ダイヤモンドの評価

ダイヤモンドの価値を決めるカラット

ダイヤモンドの価値を決めるカラット

ダイヤモンドといえばカラットと言われてもいい程4Cの中でも有名なカラット。
ですが、カラットの事を詳しく知る人は意外と少ないです。
今回は、カラットのいろいろについてお話ししたいと思います。

カラットって?

ダイヤモンドでよく聞くカラットですが、カラットとは重さの単位です。
1カラットは1グラムの10分の2、0,2gで1ctと表記されます。
1カラットは100ポイントに分割することができ、1ポイントは1カラットの100分の1です。
宝石商などでは1カラット以下のダイヤモンドをポイントだけで記述することもあります。
0,25カラットのダイヤモンドを25ポインターや25ポイントと呼ぶ、などです。
1カラットを超えるダイヤモンドの場合、例えば、1.07ctの場合は(イッテンゼロナナカラット)と呼びます。
ダイヤモンドは小数点以下百桁までの測定が可能となるので非常に精確な測定が出来ます。
1カラットの1000分の1(0.001カラット)にまで計量した後に一番近い100分の1、ポイントに四捨五入をします。
わずかに感じるカラット数の端数ですが、大変貴重なダイヤモンドであったり、高品質なダイヤモンドであれば、その端数が数百 、数千ドルもの価格差になることもあるのです。

原石から磨き出す際、カッターはまずカラットが大きく採れるようにカットを施します。
同じカラットのダイヤモンドでもその他のグレードによって価値が変わります。
全く同じカラットでも深さの寸法が違うダイヤモンドであればテーブル面の直径が異なります。
例えば、深さの寸法が浅いものはテーブル面の直径が大きく見た目には大きなダイヤモンドに見え一見価値の高いダイヤモンドのように思えるかもしれません。
ですが、効率よく光を反射するカット形状に値しない為、輝きが損なわれ評価も低くなります。
カットグレードの一定の基準に沿ったカットが施されたダイヤモンドでなければ、たとえ大きく見えるダイヤモンドであっても評価が下がり、価格も大きく落ちてしまうのです。

カラットはしばしば大きさや量を表すと間違われますが、カットにより大きさは変わるため、この認識は正しくありません。
例えば、0,1gのダイヤモンドが2つあるとします。
片方は厚さが薄く表面積が大きいもの。
もう片方は厚みがあって表面積小さいもの。
この表面積の大きさはカットデザインによって大きく変わります。
そのため、ぱっと見の大きさに違いがあるものでもカラットは同じということもありえます。
とは言うものの、カラットを大きさの単位と間違われるのにも理由があります。
ダイヤモンドの多くがラウンドブリリアントカットを施されており、また、4Cを意識して購入するのは一般的にエンゲージリングの場合が多いです。
4Cが適用されるのはラウンドブリリアントカットのダイヤモンドのみとなります。
ここでカラット数別のラウンドブリリアントカットの直径数を見てみましょう。
0.10ct = 3.0mm
0.20ct = 3.7mm
0.30ct = 4.3mm
0.50ct = 5.2mm
1.00ct = 6.5mm
このようにカラット数が大きくなれば直径が大きくなっていますので、カラットを大きさの単位だと勘違いされることが多いのも納得です。

カラット数=価格差?

クラリティ、カラー、カットの条件が同じダイヤモンドの場合、カラットの数字が大きいものほど高額になっていきますが、カラットが倍だから値段も倍とは言えません。
取り扱う業者の違いももちろんですが、ダイヤモンドはサイズが大きいほど希少価値が高くなり魅力的な為、割高の値段設定になることが多いのです。
例えば0,5カラットのダイヤモンドが173,000円の場合、倍の重さの1カラットのダイヤモンドが価格も倍で346,000円になる、とは限りません。
現在では1カラットのダイヤモンドは796,000円ほどとなり、0,5カラットのダイヤモンドの約4,3倍の価格となっています。
このように1カラットのダイヤモンドが4つで4カラットのものより、1つで4カラットのダイヤモンドは1カラット×4の価格よりも大幅に高額となるのです。

カラットの起源は?

0,2gが1カラットとされる現代のカラットシステムは、イナゴ豆から始まりました。
カラットの語源はカロブ(イナゴ豆)から由来していて、この豆の実はさやの中の位置に関係なく重さがほぼ均一となっています。
乾燥させると一粒が0.2gになり、昔はこの実を使って宝石の重量を計っていました。
ギリシャ語でこの豆をキャラテイオンと言いそこから、イナゴ豆=1カラットになったと言われます。

マジックサイズって?

ダイヤモンドには価格に大きく差が出るカラット数があります。
それに当たるカラット数は0,5カラット、0,75カラット、1カラットなどでそれらをマジックサイズと言われます。
例えば、0,95カラットのダイヤモンドと、1,01カラットのダイヤモンドでは視覚的には大きな差はありません。
ですが、1カラット以上のダイヤモンドを求める消費者としてはその差は大きいものです。
片方のダイヤモンドがマジックサイズの1カラットを超えることから、その重量がわずか6ポイントの差でも価格差は20%ほど生じることになります。
これを逆手に取り、1カラット近くのダイヤモンドを希望しているなら、0,99カラット以下のダイヤモンドを選ぶと1カラットを超えるダイヤモンドよりも割安に高品質なダイヤモンドが手に入ります。
マジックサイズにほど近いけれど、少しだけ届かないカラットのダイヤモンドはカラットの数にこだわりがない消費者にとっては、実はお買い得で狙い目なダイヤモンドとなるのです。

人気のカラット数は?

エンゲージリングなどに選ばれるのは、0,2カラットから0,4カラットが平均的だと言われます。
では、相場のカラットはどのくらいでしょうか?
最も多いのは0,2カラットから0,3カラットで、それの続くのは0,3カラットから0,4カラットです。
この結果を見ると、0,2カラットから0,4カラットで充分だとする人が多いようです。
このカラット数が小さいと感じるか大きいと感じるかは個人差があるとは思いますが、0.2カラット未満の層も1割程度はいるので、そう考えるとエンゲージリングのダイヤモンドはカラット数が大きいものでなければならない、とも言えないようです。

一般的にエンゲージリングで人気があるのは0,3カラットと言われています。
カラット数によりダイヤモンドのサイズも大きくなるので、あまりカラット数の大きいものだとデザインのバランスに影響してきます。
大き過ぎず小さ過ぎない0,3カラットは直径で言うと4,2mm程です。
見た目も華奢過ぎないので貧相に見えず、女性の指に収まりのいいジャストサイズと言えると思います。
また、0,3カラットだとデザインの種類が多くデザインの選択肢が広がることも要因の一つです。
ファッショナブルなデザイン、上品なエンゲージリングを選びたいなら0,3カラットのダイヤモンドがお勧めです。

いかがでしたでしょうか?
ダイヤモンドを選ぶ際によく耳にするカラットですが、実はちょっと違うように解釈していたり、意外と知らないことも多いです。
ですが、ダイヤモンドを購入する前に知っておくと、少しだけお得に質の良いダイヤモンドが手に入るかもしれません。
素敵なダイヤモンドとの出会いをお祈りしております。

関連記事

  1. 自分の外的要素に合ったネックレスとは?

    自分の外的要素に合ったネックレスとは?

  2. ゴールドのジュエリー

    素敵なゴールドジュエリーとの出会い

  3. 結婚指輪選び、6つのポイント

    いざ結婚指輪選び!6つのポイント

  4. マリッジリングの歴史とお作法、意味合いを理解しましょう

    マリッジリングの歴史とお作法、意味合いを理解しましょう

  5. 鑑定書・鑑別書

    知っているようで知らない、鑑別書・鑑定書とは?

  6. アントワープは世界最高のダイヤモンド取引所

  7. ダイヤモンドリングを買うポイント教えます

    ダイヤモンドのリングを買う!4つのポイント教えます

  8. 誕生石の楽しみ方

    誕生石の楽しみ方

ネット通販で購入

ダイヤモンドをネット通販で

ネット通販で数多くのダイヤモンドジュエリーに出会う

ダイヤモンドジュエリーを通販で購入する初めて私がジュエリーショップへダイヤモンドジュエリーを購入…

通販でダイヤモンドを購入する秘訣

ネット通販でダイヤモンドを購入する秘訣

通販でダイヤモンドを購入する秘訣とは?婚約・結婚指輪に。プレゼントや大切な記念日に。頑張った自分…

ネット通販で楽しいダイヤモンド選び

ネット通販で楽しいダイヤモンド選び

最近ではお店で直接購入するだけでなく、インターネット上の通販を利用して手軽に商品を購入できるサービス…

ダイヤモンドを通販で購入する場合知っておきたいこと

ダイヤモンドを通販で購入する場合に知っておきたいこと

最近ではお店で直接購入するだけでなく、インターネット上の通販を利用して手軽に商品を購入できるサービス…

ネット通販で購入する前に

ネット通販で購入する前に!ダイヤモンドの基本

数ある宝石の中で一番女性を虜にし、プレゼントして心から喜ばれる宝石と言えば、ダイヤモンドです。また、…

ダイヤモンドの結婚指輪を通販で買うのはもはや常識

インターネットがすっかり普及した現代社会では、どんなものでもオンラインショップの通販で簡単に手に入れ…

ダイヤモンドを通販で購入するってどうなの

ダイヤモンドを通販で購入してみる

ダイヤモンドを通販で購入してみませんか?数ある宝石の中でも格別な美しい輝きを放ち、王者の風格が漂…

婚約指輪をネット通販で

ネット通販で婚約指輪を一緒に選びましょう

一粒の輝くダイヤモンドの入った小さな箱をパカッとした開いた瞬間、女性は思わず口に手を当てる風景を皆様…

ダイヤモンドジュエリーをネット通販で選ぶコツ

ダイヤモンドジュエリーをネット通販で選ぶコツ

ダイヤモンドの購入を考えた時、皆さんはまずどのような購入方法を思い浮かべるでしょうか?百貨店やフ…

おすすめ記事

ダイヤモンドピアスを購入する前に

ダイヤモンドピアスを購入する前に

ピアスの歴史は、古く日本では縄文時代には耳飾りが発見されています。当初は耳の穴から悪魔が入ってくるの…

ダイヤモンドジュエリーの魅力とは

ダイヤモンドジュエリーの魅力とは?

ダイヤモンドジュエリーの魅力ジュエリーの魅力。それは「ダイヤモンドジュエリーの魅力」と言ったら言…

ダイヤモンドリングの選び方

ダイヤモンドリングの魅力や種類

永遠の輝きを持つ、美しいダイヤモンドは女性のあこがれですね。リング(指輪)は、数あるジュエリーのアイ…

ダイヤモンドの輝きはカットで決まる

ダイヤモンドを買う時に付属している鑑定書。そこには、ダイヤモンドの4C評価の結果が詳しく記載されてい…

世界で最も大きなダイヤモンドの産地

ダイヤモンドの原石は、どんな場所でも見つかるというわけではありません。とはいえ、人々が必死になって探…

カラーダイヤモンドを知りましょう

カラーダイヤモンドを知りましょう!

ダイヤモンドと一口に言っても実は様々なカラーが存在します。今回は鑑定書で使われる基準のカラーとともに…

婚約指輪(エンゲージリング)と結婚指輪(マリッジリング)の違いって?

エンゲージリングは多くの場合、女性は男性からプロポーズや婚約の際に渡される指輪のことです。しかしこの…

知らなかった!良質な金を選ぶための豆知識と歴史について

金は人類にとって最も関わりの古い金属といっても過言ではありません。現代でも多くの装飾品に金は使われ、…

持っていたいのはダイヤモンドの鑑定書?それとも鑑別書?

ダイヤモンドジュエリーを購入する時には、鑑定書も一緒にもらっておくのが一般的です。それでは、この「鑑…

ダイヤモンドをネット通販で

ネット通販で数多くのダイヤモンドジュエリーに出会う

ダイヤモンドジュエリーを通販で購入する初めて私がジュエリーショップへダイヤモンドジュエリーを購入…

エンゲージリング

  1. 結婚指輪を選ぶ
  2. ダイヤモンドリングの選び方
  3. ダイヤモンドの結婚指輪を選ぼう

購入のためのヒント

  1. 自分の外的要素に合ったネックレスとは?
  2. プラチナ

ダイヤモンドの基礎知識

ダイヤモンド業界の頂点に君臨するデ・ビアス社

エンゲージリングにも選ばれ人気の高い宝石の王様といっても過言ではないダイヤモンド。ダイヤモンドはなぜ…

4C以外のカットの種類と魅力

カットについてダイヤモンドのカットで一番有名なのは4C評価の対象にもなっているラウンドブリリアン…

良いインクルージョンと避けたほうがいいインクルージョン

良いインクルージョンと避けたほうがいいインクルージョン

クラリティ評価の下がる要因として言われるインクルージョンですが、目に見えてしまうインクルージョンがダ…

ダイヤモンドの価値評価

ダイヤモンドの価値はどのように評価されるの?

宝石といえば?と聞くと必ず出てくるほど有名なダイヤモンド。身近な存在なようで実は知らないことが多…

そもそもダイヤモンドとは?知らなかった生成過程について!

ジュエリーやマリッジリングとして使用されるダイヤモンドですが、宝石そのものの生成の過程や歴史、神話、…

ダイヤモンドを下取りしてもらうためのヒント

サザビーズやクリスティーズなどの大手オークションハウスなどでは、ダイヤモンドが記録的な価格で落札され…

古代インドで始まったダイヤモンドの歴史

婚約や結婚指輪として使われるダイヤモンドは、ラブストーリーを彩る大切な脇役として欠かせないアイテムで…

ダイヤモンドの4C「クラリティ」とは

クラリティについてダイヤモンドには4Cという評価基準がありますが、カットやカラー、カラットなどに…

ダイヤモンドで資産運用?そのメリットとは

結婚指輪や婚約指輪にも選ばれる人気の宝石、ダイヤモンド。美しくまばゆい輝きを放つダイヤモンドは、特別…

ダイヤモンド取引所とはどんなところ?

ダイヤモンド取引所とはどんなところ?

ダイヤモンド取引所についてダイヤモンドはカットされた後、世界の16か所にある「ダイヤモンド取引所…

  1. ネックレス選びで大切な5つのこと
  2. ダイヤモンドの価値評価
  3. 誕生石の楽しみ方
  4. ダイヤモンドの結婚指輪を選ぼう

ダイヤモンドの4Cについて

  1. ダイヤモンドの透明度を決めるクラリティ
  2. 歴史から見るダイヤモンドのカット
  3. ダイヤモンドのカット
  4. ダイヤモンドのインクルージョンとは
  5. ダイヤモンドの価値を決めるカラット
  6. ダイヤモンドの評価
  7. カラーダイヤモンドを知りましょう

ネット通販でダイヤモンドを選ぶ

婚約指輪をネット通販で

ネット通販で婚約指輪を一緒に選びましょう

一粒の輝くダイヤモンドの入った小さな箱をパカッとした開いた瞬間、女性は思わず口に手を当てる風景を皆様…

ダイヤモンドをネット通販で

ネット通販で数多くのダイヤモンドジュエリーに出会う

ダイヤモンドジュエリーを通販で購入する初めて私がジュエリーショップへダイヤモンドジュエリーを購入…

PAGE TOP