ダイヤモンドの評価

ダイヤモンドの評価は何で決まるのか?

ダイヤモンドの評価

ダイヤモンドの評価について

美しい永遠の輝きを持ち、世界中の人々から崇められているダイヤモンド。時代や国を超えて、人の手によって磨かれて、今の美しい姿となっています。ダイヤモンドの価値は、どこで決まるのでしょうか?どこで誰がダイヤモンドを評価して価値が決まるのか、「ダイヤモンドの評価」について調べてみました。

ダイヤモンドの評価とは?

ダイヤモンドの評価の基準は、GIA(米国宝石協会)が定めたものです。「4C」と呼ばれる基準が、ダイヤモンドを評価しています。

ダイヤモンドの価値を決める4C

ダイヤモンドの「4C」とは、カラー(色)、クラリティ(透明度)、カット(研磨)、カラット(重さ)の4つのCです。4Cそれぞれについて、簡単にご説明します。

<カラー(色)>
色は、無色透明のものが最高品質で、黄みを帯びているほど評価が下がります。マスターストーン(基準石)をもとにカラーを鑑定します。ダイヤモンドの「D」が最高位で、アルファベット順に、Zまでの23段階に階級付けされます。

<クラリティ(透明度)>
インクルージョン(内包物)の大きさや傷の位置、数、によって11段階に階級付けされます。最高は「FL(Flawless)」です。

<カット(研磨)>
「ラウンドブリリアントカット」のみにカットに対する評価がされます。形と仕上げが評価の対象で、「EXCELLENT(EX)」を最高位に、階級付けされます。ラウンドブリリアントカット以外のカットは「ファンシーカット」と呼ばれています。

<カラット(重さ)>
石の重量の単位で、1カラットは0.2gです。小数第3位まで表示します。

GIA(米国宝石学協会)とは?

米国宝石協会とは、ジェロモジカル・インスティテュート・オブ・アメリカ(Gemological Institute of America)、略称はGIAです。カリフォルニア州カールスバッドに本校がある、世界的な宝石学教育機関と鑑別・鑑定機構で、鑑定に関する研究所でもあります。日本語では「米国宝石協会」と記されます。ニューヨーク、ロスアンゼルス、イタリア、香港、タイ、韓国、ロシア、イギリス、中国、台湾に分校があり、東京と大阪に提携校があります。米国宝石協会の宝石学修了者は「GIA-GG」、世界中の鑑定・鑑別機関で鑑定士として活躍する人が持つ称号です。日本では現在、ダイヤモンドの鑑定は、この米国宝石協会を基準としています。米国宝石協会は、ダイヤモンドの鑑定機関として最も信頼性が高く、権威もあるとされています。

4Cを定める前のダイヤモンドの評価は?

GIAがダイヤモンドの鑑定の基準となる4Cを定める前から、評価の方法はありました。カラーに関しては、各業者が「A、B、C」「1、2、3」というふうに自由にランクをつけていたので、その基準もバラバラであいまいなものでした。「A、B、C」のランクは、意外と広く使われていたようで、GIAが共通の基準として定めるときに、ダイヤモンドの「D」から始めることにしたのです。

鑑定書と鑑別書について

宝石には「鑑別書」が付いています。天然宝石の多様化とともに、石の合成技術も進化し、鑑定・鑑別に専門的な知識が求められています。鑑定書と鑑別書はどうちがうのでしょうか?

<鑑定書>
鑑定書(ダイヤモンド・グレーディング・レポート)はダイヤモンドだけにつきます。4Cのほかにも、細かいダイヤモンドのレポートが記入されています。表示される項目については、下記の「鑑定書の読み方」でご紹介します。ダイヤモンド以外の宝石には、国際的に認知されている基準や体系的な評価方法がありません。そのため鑑定は、天然ダイヤモンドだけを対象としており、鑑定書があるということが、天然ダイヤモンドの証となります。鑑定の結果は、最低二人以上のグレーダー(評価者)によって、結論を出しています。

<鑑別書>
天然石には、鑑別書を付けることができます。「鑑定書」はダイヤモンドだけのものですが、「鑑別書」はすべての天然石が対象です。表示される項目は、鉱物名、宝石名、透明度と色、カットの形式、重量、寸法、鑑別、備考、などです。鑑別はルース(裸石)に限らず、ジェリーにセットしてあるものでも可能です。鑑別はたくさんの検査項目があり、総合的な判断が求められます。そのため、一人のジェロモニスト(宝石学者)が責任を持って結論を出し、もう一人のジェロモニストが同じ石を鑑別して、食い違いがないよう徹底しています。

4C以外の評価

ダイヤモンドの評価のポイントは、4C以外にもあります。次のようなことも評価の対象になります。

<ブリリアンシー>
ダイヤモンドに入った光が幾重もの内部反射を経て中心に集まった光。目に見えるまばゆい光の輝きのことをいいます。

<ディスパーション>
ダイヤモンドの中に入った光が、光のスペクトルに分解され虹色に輝いて見えるものをいいます。

<シンチレーション>
ダイヤモンドのカットの表面で反射する光。見る人の位置によって、閃光のようにキラッと光って見えます。

ダイヤモンドの輝きは、この3つの輝きの相乗効果で起こります。たとえば「ブリリアンシー」を優先すると、テーブル面(表面)がある程度広い方がいいのですが、「ディスパーション」を優先するとテーブル面は狭い方がいいのです。どちらが美しく見えるかは、個人の好き好きもありますし、全体的なバランスもあるでしょう。総合して評価するには「4C」に当てはめ機械的に評価するばかりではなく、人の目も重要な判断基準になってくるのです。

鑑定書の読み方

鑑定書には次のことが記されています。

<カットの形状>ラウンドブリリアントカット、またはファンシーカットなど。
<寸法>自動計測機を使って、ダイヤモンドのガードル径2か所と全体の深さを計測します。
<重量>カラット
<カラー>D~Zまでの等級付け。
<色の起源>検査の上、天然か人口かを記載します。
<クラリティ>内包物や傷の有無。
<カット>5段階に等級付けされます。
<レポート番号>発行日とレポート番号が記載されます。
<プロポーション>テーブル径、ガードル厚、全体の深さ、キューレットサイズ(ダイヤモンドの先端のとがった部分)を計測します。

鑑定士とは?

宝石鑑定士とは、宝石の鑑別や鑑定(グレーディング、格付け)をする人のことです。国家資格ではなく、民間の機関より資格を与えられます。上記の「GIA」の項目で説明しました「GIA(Gemological Institute of America)-GG(Graduate Gemologist)」は米国宝石協会が認定している資格です。26週間(6か月間・780時間)をかけて理論と実技を学び、最終試験に合格すると、GIAからディプロマ(卒業証書)が授与されます。宝石鑑定士がいるところは、宝石鑑定機関、宝石専門店、百貨店の宝石サロン、輸入代理店などです。

ダイヤモンドの相場はどう決まるの?

ガソリンや金(ゴールド)のように、ダイヤモンドの相場も日々変わっていきます。ダイヤモンドは主に、世界の約30か国のダイヤモンド取引所や宝石業者が、取り引きをしています。宝石業者間の取り引きでは、米国のダイヤモンド情報誌が発行する「ラパポートダイヤモンドレポート」が、ダイヤモンド取り引きの相場を大きく影響しています。また、ダイヤモンドはすべて輸入品なので、外国為替相場によっても価格が変動します。USドルに対して、円安になればダイヤモンドは高くなり、円高になればダイヤモンドは安くなります。

ダイヤモンドがどのように評価され、どう表すかなどについて、ご紹介しました。たくさんの工程を経てダイヤモンドが市場に出て、また、たくさんの検査項目があり評価されているのですね。ダイヤモンドを選ぶときの参考にしていただけると幸いです。

関連記事

  1. ダイヤモンドネックレスを着ける

    あなたはどんなネックレスを着けますか?

  2. 誕生石

    誕生石とその意味のお話

  3. 世界で最も有名なダイヤモンド婚約指輪

  4. 天然ダイヤモンドと合成・模造ダイヤモンド

    天然ダイヤモンドと合成・模造ダイヤモンド

  5. ダイヤモンドの鑑定士と資格

  6. ダイヤモンドジュエリーの普段のお手入れ

    ダイヤモンドジュエリーの普段のお手入れ

  7. ピアスの歴史と選び方のポイント

    ピアスの歴史と選び方のポイント

  8. 婚約指輪を選ぶポイント

    迷う婚約指輪選び!ポイントを教えます

ネット通販で購入

ダイヤモンドをネット通販で

ネット通販で数多くのダイヤモンドジュエリーに出会う

ダイヤモンドジュエリーを通販で購入する初めて私がジュエリーショップへダイヤモンドジュエリーを購入…

ネット通販で楽しいダイヤモンド選び

ネット通販で楽しいダイヤモンド選び

最近ではお店で直接購入するだけでなく、インターネット上の通販を利用して手軽に商品を購入できるサービス…

通販でダイヤモンドを購入する秘訣

ネット通販でダイヤモンドを購入する秘訣

通販でダイヤモンドを購入する秘訣とは?婚約・結婚指輪に。プレゼントや大切な記念日に。頑張った自分…

ダイヤモンドジュエリーをネット通販で選ぶコツ

ダイヤモンドジュエリーをネット通販で選ぶコツ

ダイヤモンドの購入を考えた時、皆さんはまずどのような購入方法を思い浮かべるでしょうか?百貨店やフ…

ダイヤモンドを通販で購入する場合知っておきたいこと

ダイヤモンドを通販で購入する場合に知っておきたいこと

最近ではお店で直接購入するだけでなく、インターネット上の通販を利用して手軽に商品を購入できるサービス…

婚約指輪をネット通販で

ネット通販で婚約指輪を一緒に選びましょう

一粒の輝くダイヤモンドの入った小さな箱をパカッとした開いた瞬間、女性は思わず口に手を当てる風景を皆様…

ダイヤモンドの結婚指輪を通販で買うのはもはや常識

インターネットがすっかり普及した現代社会では、どんなものでもオンラインショップの通販で簡単に手に入れ…

ダイヤモンドを通販で購入するってどうなの

ダイヤモンドを通販で購入してみる

ダイヤモンドを通販で購入してみませんか?数ある宝石の中でも格別な美しい輝きを放ち、王者の風格が漂…

ネット通販で購入する前に

ネット通販で購入する前に!ダイヤモンドの基本

数ある宝石の中で一番女性を虜にし、プレゼントして心から喜ばれる宝石と言えば、ダイヤモンドです。また、…

おすすめ記事

ダイヤモンドの採掘国はどこ?

ダイヤモンドはごく僅かの限られた場所でしか採掘されません。何故なら35億年から9億年前からある土地で…

ダイヤモンドの4C

ダイヤモンドの4Cを勉強しましょう

ダイヤモンドの美しさを評価する上で、専門の鑑定士が鑑定し、鑑定書というものをつけます。その評価を…

ダイヤモンドネックレスを着ける

あなたはどんなネックレスを着けますか?

私は、顔が大きいので少しでも小さく見せるようにVネックの服など首回りをスッキリさせる事により、小顔に…

ダイヤモンドピアスのセッティングには、どんな種類があるの?

耳元のアクセントに、さりげなく光るダイヤモンドピアスが欲しい!でも、いざ購入するとなると、色々と迷っ…

プラチナ

やはりプラチナを選びたい!

白い光沢を持ち、銀色に輝く「プラチナ」とても美しいですね。日本では、別名「白金」…

ダイヤモンドネックレスの魅力

首元のおしゃれに欠かせないネックレス

ダイヤモンドのネックレスについて首元のおしゃれに欠かせないのがネックレス。揺らめきながら輝くダイ…

ダイヤモンドの天然インクルージョンとはどんなもの?

ダイヤモンドは、それぞれが内部に独特な特徴を持つ宝石です。天然のダイヤモンドにはひとつずつに違った個…

ダイヤモンドの結婚指輪を通販で買うのはもはや常識

インターネットがすっかり普及した現代社会では、どんなものでもオンラインショップの通販で簡単に手に入れ…

ダイヤモンドで資産運用?そのメリットとは

結婚指輪や婚約指輪にも選ばれる人気の宝石、ダイヤモンド。美しくまばゆい輝きを放つダイヤモンドは、特別…

ダイヤモンドの用途について

ダイヤモンドと聞くと、美しい光を放つ宝飾品を思い浮かべるのではないでしょうか?宝石として使われるダイ…

エンゲージリング

  1. 初めての婚約指輪選び
  2. エンゲージリングを普段使いに
  3. 結婚指輪を選ぶ

購入のためのヒント

  1. エンゲージリングを普段使いに
  2. 歴史から見るダイヤモンドのカット
  3. ダイヤモンドの結婚指輪を贈る

ダイヤモンドの基礎知識

ダイヤモンドの価値評価

ダイヤモンドの価値はどのように評価されるの?

宝石といえば?と聞くと必ず出てくるほど有名なダイヤモンド。身近な存在なようで実は知らないことが多…

ダイヤモンドピアスのセッティングには、どんな種類があるの?

耳元のアクセントに、さりげなく光るダイヤモンドピアスが欲しい!でも、いざ購入するとなると、色々と迷っ…

ダイヤモンドの価値を決めるカラット

ダイヤモンドの価値を決めるカラット

ダイヤモンドといえばカラットと言われてもいい程4Cの中でも有名なカラット。ですが、カラットの事を…

ダイヤモンドの評価

ダイヤモンドの評価は何で決まるのか?

ダイヤモンドの評価について美しい永遠の輝きを持ち、世界中の人々から崇められているダイヤモンド。時…

ダイヤモンドを下取りしてもらうためのヒント

サザビーズやクリスティーズなどの大手オークションハウスなどでは、ダイヤモンドが記録的な価格で落札され…

アントワープは世界最高のダイヤモンド取引所

採掘されたダイヤモンドの原石は、カットと研磨を施され美しい宝石となった後、世界中にあるダイヤモンド取…

知られざるダイヤモンドの歴史について

知られざるダイヤモンドの歴史について

多くの人を魅了するダイヤモンドには長い歴史があります。今回はダイヤモンドの歴史についてお話しした…

ダイヤモンドを高く下取りしてもらうコツ

新しく購入するジュエリーの資金にとダイヤモンドを下取りにする際、どのようなダイヤモンドが高く買い取っ…

鑑定書・鑑別書

知っているようで知らない、鑑別書・鑑定書とは?

鑑定書、鑑別書について宝石の「鑑定書」や「鑑別書」はどんなものかご存知ですか?ジュエリーには、「…

ダイヤモンドジュエリーを選ぶ

ダイヤモンドジュエリーを選んでみよう

ダイヤモンドジュエリーの選び方初めてダイヤモンドジュエリーを身に付けた時、大人になった自分にワク…

ダイヤモンドジュエリーを選ぶ
  1. ダイヤモンドのカラー
  2. ネット通販で楽しいダイヤモンド選び

ダイヤモンドの4Cについて

  1. カラーダイヤモンドを知りましょう
  2. ダイヤモンドのインクルージョンとは
  3. 歴史から見るダイヤモンドのカット
  4. 鑑定書・鑑別書
  5. ダイヤモンドの価値評価

ネット通販でダイヤモンドを選ぶ

ダイヤモンドジュエリーをネット通販で選ぶコツ

ダイヤモンドジュエリーをネット通販で選ぶコツ

ダイヤモンドの購入を考えた時、皆さんはまずどのような購入方法を思い浮かべるでしょうか?百貨店やフ…

婚約指輪をネット通販で

ネット通販で婚約指輪を一緒に選びましょう

一粒の輝くダイヤモンドの入った小さな箱をパカッとした開いた瞬間、女性は思わず口に手を当てる風景を皆様…

PAGE TOP