ダイヤモンドを知る

ダイヤモンドのメンテナンス方法

美しく輝くダイヤモンド。いつまでもその輝きを維持しておきたいですよね?実はダイヤモンドは薬品などにも強く、透明なので色落ちの心配もなく比較的メンテナンスしやすい宝石です。宝石店に出向いて手入れするだけでなく、ご家庭でも手軽に手入れが出来るのもダイヤモンドの魅力。では、どのようにメンテナンスすればよいのでしょうか?
日頃のメンテナンス・保管方法やさまざまなダイヤモンドのメンテナンスをご紹介します。

身に着ける

化粧やヘアメイクがすべて終わった段階で、ジュエリーを身につけましょう。ダイヤモンドや地金部分に香水やヘアスプレー、除光液が付くことが防げますので、ジュエリーへのダメージが少なくなります。食事の際には、酢や果物の汁がつかないようにしましょう。温泉に入る際や、塩素系洗剤を使うときにも外すようにしておくと、持ちが違ってきます。

身に着けたら、拭くを習慣に

素肌に身に着けるネックレスやリングは、汗や皮脂汚れが付着するのを免れません。身に着けた後のジュエリーは汗や皮脂、化粧品が思いのほか付着していて、ぱっと見はわかりませんが考えている以上に汚れています。日頃のメンテナンスで一番効果的なのは「身に着けたら、拭く」ことです。毎回ケースにしまう前に、やわらかい布で優しく拭きましょう。せっかくのダイヤモンドジュエリーを、少しでも長く美しく保つ一番の秘訣です。

仕舞う時は日光を避けて

熱や紫外線などで色が変わってダイヤモンドの質が劣化する場合があり、保管状況が悪いと持ちが悪くなってしまいます。直射日光のあたる場所や湿度の高い場所、防虫剤が入っている場所には置かないようにしてください。 
また、宝石はそれぞれ硬度が違いますので、ダイヤモンドと真珠を一緒にしてしまうと真珠はキズついてしまいます。ジュエリーをしまうときは、仕切りのあるジュエリーケースや、個別のジュエリーケースで保管するとよいでしょう。ジュエリーケースは必ず、直射日光を避けた通気性のよいところに置いてください。長年使っていると、石を留めている爪がゆるんでくることもあります。お手入れする前に、ダイヤモンドが爪から外れないか、チェックしましょう。

ダイヤモンドケア基本の手順

準備するもの

  • ぬるま湯
  • 豚毛のブラシ(靴ブラシなどはほとんどが豚毛です)
  • 中性洗剤
  • 洗面器
  • 柔らかい布(繊維の出にくい布がおすすめ)
  1. アクセサリーに付けられたダイヤモンドが緩んでいないかチェックしましょう。
  2. 洗面器にぬるま湯を入れダイヤモンドジュエリーを10分程つけておきます。
  3. ブラシに少量の中性洗剤を付け、ダイヤモンドを優しく洗います。この時使う中性洗剤は、研磨剤などの入っていない、食器用の液体中性洗剤を使うようにしてください。リングやペンダントヘッドの裏側の部分、ダイヤモンドの側面、爪の部分は汚れが溜まりやすいので特に念入りに。
  4. しっかり洗い流します。洗剤が残ってしまうと曇りの原因になりますのしっかりとすすぎましょう。この時シンクで流水しながらすすぐのではなく、必ず洗面器に水を張ってすすいでください。もしもダイヤモンドが外れた時に、排水溝へ流してしまわないためです。
  5. 柔らかい布で優しく拭いて乾かしましょう。

中性洗剤で洗浄

空拭きでは取れなくなってしまった汚れには、中性洗剤を使いましょう。ダイヤモンドは油となじみやすい性質を持っています。
手の指紋や皮脂、化粧品が付着すると表面を曇らせ、輝きが損なわれてしまいます。冬場に手が乾燥するからハンドクリームを使うなんて方も多いかと思いますが、ダイヤモンドの輝きには天敵です。外出先で気になった場合には、柔らかい布でふき取るのも応急処置になります。

家庭でのお手入れには、食器洗い用液体中性洗剤で優しく洗ってください。ダイヤモンドの裏側のパビリオン側が汚れている場合は、ぬるま湯に10分程度つけておき、歯ブラシに食器洗い用液体中性洗剤を付けて軽くブラッシングを行いましょう。

眼鏡用の超音波洗浄器で洗浄

歯ブラシなどでは落とし切れない汚れであれば、眼鏡店などで置いてある超音波洗浄器で洗浄するのも効果的です。メレダイヤなどの脇石がぎっしりとついていたり、小さな爪で留めてあるデザインは石が緩んでしまうことがあります。また、内包物が多いダイヤモンドや、ひびのあるダイヤモンドの場合、内包物が大きくなったり、ひび割れてしまうこともあります。

クラリティがSI1以下のダイヤモンドは、使用を避けましょう。アーム部分にダイヤモンドが埋まっているデザインや、しっかりとした爪で支えられているデザインであれば問題ありません。

ジュエリークリーナーで洗浄

ダイヤモンドはもちろん、今まで洗浄不可能だといわれていた真珠にまで使えるのが、万能ジュエリークリーナーです。洗浄液に1分から2分ほど浸し、その後水洗いをして、水気を拭き取るだけで、驚くほど輝きがよみがえります。

有名なのはモリモトのキラテリアという商品で、液体が入ったボトルの中に直接ジュエリーを漬け込むだけでとても手軽です。薬品が汚れで真っ黒に黒ずむまでは何度も使えるので、コストパフォーマンスもよいです。
液体のタイプ以外にも泡で洗浄するタイプもあり、好みによって使い分けるのもいいですね。成分は非イオン界面活性剤で、衣料用洗剤などにも使われる成分です。
アクセサリー引掛け針金、ミニブラシも付属しているので、キラテリアを購入すればすぐにでもお手入れできます。3、4週間を目安にジュエリークリーナーで洗浄を行うと、良いでしょう。

地金がプラチナ900以上とダイヤモンドだけに使える意外な薬品

プラチナとダイヤだけのジュエリーの洗浄にはパイプユニッシュがおすすめです。洗面所やお風呂の排水溝のつまりを軽減するドロッとしたあの洗剤です。ただし、劇薬になりますので手に付いたり目に入ると危険な上、臭いもキツイので使用にはくれぐれも注意が必要です。ですが、一晩置くと、ダイヤモンドの裏汚れや地金の汚れ、くすみもすっきりときれいになります。

注意してもらいたいのは、ホワイトゴールドやプラチナ900以下の地金のものにパイプユニッシュ洗浄を行うと、真っ黒になってしまいます。必ずプラチナ900以上、K18はイエローゴールドだけに使用しましょう。浸け置き後は、水洗いで洗剤が残らないようにすすぎを念入りにするようにしてください。

宝石店でのメンテナンス

長年使用していると、家庭では取りきれない汚れも出てきます。そんな時には専門家へクリーニングを依頼しましょう。クリーニング専門のお店では、ダイヤモンドルースの場合は軽石の粉で拭いた後に、アルコールで洗浄を行います。汚れが酷い場合は、硫酸と硝酸塩で煮沸消毒をします。

アクセサリーに加工されている場合は、超音波洗浄やイオン洗浄機にて洗浄を行います。専門家によるクリーニング方法は、家庭のケアでは取れない酷い汚れも落ちて、新品仕上げを依頼すると地金もまるで新品のように磨き上げられて仕上げることもできます。正しい知識をもってクリーニングが行われますので、クリーニング料金はかかりますが最も仕上がりの美しい方法。家庭でのケアをこまめに行っていれば、専門家でのクリーニングは2か月に1度くらいのペースで依頼するのがおすすめです。

永遠の輝きのためには正しいケアが必要

クリアな輝きを放つダイヤモンドにも、ほんの少しの手間をかけるだけで常に美しい状態を保つことができます。せっかくの美しい輝きを放つVS-1のダイヤモンドでも、くすんでしまってI-1の輝きになってしまうのはとてももったいないですよね。熱や衝撃、薬品にも比較的強く、メンテナンスしやすいダイヤモンドですから、正しいメンテナンス方法を理解し、ご家庭でのお手入れにもチャレンジしてみてください。

関連記事

  1. ダイヤモンドの用途について

  2. ダイヤモンドジュエリーの普段のお手入れ

    ダイヤモンドジュエリーの普段のお手入れ

  3. ダイヤモンドネックレスを着ける

    あなたはどんなネックレスを着けますか?

  4. ダイヤモンドの4C「クラリティ」とは

  5. ダイヤモンドの4C

    ダイヤモンドの4Cを勉強しましょう

  6. ダイヤモンド取引所とはどんなところ?

    ダイヤモンド取引所とはどんなところ?

  7. ダイヤモンドの天然インクルージョンとはどんなもの?

  8. 古代インドで始まったダイヤモンドの歴史

ネット通販で購入

ネット通販で購入する前に

ネット通販で購入する前に!ダイヤモンドの基本

数ある宝石の中で一番女性を虜にし、プレゼントして心から喜ばれる宝石と言えば、ダイヤモンドです。また、…

ダイヤモンドをネット通販で

ネット通販で数多くのダイヤモンドジュエリーに出会う

ダイヤモンドジュエリーを通販で購入する初めて私がジュエリーショップへダイヤモンドジュエリーを購入…

婚約指輪をネット通販で

ネット通販で婚約指輪を一緒に選びましょう

一粒の輝くダイヤモンドの入った小さな箱をパカッとした開いた瞬間、女性は思わず口に手を当てる風景を皆様…

通販でダイヤモンドを購入する秘訣

ネット通販でダイヤモンドを購入する秘訣

通販でダイヤモンドを購入する秘訣とは?婚約・結婚指輪に。プレゼントや大切な記念日に。頑張った自分…

ネット通販で楽しいダイヤモンド選び

ネット通販で楽しいダイヤモンド選び

最近ではお店で直接購入するだけでなく、インターネット上の通販を利用して手軽に商品を購入できるサービス…

ダイヤモンドを通販で購入する場合知っておきたいこと

ダイヤモンドを通販で購入する場合に知っておきたいこと

最近ではお店で直接購入するだけでなく、インターネット上の通販を利用して手軽に商品を購入できるサービス…

ダイヤモンドを通販で購入するってどうなの

ダイヤモンドを通販で購入してみる

ダイヤモンドを通販で購入してみませんか?数ある宝石の中でも格別な美しい輝きを放ち、王者の風格が漂…

ダイヤモンドの結婚指輪を通販で買うのはもはや常識

インターネットがすっかり普及した現代社会では、どんなものでもオンラインショップの通販で簡単に手に入れ…

ダイヤモンドジュエリーをネット通販で選ぶコツ

ダイヤモンドジュエリーをネット通販で選ぶコツ

ダイヤモンドの購入を考えた時、皆さんはまずどのような購入方法を思い浮かべるでしょうか?百貨店やフ…

おすすめ記事

ダイヤモンドのメンテナンス方法

美しく輝くダイヤモンド。いつまでもその輝きを維持しておきたいですよね?実はダイヤモンドは薬品などにも…

世界中で大ヒット!ダンシングストーンのダイヤモンドネックレスの魅力

ダンシングストーンをご存知でしょうか?そう、文字通り宝石が踊っているように動くセッティング方法なので…

どんなエンゲージリングが欲しいですか?

どのようなエンゲージリングが欲しいですか?

最も幸せなその瞬間とうとうこの時が来た。と同時にドキドキとワクワクが心の中をいっぱいにする。…

ゴールドジュエリー

海外では圧倒的に主流はゴールド

日本ではプラチナが好まれる傾向にありますが、海外では婚約指輪も結婚指輪もゴールドが主流です。日本…

ダイヤモンドのカラー

実は一つ一つ異なっているダイヤモンドのカラー

ダイヤモンドのカラーについてダイヤモンドのカラーは、どれも同じように見えるかもしれませんが、ひと…

ダイヤモンドのエタニティリングを結婚指輪に選ぶ理由

毎日つける結婚指輪だから、ちょっぴり贅沢したい!おふたりが、愛を誓いあう結婚式で交換する結婚指輪。結…

ダイヤモンドの4C「クラリティ」とは

クラリティについてダイヤモンドには4Cという評価基準がありますが、カットやカラー、カラットなどに…

シルバージュエリーについて

シルバーとシルバージュエリーについて

プラチナやゴールドにはまだ手が届かないけど、初めてのジュエリーとの出会いはシルバーだった、という人も…

ダイヤモンドジュエリーの魅力

ダイヤモンドジュエリーの魅力は永遠ですよね

婚約や結婚など人生の節目に選ばれるダイヤモンドジュエリー。身近に思えるダイヤモンドジュエリーです…

ダイヤモンドの誕生秘話

ダイヤモンドの誕生秘話

美しく輝く宝石の王様、ダイヤモンド。「磨けば光る石」と有名ですが、もともと何でできているどんな石なの…

エンゲージリング

  1. ダイヤモンドの結婚指輪を選ぼう
  2. ダイヤモンドリングの選び方
  3. 婚約指輪をネット通販で

購入のためのヒント

  1. 誕生石
  2. 鑑定書や鑑別書の基礎知識

ダイヤモンドの基礎知識

ダイヤモンドで資産運用?そのメリットとは

結婚指輪や婚約指輪にも選ばれる人気の宝石、ダイヤモンド。美しくまばゆい輝きを放つダイヤモンドは、特別…

カラーダイヤの評価~ファンシーダイヤモンドについて~

ダイヤモンドカラーについてダイヤモンドは無色透明な物から色のあるカラーダイヤまで様々な物がありま…

ダイヤモンドに関するお仕事

ジュエリーに関するお仕事あれこれ

ジュエリーショップに並ぶたくさんのジュエリーは、たくさんの人の手を介して商品となり、店頭に並んでいま…

ダイヤモンドピアスのセッティングには、どんな種類があるの?

耳元のアクセントに、さりげなく光るダイヤモンドピアスが欲しい!でも、いざ購入するとなると、色々と迷っ…

ダイヤモンドの鑑定書や鑑別書は必要?

鑑定書や鑑別書は必要か?宝石の本当の価値というのはプロでなければ見極めることは難しいものです。そ…

ダイヤモンド取引所とはどんなところ?

ダイヤモンド取引所とはどんなところ?

ダイヤモンド取引所についてダイヤモンドはカットされた後、世界の16か所にある「ダイヤモンド取引所…

ダイヤモンド業界の頂点に君臨するデ・ビアス社

エンゲージリングにも選ばれ人気の高い宝石の王様といっても過言ではないダイヤモンド。ダイヤモンドはなぜ…

ダイヤモンドジュエリーを長持ちさせるために

ダイヤモンドジュエリーを長持ちさせるために

ダイヤモンドジュエリーのお手入れとメンテナンスジュエリーのお手入れは、どうされていますか?きれい…

ダイヤモンドの誕生秘話

ダイヤモンドの誕生秘話

宝石といえばダイヤモンドと言っても過言ではないほど有名なダイヤモンドですが、どんな鉱物なのかなど詳し…

ダイヤモンドの採掘国はどこ?

ダイヤモンドはごく僅かの限られた場所でしか採掘されません。何故なら35億年から9億年前からある土地で…

  1. 海外セレブのダイヤモンド婚約指輪ストーリー
  2. マリッジリングの歴史とお作法、意味合いを理解しましょう
  3. ダイヤモンドの4Cとは

ダイヤモンドの4Cについて

  1. ダイヤモンドの価値評価
  2. ダイヤモンドの評価
  3. ダイヤモンドのカラー
  4. ダイヤモンドの透明度を決めるクラリティ
  5. 歴史から見るダイヤモンドのカット

ネット通販でダイヤモンドを選ぶ

ダイヤモンドの結婚指輪を通販で買うのはもはや常識

インターネットがすっかり普及した現代社会では、どんなものでもオンラインショップの通販で簡単に手に入れ…

ネット通販で楽しいダイヤモンド選び

ネット通販で楽しいダイヤモンド選び

最近ではお店で直接購入するだけでなく、インターネット上の通販を利用して手軽に商品を購入できるサービス…

PAGE TOP