ジュエリーの種類

婚約指輪(エンゲージリング)と結婚指輪(マリッジリング)の違いって?

エンゲージリングは多くの場合、女性は男性からプロポーズや婚約の際に渡される指輪のことです。しかしこのエンゲージリングはマリッジリング(結婚指輪)とどのように違うのかあまり知られていないこともあるようです。他にも使用されるダイヤの種類、カラーストーンのことなど一生に何度もない記念ですから知っておいた方が良いことがたくさんあります。
そこで今回はそんなエンゲージリングについての情報をまとめました。

婚約指輪(エンゲージリング)と結婚指輪(マリッジリング)の違い

前記した通り婚約指輪はプロポーズや結納のお披露目の際に使用されるリングです。一方結婚指輪は教会などで式を挙げる際にお互いが愛の証として交換するリングです。婚約指輪は華やかな物で宝石などが飾られているリングも多いのですが、結婚指輪はそれに対して場合によってはリングのみ、もしくは宝石がついていても邪魔にならない程度になっていることが多いようです。これは結婚指輪の方は日常的に毎日指にはめていることが多いということが理由のようです。結婚指輪の方は結婚後の家事なども含めた仕事を妨げにくい物が付けやすいとされているからです。ですから婚約指輪は華やかに結婚指輪はシンプルにという風にするのもおすすめの選び方です。

エンゲージリングの歴史について

人類最古の婚約指輪は古代エジプトにあるとされています。この指輪は太陽や月を模った円形のリングで継ぎ目がありませんでした。これは完全無欠、エンドレスなどの意味を持ち愛する人を永遠に守ると信じられていたそうです。紀元前1世紀頃の古代ローマでは婚約相手に鉄の輪が渡されていました。これは男女同士だけでなく家同士の契約である婚約を破らないようにという拘束的な意味合いもあったようです。その後、鉄は金に変わり中世頃になると今のような宝石で飾られた指輪となりました。日本には明治時代頃に広まったようです。このように多少の意味は違っても古くから婚約指輪は約束という意味合いが強いリングだったようです。

婚約指輪にもダイヤモンドが多いのはなぜか

最近ではダイヤ以外の宝石も使用されるようになりましたが、やはり主役とも言えるのは宝石の王様ダイヤモンドです。婚約指輪に使う石には9割以上の人がダイヤを使用するという不動の人気を誇ります。
しかしなぜダイヤが婚約指輪を始め婚姻関係の指輪によく使われるのでしょうか。これはダイヤという宝石は世界一硬い石であるとされることから固い絆を意味していたり、その輝きの強さからいつまでも色あせない愛などを連想させるからです。ダイヤモンドには宝石言葉では硬さには「固い絆」透明度には「ピュアな愛」という意味もあるそうです。

婚約指輪(エンゲージリング)の注文と価格

婚約指輪は基本的にオーダーメイドであり既製品を買うということはほとんどないようです。つまり婚約指輪は注文が来てから制作される物という風に考えておいた方がよいでしょう。当日、急にプロポーズしようと考えても指輪は簡単に購入できないという風に考えておきましょう。納期については遅くても5週間ほどかかるのでプロポーズの日にちなどを事前に考えて制作した方はいいかもしれません。価格は物によってまちまちですが、かつては大手宝石会社のCMのキャッチコピーで給料3カ月分などとも言われていました。しかし現在の平均購入価格は20万~40万円ぐらいであると言われています。一方結婚指輪の平均価格はペアで20万から25万ぐらいのようです。場所によっては既存のリングにアレンジをしてくれるセミオーダーと、一からこだわりのリングを制作できるフルオーダーの2種類を選べる場合もあるようです。

婚約指輪はプロポーズや両家の親戚が集まる結納の儀などの日までに用意できるようにしましょう。また購入時にはそのお店の指輪に対するアフターケア(サイズ直し、クリーニング対応)の有無などもよく見ておきましょう。

王道のダイヤモンドにも無色透明以外のカラーが

婚約指輪で一番よく使用されるのはやはり無色透明のダイヤですが、実はダイヤモンドにもピンク、ブラウン、ブルー、グリーン、オレンジ、黄、ゴールド、パープルなど様々な色があるのです。よく売られている物で稀少なのはピンクダイヤでその可愛らしいイメージから近年婚約指輪として人気になっています。一方、ブラウンもよく見る色ですが、こちらは無色ダイヤよりは低めの価値で値段設定されていることが多いようです。しかしながらその落ち着いた色合いからシャンパンカラーなどと呼ばれ一部の人から愛好されているダイヤでもあります。年齢を経ても自然に付けられる色であるともいえるでしょう。
その他のカラーダイヤについては天然カラーのものは無色以上に希少である場合もあります。販売店には普通のダイヤを後で染めた物も存在していますので注意しましょう。
以下にカラーダイヤの主な宝石言葉をまとめましたので参考にしてみてください。

  • レッド・・慈愛、慈愛に満ちた想い
  • グリーン・・大地の恵みに包まれたような安らぎ
  • ブルー・・オーシャンブルーは包容力、海のような豊かさ、アイスブルーは晴れやかな心で永遠の愛を誓う、スカイブルーは晴れ晴れと爽やかに生きる
  • オレンジ・・調和、成熟、柔らかで穏やかな心
  • 黄色・・穏やかな心、喜びを届ける女性、無邪気、希望
  • ゴールド・・色あせない輝き
  • パープル・・上品で優しい華やかな女性
  • ブラウン・・大地の色、安定、家庭の基盤を築く

などとなります。自分達の目指したい理想の過程や姿、もしくは贈る女性のイメージに合わせて贈るのも素敵かもしれません。

婚約指輪にはダイヤ以外の宝石を使用してもよい

上記のようなダイヤモンドだけでなく婚約指輪にはそれ以外の宝石を使用する場合もあります。選び方としては誕生石や思い出にちなんだ石を選ぶなどの方法があります。最近のよく知られている例としてはイギリス王室のキャサリン妃のブルーサファイヤが有名でしょう。彼女の指輪は夫の母であるダイアナ妃から受け継いだ物で、そのクラシカルで上品な雰囲気が非常に彼女に良く似合っています。またヨーロッパなどの西洋では花嫁が何か青い物を身に付けると幸せになれるというサムシングブルーという言い伝えもあるのです。このようにどんな宝石を使用しても基本的にはかまわないのですが、一つ注意しておきたいのはやはり結婚関係に使用する石なので割れやすい、もしくは傷のつきやすい物などは避けた方がよいということです。以下にダイヤ以外に婚約指輪に使用されることが多い宝石とその宝石言葉を記載しました。

  • ブルーサファイヤ・・幸運、高潔、誠実、崇高
  • ルビー・・優雅、愛の炎
  • エメラルド・・安定、明晰、満足、喜び
  • イエロー、ピンクなどのファンシーサファイア・・イエローは自信、目標達成、幸運などを表し、ピンクは可愛らしさや可憐さを表すようです。
  • オパール・・創造力、活力、純粋無垢
  • アメシスト・・心の平和、調和

まとめ

いかがでしたか?婚約指輪(エンゲージリング)は歴史やいわれ、宝石の種類なども様々な物がありましたね。婚約指輪の方はシンプルなデザインにする人が多いようですから、こちらはぜひ個性を出したものにしてみてはいかがでしょうか。後々、思い返して素敵な気分になれる婚約指輪をぜひ選んでみてください。

参考
https://liginc.co.jp/life/useful-info/102691
https://www.lazarediamond.jp/column/category02/
https://marry-xoxo.com/articles/2556
https://matome.naver.jp/odai/2138371822725868101

関連記事

  1. ダイヤモンドピアス

    耳元のおしゃれ ~ダイヤモンドピアス

  2. ダイヤモンドジュエリーを選ぶ

    ダイヤモンドジュエリーを選んでみよう

  3. ダイヤモンドピアスを選ぶ5つのルール

    ダイヤモンドピアスを選ぶための5つのルール

  4. ダイヤモンドのクラリティ評価の違いとは?

  5. ダイヤモンドの価値評価

    ダイヤモンドの価値はどのように評価されるの?

  6. 鑑定書や鑑別書の基礎知識

    鑑定書と鑑別書の基礎知識

  7. 結婚指輪を選ぶ

    結婚指輪選びのポイントを教えます

  8. プラチナ

    やはりプラチナを選びたい!

ネット通販で購入

ダイヤモンドを通販で購入する場合知っておきたいこと

ダイヤモンドを通販で購入する場合に知っておきたいこと

最近ではお店で直接購入するだけでなく、インターネット上の通販を利用して手軽に商品を購入できるサービス…

ネット通販で楽しいダイヤモンド選び

ネット通販で楽しいダイヤモンド選び

最近ではお店で直接購入するだけでなく、インターネット上の通販を利用して手軽に商品を購入できるサービス…

婚約指輪をネット通販で

ネット通販で婚約指輪を一緒に選びましょう

一粒の輝くダイヤモンドの入った小さな箱をパカッとした開いた瞬間、女性は思わず口に手を当てる風景を皆様…

通販でダイヤモンドを購入する秘訣

ネット通販でダイヤモンドを購入する秘訣

通販でダイヤモンドを購入する秘訣とは?婚約・結婚指輪に。プレゼントや大切な記念日に。頑張った自分…

ダイヤモンドをネット通販で

ネット通販で数多くのダイヤモンドジュエリーに出会う

ダイヤモンドジュエリーを通販で購入する初めて私がジュエリーショップへダイヤモンドジュエリーを購入…

ダイヤモンドジュエリーをネット通販で選ぶコツ

ダイヤモンドジュエリーをネット通販で選ぶコツ

ダイヤモンドの購入を考えた時、皆さんはまずどのような購入方法を思い浮かべるでしょうか?百貨店やフ…

ダイヤモンドを通販で購入するってどうなの

ダイヤモンドを通販で購入してみる

ダイヤモンドを通販で購入してみませんか?数ある宝石の中でも格別な美しい輝きを放ち、王者の風格が漂…

ネット通販で購入する前に

ネット通販で購入する前に!ダイヤモンドの基本

数ある宝石の中で一番女性を虜にし、プレゼントして心から喜ばれる宝石と言えば、ダイヤモンドです。また、…

ダイヤモンドの結婚指輪を通販で買うのはもはや常識

インターネットがすっかり普及した現代社会では、どんなものでもオンラインショップの通販で簡単に手に入れ…

おすすめ記事

ダイヤモンドのインクルージョンとは

ダイヤモンドのインクルージョンとは???

ダイヤモンドのインクルージョンについて地中深く、太古からの長い年月をかけて形成されるダイヤモンド…

ダイヤモンドの取引所にまつわるお話

世界中で採掘されているダイヤモンドですが、ダイヤモンドを取引している場所は世界中で16ヶ所あります。…

定番から最新のトレンドまで!ダイヤモンドリングのデザインとは?

定番から最新のトレンドまで!ダイヤモンドリングのデザインとは?

ダイヤモンドリングを買いたいけれど、色々なデザインがあって迷ってしまう。自分に似合う指輪とは?普段用…

プラチナ

やはりプラチナを選びたい!

白い光沢を持ち、銀色に輝く「プラチナ」とても美しいですね。日本では、別名「白金」…

ダイヤモンドのカラーグレードの意味について知ろう

鑑定書で記載されている4C(カラット、カラー、クラリティ、カット)の評価のひとつに、カラーの評価があ…

ダイヤモンドの価値評価

ダイヤモンドの価値はどのように評価されるの?

宝石といえば?と聞くと必ず出てくるほど有名なダイヤモンド。身近な存在なようで実は知らないことが多…

世界で最も有名なダイヤモンド婚約指輪

王室や女優などといった有名人が婚約した、という話題が持ち上がると、必ず注目を浴びるのが婚約指輪です。…

自分の外的要素に合ったネックレスとは?

自分の外的要素に合ったネックレスとは?

首元でキラリと輝くダイヤモンドネックレス。ちょっとしたお洒落のアクセントや、パーティでのきらめく主役…

ダイヤモンドの結婚指輪を選ぼう

いざ結婚指輪を選ぶ!

結婚指輪の種類と選び方は?結婚が決まったら、結婚式のこと、新生活のことなど決めることが山ほどたく…

ダイヤモンド産業とデビアス社

ダイヤモンド産業とデビアス社

ダイヤモンドの流通には欠かせない「デビアス社」。テレビCMや雑誌の広告で、名前を目にしたことがあるの…

エンゲージリング

  1. ダイヤモンドの結婚指輪を贈る
  2. 婚約指輪をネット通販で

購入のためのヒント

  1. ダイヤモンドの透明度を決めるクラリティ

ダイヤモンドの基礎知識

オーダーメイドのダイヤモンドジュエリー

オーダーメイドのダイヤモンドジュエリー

素敵なジュエリーを探して歩くのも楽しいですが、自分の好きなように想像したジュエリーを身に着けることが…

ダイヤモンドジュエリーを選ぶ

ダイヤモンドジュエリーを選んでみよう

ダイヤモンドジュエリーの選び方初めてダイヤモンドジュエリーを身に付けた時、大人になった自分にワク…

ダイヤモンドの用途について

ダイヤモンドと聞くと、美しい光を放つ宝飾品を思い浮かべるのではないでしょうか?宝石として使われるダイ…

ダイヤモンドの透明度を決めるクラリティ

ダイヤモンドの透明度を決めるクラリティ

ダイヤモンドのクラリティ(透明度)とはインクルージョン(内包物)がない透明度の程度を表します。…

シルバージュエリーについて

シルバーとシルバージュエリーについて

プラチナやゴールドにはまだ手が届かないけど、初めてのジュエリーとの出会いはシルバーだった、という人も…

良いインクルージョンと避けたほうがいいインクルージョン

良いインクルージョンと避けたほうがいいインクルージョン

クラリティ評価の下がる要因として言われるインクルージョンですが、目に見えてしまうインクルージョンがダ…

古代インドで始まったダイヤモンドの歴史

婚約や結婚指輪として使われるダイヤモンドは、ラブストーリーを彩る大切な脇役として欠かせないアイテムで…

カラーダイヤモンドを知りましょう

カラーダイヤモンドを知りましょう!

ダイヤモンドと一口に言っても実は様々なカラーが存在します。今回は鑑定書で使われる基準のカラーとともに…

ダイヤモンドの採掘国はどこ?

ダイヤモンドはごく僅かの限られた場所でしか採掘されません。何故なら35億年から9億年前からある土地で…

ダイヤモンドの4C~価値を知るための基準~

ダイヤモンドの4Cについてダイヤモンドはどれも美しく輝いて見えます。しかしそれゆえにプロでなけれ…

  1. ネット通販で楽しいダイヤモンド選び
  2. ダイヤモンドの4Cとは
  3. 誕生石
  4. ダイヤモンドの誕生秘話

ダイヤモンドの4Cについて

  1. 鑑定書・鑑別書
  2. ダイヤモンドの評価
  3. ダイヤモンドの評価
  4. ダイヤモンドの透明度を決めるクラリティ
  5. 歴史から見るダイヤモンドのカット
  6. ダイヤモンドの4Cとは

ネット通販でダイヤモンドを選ぶ

ダイヤモンドをネット通販で

ネット通販で数多くのダイヤモンドジュエリーに出会う

ダイヤモンドジュエリーを通販で購入する初めて私がジュエリーショップへダイヤモンドジュエリーを購入…

ダイヤモンドを通販で購入するってどうなの

ダイヤモンドを通販で購入してみる

ダイヤモンドを通販で購入してみませんか?数ある宝石の中でも格別な美しい輝きを放ち、王者の風格が漂…

PAGE TOP