婚約指輪・結婚指輪

いよいよ婚約!指輪はどうする?

初めての婚約指輪選び

婚約指輪の種類と選び方

「婚約指輪」は一生に一度の宝物ですから、本当に気に入ったものを選びたいですね。ただ、馴染みがないとどんなものを選んだらいいのか、自分はどんなデザインが好きなのか、ということがなかなかイメージしにくいのではないかと思います。婚約指輪と言えばダイヤモンドが主流ですが、婚約指輪のこと、ダイヤモンドの特性などを知って、一生の宝物となる指輪を探してみてくださいね。

「婚約指輪ってどうやって選べばいいの?」「給料3か月分って本当?」「婚約指輪にはどんなものがあるの?」などという様々な疑問についてまとめました。

婚約指輪とは?

結婚が決まってから用意する指輪には「婚約指輪(エンゲージリング)」と「結婚指輪(マリッジリング)」があります。「どう違うの?」と思われるかもしれませんが、「婚約指輪」は結納の時に男性から女性に贈るもの、「結婚指輪」は夫婦になる二人がペアで揃え、結婚式の指輪の交換に使うものです。

婚約指輪はダイヤモンドが主流

婚約指輪は、男性から女性に婚約を記念して贈るもので、ダイヤモンドが主流です。なぜダイヤモンドかというと、いくつかの理由があります。それは、「ダイヤモンドは地球上に存在する一番強固な天然の鉱物である」ということや、美しさと希少性です。無色透明な輝きが「純潔」を意味し、硬い鉱物で傷つくことなく輝き続けることから「永遠の愛」を象徴するとされ、「婚約指輪=ダイヤモンド」が定着しました。

絶対に用意しなくてはならないの?

婚約指輪を必ず用意しなくてはならないという決まりはありませんが、一生に一度の大切な記念になりますので、なにかを形にして残したいですね。「記念の形」が必ずしも婚約指輪である必要はありません。結婚するお二人の価値観やライフスタイルで、決めていいのではないでしょうか。

相場はいくらぐらい?

「婚約指輪は給料の3か月分」と言われていた頃もありましたが、今の平均購入金額は35万9000円。一般的に多い価格帯は20万~40万円です。10万円ごとの価格帯で見ると、第1位は10~20万円で24%、第2位は20~30万円で21%、第3位は30~40万円で20%と大きな差はありません。上には上があってきりがありませんから、平均すると36万円ぐらいになるのでしょう。

いつごろ用意すればいいの?

結納や家族の顔合わせなど、お披露目をする機会があれば、その2か月ぐらい前にはオーダーしましょう。多くの人が結婚式の半年前に、家族の顔合わせをするそうです。婚約指輪は、オーダーしてから1か月から3か月かかるので、日程に余裕を持ちましょう。

どんな指輪を選べばいいの?

一番人気はダイヤモンドとプラチナの指輪です。昔は誕生石を婚約指輪にする人もいましたが、現在は9割以上の人が、ダイヤモンドを選んでいます。無色透明のダイヤモンドを、より美しく見せてくれるのがプラチナの土台です。相場から、最も多く選ばれているのが0.3カラット台のダイヤモンドだということになります。

ダイヤモンドの価値を決める「4C」とは?

ダイヤモンドの価値はどこで決まるのでしょうか?「4C」と呼ばれる「カラット・カラー・クラリティ・カット」について、簡単にご説明します。
「カラット」
石の重さを表す単位を「カラット」といって、1カラットは「1ct」と表記します。1ctは0.2gに相当します。

「カラー」
ダイヤモンドのカラーのグレードは「ダイヤモンド」の「D」から始まり、Zまでの23段階に階級付けされています。無色でもっとも美しいとされているのが「Dカラー」です。

「クラリティ」
クラリティとは石の透明度を表します。透明度は、ダイヤモンドにどれだけ天然の内包物(インクルージョン)が入っているかということや、傷の大きさ、位置、数、色や性質について、拡大鏡で見て階級付けされます。ほとんどの傷や内包物は、専門家が拡大鏡で見ないと確認できません。

グレードの高いものから、「FL(flawless)」「IF(internally flawless)」「VVS1(very very slightly included)」「VVS2」「VS1 (very slightly included)」「VS2」「SI1 (slightly included)」「SI2」「I1(included)」「I2」「I3」と階級付けをしています。

「カット」
ダイヤモンドのカットを評価して、階級付けをします。グレードの高い順から「excellent」「very good」「good」「fair」「poor」の5段階です。

ダイヤモンドには鑑定書がついています

ある一定以上のグレードのダイヤモンドには、鑑定書(ダイヤモンドグレーディングレポート)がついています。厳しい国際基準をクリアし、品質が保証されたダイヤモンドだという証拠です。世界的に有名な宝石の鑑定機関は、GIA「米国宝石学会」、HRD(ダイヤモンド・ハイ・カウンセル)、日本国内ではCGL (中央宝石研究所)、AGT(AGTジェムラボラトリー、GIAジャパン)などです。

ダイヤモンド選びのポイントは?

ダイヤモンド選びにいちばん重要なのは「カット」だと言われています。なぜなら、カラーとクラリティのグレードが高くても、ダイヤモンドの輝きを美しく見せてくれるカットが低品質ではくすんで見えてしまうからです。ご予算内でカットのいいものを選びたいですね。次に重視したいのが「カラー」です。「クラリティ」に関しては、肉眼で傷や内包物が見えないものを選ぶといいでしょう。

ダイヤモンドのシェイプ

シェイプとは、ダイヤモンドの形です。圧倒的に人気があるのは「ラウンド」、つまり丸型です。そのほかには、プリンセス・エメラルド・ペア・ハートなど数十種類のシェイプがあります。「ダイヤモンドと言えばこれ」という定番なのが「ラウンドブリリアントカット」で、もっともダイヤモンドを美しく見せてくれるというカットです。

素材について

プラチナ
婚約指輪の素材として、もっとも使われているのがプラチナです。ダイヤモンドを美しく引き立ててくれる、汗や酸に強く強固な金属であるという理由からです。プラチナは「pt」と表記し、最高純度の純プラチナはpt1000です。純プラチナは柔らかすぎるため、pt950やpt900が使われることがほとんどです。シルバーの白さとは違い、やや黒い渋みのある輝きがプラチナの特徴です。

ゴールド
日本人の肌の色によく馴染むゴールド(金)は、プラチナに次ぐ人気があります。金の純度は「K」で表記されます。純金は「K24」ですが、プラチナと同様に純金は柔らかすぎるため、K18(18金)がいちばんよく使われています。ゴールドの指輪は、明るい華やかな印象です。

指輪のデザインは?

昔は婚約指輪と言えば「立て爪リング」と呼ばれる、爪で一粒石を留める方法が定番でしたが、今はいろいろなデザインのものがあります。メインのダイヤモンドの周りを小さなメレダイヤで囲んだものや、アームの形もストレートなタイプのほかに、V字、S字、X字などがあります。

既製品を買う?オーダーする?

既製品は、ダイヤモンドが指輪にセットされた完成品として店頭に並んでいるので、実際に身に着けてみることができるという安心感があります。予算が決まっている人には、ダイヤモンドと指輪の枠をそれぞれ選び、製品に加工してもらう「セミオーダー」のシステムも人気です。「デザインから自分で考えたい」というこだわりのある人は、「フルオーダー」で職人さんに手作りしてもらうこともできます。

婚約指輪はどこで買う?

ジュエリーショップで購入するほかに、ネット通販でも購入することができます。ネット通販は、実物を手に取って見ることができないというデメリットはありますが、お店のコストがかからない分、お安く購入することができます。同じ予算内で、よりグレードの高い指輪を買うという賢いお買い物も、ネット通販なら可能です。婚約指輪がどんなものか、なんとなくおわかりいただけたでしょうか?なににこだわりたいかポイントを絞って、自分の好きな指輪のイメージをしてみてくださいね。指輪との出会いも一期一会。一生ものの宝物との出会いをお祈りしています。

関連記事

  1. 歴史から見るダイヤモンドのカット

    歴史から見るダイヤモンドカット

  2. エンゲージリングの意味や歴史

  3. ダイヤモンドのクラリティ

    ダイヤモンドのクラリティってなんだ??

  4. 婚約指輪を選ぶポイント

    迷う婚約指輪選び!ポイントを教えます

  5. ダイヤモンドリングの種類と選び方

  6. ダイヤモンドリングの選び方

    ダイヤモンドリングの魅力や種類

  7. ダイヤモンドを通販で購入するってどうなの

    ダイヤモンドを通販で購入してみる

  8. ダイヤモンドを通販で購入する場合知っておきたいこと

    ダイヤモンドを通販で購入する場合に知っておきたいこと

ネット通販で購入

婚約指輪をネット通販で

ネット通販で婚約指輪を一緒に選びましょう

一粒の輝くダイヤモンドの入った小さな箱をパカッとした開いた瞬間、女性は思わず口に手を当てる風景を皆様…

ダイヤモンドの結婚指輪を通販で買うのはもはや常識

インターネットがすっかり普及した現代社会では、どんなものでもオンラインショップの通販で簡単に手に入れ…

ネット通販で購入する前に

ネット通販で購入する前に!ダイヤモンドの基本

数ある宝石の中で一番女性を虜にし、プレゼントして心から喜ばれる宝石と言えば、ダイヤモンドです。また、…

通販でダイヤモンドを購入する秘訣

ネット通販でダイヤモンドを購入する秘訣

通販でダイヤモンドを購入する秘訣とは?婚約・結婚指輪に。プレゼントや大切な記念日に。頑張った自分…

ダイヤモンドをネット通販で

ネット通販で数多くのダイヤモンドジュエリーに出会う

ダイヤモンドジュエリーを通販で購入する初めて私がジュエリーショップへダイヤモンドジュエリーを購入…

ネット通販で楽しいダイヤモンド選び

ネット通販で楽しいダイヤモンド選び

最近ではお店で直接購入するだけでなく、インターネット上の通販を利用して手軽に商品を購入できるサービス…

ダイヤモンドジュエリーをネット通販で選ぶコツ

ダイヤモンドジュエリーをネット通販で選ぶコツ

ダイヤモンドの購入を考えた時、皆さんはまずどのような購入方法を思い浮かべるでしょうか?百貨店やフ…

ダイヤモンドを通販で購入する場合知っておきたいこと

ダイヤモンドを通販で購入する場合に知っておきたいこと

最近ではお店で直接購入するだけでなく、インターネット上の通販を利用して手軽に商品を購入できるサービス…

ダイヤモンドを通販で購入するってどうなの

ダイヤモンドを通販で購入してみる

ダイヤモンドを通販で購入してみませんか?数ある宝石の中でも格別な美しい輝きを放ち、王者の風格が漂…

おすすめ記事

ダイヤモンドを通販で購入する場合知っておきたいこと

ダイヤモンドを通販で購入する場合に知っておきたいこと

最近ではお店で直接購入するだけでなく、インターネット上の通販を利用して手軽に商品を購入できるサービス…

ゴールドのジュエリー

素敵なゴールドジュエリーとの出会い

皆様はゴールドまたは、金と聞くと何を思い浮かべますか。延べ棒、喜平ネックレス、コイン、ネック…

鑑定書や鑑別書の基礎知識

鑑定書と鑑別書の基礎知識

鑑定書や鑑別書と耳にはするものの、違いがよく分からないし、必要なものなのかも分からなくてぼんやりして…

使わなくなったダイヤモンドジュエリーを売ってみよう

使わなくなったダイヤモンドジュエリーを売ってみよう

使わなくなってしまったダイヤモンドジュエリーを売りたい、下取りに出したい…そんな時はどうしたらいいの…

オーダーメイドのダイヤモンドジュエリー

オーダーメイドのダイヤモンドジュエリー

素敵なジュエリーを探して歩くのも楽しいですが、自分の好きなように想像したジュエリーを身に着けることが…

そもそもダイヤモンドとは?知らなかった生成過程について!

ジュエリーやマリッジリングとして使用されるダイヤモンドですが、宝石そのものの生成の過程や歴史、神話、…

カラーダイヤモンドを知りましょう

カラーダイヤモンドを知りましょう!

ダイヤモンドと一口に言っても実は様々なカラーが存在します。今回は鑑定書で使われる基準のカラーとともに…

長年愛されるシルバー

SVやAGと表記される、白い輝きが魅力の銀は昔から宝飾品に使われ愛されてきました。産出量も比較的多い…

ダイヤモンドの採掘国はどこ?

ダイヤモンドはごく僅かの限られた場所でしか採掘されません。何故なら35億年から9億年前からある土地で…

男性も楽しめるダイヤモンド

美しい輝きを放つ、誰もが魅了される宝石、ダイヤモンド。ダイヤモンドというと女性向けというイメージが強…

エンゲージリング

  1. ダイヤモンドリングを買うポイント教えます
  2. 婚約指輪と結婚指輪の違いは分かりますか?
  3. ダイヤモンドの結婚指輪を選ぼう

購入のためのヒント

  1. ダイヤモンドジュエリーの魅力
  2. エンゲージリング
  3. プラチナ

ダイヤモンドの基礎知識

古代インドで始まったダイヤモンドの歴史

婚約や結婚指輪として使われるダイヤモンドは、ラブストーリーを彩る大切な脇役として欠かせないアイテムで…

ダイヤモンドの鑑定書や鑑別書は必要?

鑑定書や鑑別書は必要か?宝石の本当の価値というのはプロでなければ見極めることは難しいものです。そ…

宝石鑑定士という仕事

宝石鑑定士という仕事

「宝石バイヤーになって世界中を駆け巡り、宝石の買い付けをしたい」「ダイヤモンドの鑑定をしたい」「ジュ…

ダイヤモンドのリユースについて

ダイヤモンドのリユースについて

「リユース」という言葉を聞いたことがあるかと思いますが、ダイヤモンドがリユースできることをご存知です…

鑑定書や鑑別書の基礎知識

鑑定書と鑑別書の基礎知識

鑑定書や鑑別書と耳にはするものの、違いがよく分からないし、必要なものなのかも分からなくてぼんやりして…

カラーダイヤモンドについて

ダイヤモンドといえば無色・透明の宝石を思い浮かべると思いますが、実はダイヤモンドは無色だけでなく、さ…

男性のためのダイヤモンドジュエリー

男性のためのダイヤモンドジュエリー

ダイヤモンドジュエリーは女性のためのもの?いいえ、そんなことはありません。「ダイヤモンドは男性の石だ…

そもそもダイヤモンドとは?知らなかった生成過程について!

ジュエリーやマリッジリングとして使用されるダイヤモンドですが、宝石そのものの生成の過程や歴史、神話、…

ダイヤモンドの結婚指輪を贈る

結婚指輪にはダイヤモンドリングを

一生の記念となる大切な日。家族や友人たちの前で愛を誓う瞬間。結婚指輪は、この瞬間から一生身に着けてい…

ダイヤモンドの透明度を決めるクラリティ

ダイヤモンドの透明度を決めるクラリティ

ダイヤモンドのクラリティ(透明度)とはインクルージョン(内包物)がない透明度の程度を表します。…

シルバージュエリーについて
  1. ダイヤモンドジュエリーの魅力とは
  2. 男性のためのダイヤモンドジュエリー
  3. ダイヤモンドジュエリーの魅力
  4. 知られざるダイヤモンドの歴史について
  5. 海外セレブのダイヤモンド婚約指輪ストーリー

ダイヤモンドの4Cについて

  1. ダイヤモンドのカラー
  2. カラーダイヤモンドを知りましょう
  3. ダイヤモンドの価値を決めるカラット
  4. ダイヤモンドの透明度を決めるクラリティ
  5. ダイヤモンドの評価
  6. ダイヤモンドのクラリティ

ネット通販でダイヤモンドを選ぶ

ダイヤモンドの結婚指輪を通販で買うのはもはや常識

インターネットがすっかり普及した現代社会では、どんなものでもオンラインショップの通販で簡単に手に入れ…

ダイヤモンドジュエリーをネット通販で選ぶコツ

ダイヤモンドジュエリーをネット通販で選ぶコツ

ダイヤモンドの購入を考えた時、皆さんはまずどのような購入方法を思い浮かべるでしょうか?百貨店やフ…

PAGE TOP