に拡大しても、インクルージョンを見つけることが難しく、肉眼では見えません。市場に流通するダイヤモンドの中でも優れたグレードのダイヤモンドです。

<VS2(very slightly included2)>
ベリー・スライトリー・インクルーテッド2(ブイエスツー)
ごくわずかな内包物が確認される評価の中で、次点に位置付けます。熟練のグレーダーが10倍に拡大しても、インクルージョンを見つけることが難しく、肉眼では見えません。市場に流通するダイヤモンドの中でも優れたグレードのダイヤモンドです。

<SI1 (slightly included1)>
スライトリー・インクルーテッド1(エスアイワン)
わずかなインクルージョンがあると評価されます。熟練のグレーダーが10倍に拡大して、インクルージョンを容易に確認できるレベルですが、肉眼では見ることができません。一般の人が10倍のルーペで見ても、インクルージョンを見つけることはできません。

<SI2(slightly included2)>
スライトリー・インクルーテッド2(エスアイツー)
わずかなインクルージョンがあると評価される中で、次点のレベルです。10倍に拡大するとインクルージョンを容易に確認することができます。0.5カラット以下のものは、インクルージョンを見つけることはできませんが、それ以上になると肉眼でも稀に見ることができるものもあります。

<I1(included 1)インクルーテッド1(アイワン)>
<I2(included 2)インクルーテッド2(アイツー)>
<I3(included 3)インクルーテッド3(アイスリー)>
インクルージョンやブレミッシュなどは、肉眼でも容易に確認することができます。そのため、透明度や輝きに影響することがあります。肉眼でキズが見える品質なので、鑑定書がつかない場合もあります。結婚指輪などに使われることはなく、安価なファッションリングなどに使用されることが多いクラスです。

クラリティにおける「I」について

SI1、I1などの「I」は、かつてはImperfect (インパーフェクト)と呼ばれていましたが、近年ではincluded(インクルーテッド)に置き換えられています。ダイヤモンド専門家はかつての慣行から「Imperfect」と呼ぶ場合もありますが、同じことです。まったく別のアルファベットを使うロシアなどの国でも、略語は同じように表記します。

クラリティ特徴を減らすようカットします

カッター(ダイヤモンドをカットする専門家)はダイヤモンドをカットする際に、なるべくクラリティの特徴を減らすようカットしています。残ったインクルージョンなどは、反射で見えにくい場所に置こうとします。カッティングよって新たな特徴が生まれる場合もあります。

ダイヤモンドを選ぶ際に、クラリティは?

ダイヤモンドのインクルージョンやブレミッシュは、言うなればダイヤモンドの指紋のようなもので、個性でもあるのです。たとえインクルージョンがあったとしても、輝きに影響を与えない程度のものであれば、ダイヤモンドの本来の美しさを損なうものではありません。ダイヤモンドの輝きを損なわないクラリティのものを選ぶなら、VS2クラス以上のものがおすすめです。VS2以上であれば、肉眼でインクルージョンを確認することはできませんし、ダイヤモンドの輝きに影響するものではありません。
各クラスのインクルージョンの見え方の差は微々たるものですが、価格には影響してきます。価値を決定するほかのすべての要因が同じ場合、クラリティのグレードが高くなると、カラット当たりのダイヤモンドの価格も高くなります。ダイヤモンドの品質のどこにこだわるかは人それぞれですが、見た目に大して変わらないクラリティのクラスは低めにして、カラーやカットをグレードの高いものにする、というのもひとつの方法です。

関連記事

  1. ダイヤモンドの誕生秘話

    ダイヤモンドの誕生秘話

  2. ダイヤモンドの結婚指輪を選ぼう

    いざ結婚指輪を選ぶ!

  3. 誕生石をプレゼントする

    魅力的な石言葉!誕生石をプレンゼントしてみる

  4. 世界で最も大きなダイヤモンドの産地

  5. ダイヤモンドリングを買うポイント教えます

    ダイヤモンドのリングを買う!4つのポイント教えます

  6. ダイヤモンドの評価

    ダイヤモンドの4Cって一体なんだ??

  7. エリザベス・テイラーが愛したダイヤモンドジュエリーたち

  8. シルバージュエリーについて

    シルバーとシルバージュエリーについて

ネット通販で購入

ネット通販で購入する前に

ネット通販で購入する前に!ダイヤモンドの基本

数ある宝石の中で一番女性を虜にし、プレゼントして心から喜ばれる宝石と言えば、ダイヤモンドです。また、…

ダイヤモンドジュエリーをネット通販で選ぶコツ

ダイヤモンドジュエリーをネット通販で選ぶコツ

ダイヤモンドの購入を考えた時、皆さんはまずどのような購入方法を思い浮かべるでしょうか?百貨店やフ…

ダイヤモンドをネット通販で

ネット通販で数多くのダイヤモンドジュエリーに出会う

ダイヤモンドジュエリーを通販で購入する初めて私がジュエリーショップへダイヤモンドジュエリーを購入…

婚約指輪をネット通販で

ネット通販で婚約指輪を一緒に選びましょう

一粒の輝くダイヤモンドの入った小さな箱をパカッとした開いた瞬間、女性は思わず口に手を当てる風景を皆様…

ダイヤモンドを通販で購入するってどうなの

ダイヤモンドを通販で購入してみる

ダイヤモンドを通販で購入してみませんか?数ある宝石の中でも格別な美しい輝きを放ち、王者の風格が漂…

ダイヤモンドを通販で購入する場合知っておきたいこと

ダイヤモンドを通販で購入する場合に知っておきたいこと

最近ではお店で直接購入するだけでなく、インターネット上の通販を利用して手軽に商品を購入できるサービス…

ネット通販で楽しいダイヤモンド選び

ネット通販で楽しいダイヤモンド選び

最近ではお店で直接購入するだけでなく、インターネット上の通販を利用して手軽に商品を購入できるサービス…

ダイヤモンドの結婚指輪を通販で買うのはもはや常識

インターネットがすっかり普及した現代社会では、どんなものでもオンラインショップの通販で簡単に手に入れ…

通販でダイヤモンドを購入する秘訣

ネット通販でダイヤモンドを購入する秘訣

通販でダイヤモンドを購入する秘訣とは?婚約・結婚指輪に。プレゼントや大切な記念日に。頑張った自分…

おすすめ記事

持っていたいのはダイヤモンドの鑑定書?それとも鑑別書?

ダイヤモンドジュエリーを購入する時には、鑑定書も一緒にもらっておくのが一般的です。それでは、この「鑑…

ダイヤモンドで資産運用

ダイヤモンドで資産運用を考える

ダイヤモンドで資産運用。その実態は…?今、ダイヤモンドが資産運用に利用できる、と注目されています…

ダイヤモンドジュエリーの魅力

ダイヤモンドジュエリーの魅力は永遠ですよね

婚約や結婚など人生の節目に選ばれるダイヤモンドジュエリー。身近に思えるダイヤモンドジュエリーです…

ダイヤモンドの評価

ダイヤモンドの評価は何で決まるのか?

ダイヤモンドの評価について美しい永遠の輝きを持ち、世界中の人々から崇められているダイヤモンド。時…

カラットの知識と逸話

ダイヤモンドのカラットについてダイヤモンドは輝きや透明度も美しいですが、その重量からも価値の判断…

カラーダイヤモンドについて

ダイヤモンドといえば無色・透明の宝石を思い浮かべると思いますが、実はダイヤモンドは無色だけでなく、さ…

海外セレブのダイヤモンド婚約指輪ストーリー

海外セレブのダイヤモンド婚約指輪ストーリー

ハリウッドスターを始めとする、海外セレブの婚約指輪は大きさや品質も超一流です。エメラルドカットのダイ…

男性のためのダイヤモンドジュエリー

男性のためのダイヤモンドジュエリー

ダイヤモンドジュエリーは女性のためのもの?いいえ、そんなことはありません。「ダイヤモンドは男性の石だ…

ピアスの歴史と選び方のポイント

ピアスの歴史と選び方のポイント

ダイヤモンドは指輪、ネックレスなど様々なアクセサリーに使用されていますが、耳につけるピアスにも使用さ…

ダイヤモンド産業とデビアス社

ダイヤモンド産業とデビアス社

ダイヤモンドの流通には欠かせない「デビアス社」。テレビCMや雑誌の広告で、名前を目にしたことがあるの…

エンゲージリング

  1. どんなエンゲージリングが欲しいですか?

購入のためのヒント

  1. ダイヤモンドの価値を決めるカラット
  2. ダイヤモンドの誕生秘話

ダイヤモンドの基礎知識

宝石鑑定士という仕事

宝石鑑定士という仕事

「宝石バイヤーになって世界中を駆け巡り、宝石の買い付けをしたい」「ダイヤモンドの鑑定をしたい」「ジュ…

アントワープは世界最高のダイヤモンド取引所

採掘されたダイヤモンドの原石は、カットと研磨を施され美しい宝石となった後、世界中にあるダイヤモンド取…

ダイヤモンドジュエリーを長持ちさせるために

ダイヤモンドジュエリーを長持ちさせるために

ダイヤモンドジュエリーのお手入れとメンテナンスジュエリーのお手入れは、どうされていますか?きれい…

そもそもダイヤモンドとは?知らなかった生成過程について!

ジュエリーやマリッジリングとして使用されるダイヤモンドですが、宝石そのものの生成の過程や歴史、神話、…

4C以外のカットの種類と魅力

カットについてダイヤモンドのカットで一番有名なのは4C評価の対象にもなっているラウンドブリリアン…

ダイヤモンドジュエリーを選ぶ

ダイヤモンドジュエリーを選んでみよう

ダイヤモンドジュエリーの選び方初めてダイヤモンドジュエリーを身に付けた時、大人になった自分にワク…

世界で最も大きなダイヤモンドの産地

ダイヤモンドの原石は、どんな場所でも見つかるというわけではありません。とはいえ、人々が必死になって探…

ダイヤモンドの4C「クラリティ」とは

クラリティについてダイヤモンドには4Cという評価基準がありますが、カットやカラー、カラットなどに…

ダイヤモンド産業とデビアス社

ダイヤモンド産業とデビアス社

ダイヤモンドの流通には欠かせない「デビアス社」。テレビCMや雑誌の広告で、名前を目にしたことがあるの…

古代インドで始まったダイヤモンドの歴史

婚約や結婚指輪として使われるダイヤモンドは、ラブストーリーを彩る大切な脇役として欠かせないアイテムで…

ダイヤモンドの4C
  1. 通販でダイヤモンドを購入する秘訣
  2. ダイヤモンドリングの選び方
  3. ダイヤモンドを通販で購入する場合知っておきたいこと
  4. ダイヤモンドの誕生秘話
  5. ダイヤモンドで資産運用

ダイヤモンドの4Cについて

  1. 鑑定書・鑑別書
  2. ダイヤモンドの価値評価
  3. ダイヤモンドのカラー
  4. ダイヤモンドの評価
  5. ダイヤモンドの透明度を決めるクラリティ
  6. ダイヤモンドのインクルージョンとは

ネット通販でダイヤモンドを選ぶ

婚約指輪をネット通販で

ネット通販で婚約指輪を一緒に選びましょう

一粒の輝くダイヤモンドの入った小さな箱をパカッとした開いた瞬間、女性は思わず口に手を当てる風景を皆様…

ネット通販で購入する前に

ネット通販で購入する前に!ダイヤモンドの基本

数ある宝石の中で一番女性を虜にし、プレゼントして心から喜ばれる宝石と言えば、ダイヤモンドです。また、…

PAGE TOP