ダイヤモンドを知る

カラットの知識と逸話

ダイヤモンドのカラットについて

ダイヤモンドは輝きや透明度も美しいですが、その重量からも価値の判断基準が変わってきます。それがダイヤモンドにおけるカラット(Ct)と呼ばれる基準です。今回はそんなカラットについての知識と逸話などについてまとめました。

カラット(Ct)とは

カラットはアメリカのGIA(米国宝石学会)が定めているダイヤモンドの価値基準、4Cの一つです。カラット以外にはカット(プロポーション)、カラー(色)クラリティ(透明度)があります。カラットについては誤解されがちなのが、ダイヤモンドの大きさではなく重さの基準であるということです。
1Ct=0、200gで1gは5Ctになります。カラットは重さがあればあるほど希少価値が高くなります。

世界で発掘された巨大なカラットのダイヤ達

世界のダイヤモンドの発掘上からは時に信じられないほど大きく美しいダイヤモンドが発見されることがあります。ここからはその中でも有名な物をいくつかご紹介したいと思います。

1 パシャダイヤモンド

パシャダイヤモンドは1848年にエジプトの総督がどこから来たか不明のダイヤを購入したことからその逸話は始まりました。最初、大きさは40カラットもあり形は八角形であったそうです。その後、このパシャダイヤは一時行方不明となってしまいますが、その後、アメリカ人の元に渡っていたらしく再び姿を表します。この新しいパシャダイヤの持ち主はこの八角形があまり好みではなかったらしく、宝石店に新たなカットにしてもらうよう依頼したそうです。そのような経緯を経て、パシャダイヤは38カラットの指輪に加工されます。また、その後もインド、モロッコ、モンテカルロなど様々な持ち主に元を転々とし、現在は36カラットのラウンドブリリアンカットのダイヤモンドとなっています。

2 ウィリアムソンダイヤモンド

こちらは大きなピンクダイヤモンドの逸話です。このダイヤは1947年10月にケベックの地質学者がタンザニアの鉱山にて発見した54カラットのピンクダイヤモンドです。このピンクダイヤは当時のエリザベス王女、つまり後のエリザベス女王の結婚祝いに原石が贈られました。その後、23カラットのブリリアンダイヤモンドにカットされましたが、1953年に女王が自分の戴冠式にこのダイヤをあしらった花を模したブローチにしてくれるようにカルティエ社に依頼しました。こうして完成したのがエーデルワイスの花のデザインにこのピンクダイヤが飾られたブローチなのです。

3 ザ・ゴールデン・エンプレス

こちらはアフリカのレソト王国という所から発掘されたイエローダイヤモンドです。レソト王国は国土全体の標高が1、500mという国で、天空の王国、アフリカのスイスなどと呼ばれています。ここは世界でも有数のダイヤの産地でもあります。このレソト王国で発掘されたザ・ゴールデン・エンプレスは大きさが世界最大級のイエローダイヤと言われ、カラット数は132、55カラットになります。現在はイギリスのハイジュエリー・グラフが所有しているということです。ちなみにこのレソト王国では、他にも2006年にレソトプロミスと呼ばれる603カラットもあるダイヤが発掘されています。

4 グリソゴノダイヤモンド

こちらは珍しいグリソゴノダイヤモンドという、大きなブラックダイヤモンドです。今まで発掘されたブラックダイヤの中では最大級の物となります。また、全てのダイヤモンドの中でも5番目に大きいものになります。カラット数は312、24カラットになります。この グリソゴノダイヤモンドはアフリカで発見された後、スイスに渡りカットを施されました。形は丸く、その周囲を小粒のダイヤが飾るようなデザインになっています。

5 オルロフ

こちらは現在、モスクワのクレムリンの宝石コレクションとして飾られているファンシーカラーダイヤモンドです。カットはローズカットで、色は淡い青~緑で大きさは189、62カラットあります。伝承では元々はスリランカの寺院にある女神像の瞳にはめ込まれていたと言われています。しかし1750年頃に盗難され行方をくらました後、グレゴリー・オルロフ氏の所有となりました。

6 ゴールデンジュビリ

このダイヤは545、67カラットもある大きなブラウンダイヤモンドです。「アフリカの偉大なる星」とも呼ばれます。現在ではファセットカットが施され、少し小さくなりましたが、原石はなんと755,5カラットもあったというのですから驚きです。

7 カリナン

カリナンは人類史上で最大のダイヤモンド原石であると言われています。なんとその大きさは106、75カラット(621、35g)もあります。このダイヤはあまりにも大きいので9つに分割されました。このダイヤモンドを分ける際、そのあまりの緊張に職人が気を失ってしまったという話もあるほどです。分割された物でもカリナン1は530、4カラット、カリナン2は317,4カラッとあるなど、その大きさは最大級であることがうかがえます。

8 クレサンサマンダイヤモンド

こちらは104,15カラットもあるファンシーオレンジブラウンダイヤになります。南アフリカで発掘され、最初は198、28カラットもありました。その後、ペアシェイプという形にカットされました。ちなみにクレサンサマンダイヤモンドの(Chrysanthemum)とは菊の花という意味のようで、このオレンジがかったダイヤに花のイメージを重ねたのかもしれません。

9 アーススターダイヤモンド

このダイヤは1967年に南アフリカのオレンジ自由国で発見されました。111、59カラットあるブラウンダイヤになります。しかしブラウンダイヤといっても色はコニャックと呼ばれるブランデーを思わせる赤みがかったブラウンカラーで非常に深みのある魅力的な色をしています。さらに色だけでなく輝きも強い美しいダイヤモンドです。

10 ホープダイヤ

あの有名な呪いのブルーダイヤ、ホープも元はカラットとしてはかなりの重さを誇る物でした。このホープは伝説によれば9世紀のインドのデカン高原にある村の川で、一人の農夫によって発見されたと言います。しかしその農夫は侵攻してきたペルシャの軍隊によって殺され、このダイヤも奪われてしまいます。しかし、その献上先のペルシャの王もホープを献上した司令官も死んでしまいます。その後、ホープはインドの寺院の神像の目として飾られていましたが、フランスの業商人が盗みだしてしまいます。そして因果なことにその業商人もその後ロシアで惨死してしまいます。そのような経緯の後、ホープはフランス王朝のルイ14世に買い取られました。(ここでホープはハート型の68カラットにカットされます)
しかしその後、フランス革命により王朝は滅びます。その後も有名女優、宝石商、実業家などの手を次々と渡り歩きましたが、その全員が悲劇的とも言える結末をむかえています。そしてこの呪いのホープダイヤは1958年にアメリカのスミソ二アン博物館に飾られることになり、現在は特定の人物の所有ということもなく、ガラスケースの中でその呪いと称されたほどの言える美しい輝きを放っているのです。

まとめ

いかがでしたか?カラットもダイヤの評価においては非常に重要な要素のようですね。また、世界にはたくさんの国宝級とも言える稀少なダイヤがあることが分かりましたね。
今度博物館などを訪れた際はぜひ見てみてください。

関連記事

  1. ダイヤモンドのメンテナンス方法

  2. ダイヤモンドジュエリーを選ぶ

    ダイヤモンドジュエリーを選んでみよう

  3. ダイヤモンドのカット

    ダイヤモンドの価値はカット(Cut)にかかってる??

  4. ダイヤモンド取引所とはどんなところ?

    ダイヤモンド取引所とはどんなところ?

  5. ダイヤモンドジュエリーを長持ちさせるために

    ダイヤモンドジュエリーを長持ちさせるために

  6. 4C以外のカットの種類と魅力

  7. ダイヤモンドの評価

  8. ダイヤモンドで資産運用

    ダイヤモンドで資産運用を考える

ネット通販で購入

ダイヤモンドの結婚指輪を通販で買うのはもはや常識

インターネットがすっかり普及した現代社会では、どんなものでもオンラインショップの通販で簡単に手に入れ…

ダイヤモンドをネット通販で

ネット通販で数多くのダイヤモンドジュエリーに出会う

ダイヤモンドジュエリーを通販で購入する初めて私がジュエリーショップへダイヤモンドジュエリーを購入…

ダイヤモンドジュエリーをネット通販で選ぶコツ

ダイヤモンドジュエリーをネット通販で選ぶコツ

ダイヤモンドの購入を考えた時、皆さんはまずどのような購入方法を思い浮かべるでしょうか?百貨店やフ…

ネット通販で購入する前に

ネット通販で購入する前に!ダイヤモンドの基本

数ある宝石の中で一番女性を虜にし、プレゼントして心から喜ばれる宝石と言えば、ダイヤモンドです。また、…

ダイヤモンドを通販で購入するってどうなの

ダイヤモンドを通販で購入してみる

ダイヤモンドを通販で購入してみませんか?数ある宝石の中でも格別な美しい輝きを放ち、王者の風格が漂…

通販でダイヤモンドを購入する秘訣

ネット通販でダイヤモンドを購入する秘訣

通販でダイヤモンドを購入する秘訣とは?婚約・結婚指輪に。プレゼントや大切な記念日に。頑張った自分…

婚約指輪をネット通販で

ネット通販で婚約指輪を一緒に選びましょう

一粒の輝くダイヤモンドの入った小さな箱をパカッとした開いた瞬間、女性は思わず口に手を当てる風景を皆様…

ダイヤモンドを通販で購入する場合知っておきたいこと

ダイヤモンドを通販で購入する場合に知っておきたいこと

最近ではお店で直接購入するだけでなく、インターネット上の通販を利用して手軽に商品を購入できるサービス…

ネット通販で楽しいダイヤモンド選び

ネット通販で楽しいダイヤモンド選び

最近ではお店で直接購入するだけでなく、インターネット上の通販を利用して手軽に商品を購入できるサービス…

おすすめ記事

ダイヤモンドの評価

ダイヤモンドの4Cって一体なんだ??

ダイヤモンドの「4C」について古くは、国の権力者だけが手にすることができたダイヤモンド。それは富…

ダイヤモンドの採掘国はどこ?

ダイヤモンドはごく僅かの限られた場所でしか採掘されません。何故なら35億年から9億年前からある土地で…

ダイヤモンドのカラー

実は一つ一つ異なっているダイヤモンドのカラー

ダイヤモンドのカラーについてダイヤモンドのカラーは、どれも同じように見えるかもしれませんが、ひと…

ダイヤモンドの評価

ダイヤモンドは婚約指輪などにも使用される貴重な宝石です。一生に一度の買い物になるということもありなる…

ダイヤモンドの誕生秘話

ダイヤモンドの誕生秘話

美しく輝く宝石の王様、ダイヤモンド。「磨けば光る石」と有名ですが、もともと何でできているどんな石なの…

ダイヤモンドリングの種類と選び方

結婚指輪や婚約指輪に使用される宝石と言えばやはりダイヤモンドです。また、日常シーンで身に付けられるこ…

ダイヤモンドの4Cに優先順位ってあるの?

ダイヤモンドを購入する際には、ほとんど鑑定書が付属しています。鑑定書ではカット、カラー、クラリティ、…

ダイヤモンドで資産運用?そのメリットとは

結婚指輪や婚約指輪にも選ばれる人気の宝石、ダイヤモンド。美しくまばゆい輝きを放つダイヤモンドは、特別…

ダイヤモンド業界の頂点に君臨するデ・ビアス社

エンゲージリングにも選ばれ人気の高い宝石の王様といっても過言ではないダイヤモンド。ダイヤモンドはなぜ…

ダイヤモンドリングを買うポイント教えます

ダイヤモンドのリングを買う!4つのポイント教えます

指先で美しく輝くダイヤモンドのリング。その持ち主はなんだか品格のある女性を想像してしまいます。…

エンゲージリング

  1. ダイヤモンドの結婚指輪を選ぼう
  2. 海外セレブのダイヤモンド婚約指輪ストーリー
  3. エンゲージリングを普段使いに

購入のためのヒント

  1. 歴史から見るダイヤモンドのカット
  2. ダイヤモンドネックレスを着ける
  3. マリッジリングの歴史とお作法、意味合いを理解しましょう

ダイヤモンドの基礎知識

宝石鑑定士という仕事

宝石鑑定士という仕事

「宝石バイヤーになって世界中を駆け巡り、宝石の買い付けをしたい」「ダイヤモンドの鑑定をしたい」「ジュ…

ダイヤモンドのメンテナンス方法

美しく輝くダイヤモンド。いつまでもその輝きを維持しておきたいですよね?実はダイヤモンドは薬品などにも…

カラーダイヤの評価~ファンシーダイヤモンドについて~

ダイヤモンドカラーについてダイヤモンドは無色透明な物から色のあるカラーダイヤまで様々な物がありま…

ダイヤモンドの4C~価値を知るための基準~

ダイヤモンドの4Cについてダイヤモンドはどれも美しく輝いて見えます。しかしそれゆえにプロでなけれ…

ダイヤモンドの鑑定書や鑑別書は必要?

鑑定書や鑑別書は必要か?宝石の本当の価値というのはプロでなければ見極めることは難しいものです。そ…

ダイヤモンドのリユースについて

ダイヤモンドのリユースについて

「リユース」という言葉を聞いたことがあるかと思いますが、ダイヤモンドがリユースできることをご存知です…

知られざるダイヤモンドの歴史について

知られざるダイヤモンドの歴史について

多くの人を魅了するダイヤモンドには長い歴史があります。今回はダイヤモンドの歴史についてお話しした…

ダイヤモンドの天然インクルージョンとはどんなもの?

ダイヤモンドは、それぞれが内部に独特な特徴を持つ宝石です。天然のダイヤモンドにはひとつずつに違った個…

ダイヤモンドの4Cとは

ダイヤモンドの4Cを分かりやすく説明します

輝くダイヤモンドは、いつみてもうっとりしてしまいますね。同じダイヤモンドなのに一つ一つ違う事…

シルバージュエリーについて

シルバーとシルバージュエリーについて

プラチナやゴールドにはまだ手が届かないけど、初めてのジュエリーとの出会いはシルバーだった、という人も…

  1. ダイヤモンドジュエリーを選ぶ
  2. ネット通販で楽しいダイヤモンド選び
  3. 歴史から見るダイヤモンドのカット
  4. 結婚指輪選び、6つのポイント

ダイヤモンドの4Cについて

  1. ダイヤモンドの評価
  2. ダイヤモンドの評価
  3. ダイヤモンドの4C
  4. 歴史から見るダイヤモンドのカット
  5. ダイヤモンドのカット

ネット通販でダイヤモンドを選ぶ

ダイヤモンドジュエリーをネット通販で選ぶコツ

ダイヤモンドジュエリーをネット通販で選ぶコツ

ダイヤモンドの購入を考えた時、皆さんはまずどのような購入方法を思い浮かべるでしょうか?百貨店やフ…

婚約指輪をネット通販で

ネット通販で婚約指輪を一緒に選びましょう

一粒の輝くダイヤモンドの入った小さな箱をパカッとした開いた瞬間、女性は思わず口に手を当てる風景を皆様…

PAGE TOP