ダイヤモンドの評価

使わなくなったダイヤモンドジュエリーを売ってみよう

使わなくなったダイヤモンドジュエリーを売ってみよう

使わなくなってしまったダイヤモンドジュエリーを売りたい、下取りに出したい…そんな時はどうしたらいいのでしょう?初めてジュエリーを売りに出すときは、わからないことばかりで心配が尽きませんね。「どこに売りに出したらいいの?」「真っ当な値段で買い取ってもらえるの?」「相場は?」「高値で売るコツは?」などということについて、調べてみました。

どんなお店があるの?お店以外の方法は?

質屋、買取専門店、リサイクルショップに売る、ネットオークションに出品するなどの方法があります。質屋、買取専門店、リサイクルショップは、ものを売買するという点では同じです。それぞれ次のような特徴があります。

・質屋
質屋の大きな特徴は「質預かり」をするということです。質預かりとは、「お客さんの品物を預かり、その価値の範囲内で融資をする」ということです。期限は3か月などという決まりがあり、お客さんから預かった品物を倉庫で管理し、お金を渡します。期限までに元金と質料を支払えば、品物は戻ってきます。品物はいらないという場合は、支払い義務はありません。

・買取専門店
近年、金やプラチナの相場の上昇により、そこに目を付けて商売をするようになった買取専門店が急増しました。一時はかなり悪質な売買方法をとっている買取専門店もあったようですが、行政からの規制もあり、そういったお店は少なくなりました。現在は、安心して利用できるお店がほとんどです。

・リサイクルショップ
質屋や買取専門店が高額商品を取り扱うのに対して、リサイクルショップは主に、低価格の商品を扱う傾向にあります。専門性より取扱品目の多さを強みにしているので、買い取り額は低めですが「これは買い取れません」と断られることは少ないようです。

・ネットオークション
いまや売っていないものはないぐらいのネットオークションですが、もちろんダイヤモンドジュエリーも出品することができます。自分で値段が決められるというメリットはありますが、中古品ではっきりした相場がないので、希望する価格で売れるかどうかはわかりません。画像だけでの取り引きになるので、鑑定書は必要不可欠です。

鑑定書はあったほうがいい?

質屋やリサイクルショップでは鑑定書は参考にしますが、なくても品物を見て見積もりを出せるので売値には影響しないようです。ただ、ないよりはあったほうが確実に高値がつきます。なければ売れないということはありません。

本物の宝石かどうかわからない場合は?

本物の宝石であるかどうかは、素人にはわかりにくいものです。プロが見ればわかるので、お店に持って行ってみましょう。お店によっては「これでは値段が付かない」と言われることもあるかもしれないので、いくつかのお店で見積もりを出した方がいいでしょう。

相場は?

ダイヤモンドの場合、4C(カラー、クラリティ、カット、カラット)で階級付けをするのですが、その価格はお店によってまちまちです。お店のホームページに「買取価格表」を載せていることも多いので、参考にしましょう。

査定のチェック項目は?

査定の時には、次のことをチェックしています。

① ブランド品かどうか
ブランドジュエリーか、ノンブランドジュエリーかを大別します。ブランドジュエリーの方が、ノンブランドジュエリーより高値が付きます。同じダイヤモンドなのに、どうしてブランド品が高値で売れるのかというと、デザインなどにコストをかけることで付加価値を付けているからです。

② ダイヤモンドの品質、4C(カラー、クラリティ、カット、カラット)
4Cのうち、いちばん影響力を与えるのはカラット(重さ)です。それに、ほかの項目も合わせて「輝きが良い」と判定されたダイヤモンドが、高値が付きます。

③ 品物の状態(デザイン、イニシャルの刻印、サイズ)
イニシャルの刻印は、消して磨き直して売ることもできるので、あっても大丈夫です。指輪の場合、サイズが大きすぎる・小さすぎると買い取りをしないというお店もあるかもしれません。石を外して地金は溶かして再利用するもできるので、サイズやデザインは関係なく買い取りをするというお店もあります。

ダイヤモンドジュエリーを高値で売るコツは?

少しでも高値で買い取ってもらうには、どういうことに気を付けたらいいでしょうか。

① 鑑定書は、確実にあった方が良い
② 箱などの付属品があれば持ち込む
③ 汚れはきれいに磨いて持ち込む
④ 一点より、複数点持ち込んだ方が査定額がアップする

買い取りと下取りの違いは?

ここまで「買い取り」についてご紹介してきましたが、「下取り」とはどういう違いがあるのでしょうか?「下取り」とは、新しいジュエリーを購入すると同時に、古いジュエリーを売りに出すということです。古いジュエリーと引き換えに新しいジュエリーを購入したい場合は、下取りをしてくれる宝石店を探しましょう。購入と売却が同時にできるというメリットがあります。新しいジュエリーを購入するつもりがない場合は、不向きかもしれません。

お店によって違う買い取り額

ダイヤモンドを売りに出す際、お店によって買い取り額にバラつきがあることは事実です。売り手としては、この点がいちばん気がかりなのではないでしょうか。

2015年6月26日付日経新聞によりますと、1カラットのダイヤモンドを東京都内と近郊の20店舗のお店に査定に出したところ、最低額が15,000円、最高額が35万円という結果でした。この時、ダイヤモンドの鑑定書は見せずに査定に出しましたが、各店舗とも鑑定結果にはさほどばらつきがなかったようです。では、どんな要因が価格の差を生んだのでしょうか?

まず、高値を出した店舗では査定の時間が長く、1時間ほどかかりました。安値を提示した店舗では短い傾向にあり、15分ほどでした。もうひとつわかったことは、「買い取った後に有力な転売先があるか」という点で、査定額に大きな差が出るということでした。買い取り業者に持ち込まれた商品は、そのまま店頭に並ぶのではなく、買い取られた後に業者間で売買があるのだそうです。相対取引もあれば、オークションに出品されることもあり、査定に自信がない業者は、安値を付けざるを得ないのです。確実な転売先がある場合は、強気に高値を付けてきます。

店頭で提示された査定額が、高いのか低いのか判断することは、素人には非常に難しいです。この調査のように、店舗によって数十万円の差が出ることがあります。

安値で買いたたかれないために…

一般消費者にできることは、二つあります。まず、いくつものお店を回って査定額を比較すること。もうひとつは、あまり知られていないことですが、プロの業者間のオークションを見てみることです。オークション会社は、一般消費者にも窓口を開いています。

そして、売りに行くときの心構えとしては、買い取り額に期待しすぎないことです。「買い取り額にがっかりしないためにも、大切な思い出のジュエリーは、家族の中で後世に引き継ぐのもひとつの選択肢かもしれない」というのは、大手宝石会社の元常務の談です。

ダイヤモンドジュエリーを売ろうか売るまいか迷っている人は、「使わずにタンスの奥で眠っているジュエリーなら、使ってくれる人に売った方がいい」「大切な思い出のあるジュエリーを二束三文で売りたくない」この二つの思いが錯綜するのではないでしょうか。それでも売ろうと決心したら、いくつものお店を回って査定してもらったほうが良さそうですね。これぞ、ジュエリーを売りたい人の鉄則です。

関連記事

  1. ダイヤモンドの4C ~カラットの意味と価格について~

  2. ダイヤモンドピアスを選ぶ5つのルール

    ダイヤモンドピアスを選ぶための5つのルール

  3. ダイヤモンドの評価と価格の関係

  4. ダイヤモンドリングを買うポイント教えます

    ダイヤモンドのリングを買う!4つのポイント教えます

  5. ダイヤモンドピアスのセッティングには、どんな種類があるの?

  6. エリザベス・テイラーが愛したダイヤモンドジュエリーたち

  7. プラチナダイヤモンド

    プラチナ人気は日本だけ?!

  8. ダイヤモンドに関するお仕事

    ジュエリーに関するお仕事あれこれ

ネット通販で購入

ネット通販で楽しいダイヤモンド選び

ネット通販で楽しいダイヤモンド選び

最近ではお店で直接購入するだけでなく、インターネット上の通販を利用して手軽に商品を購入できるサービス…

ダイヤモンドの結婚指輪を通販で買うのはもはや常識

インターネットがすっかり普及した現代社会では、どんなものでもオンラインショップの通販で簡単に手に入れ…

ダイヤモンドジュエリーをネット通販で選ぶコツ

ダイヤモンドジュエリーをネット通販で選ぶコツ

ダイヤモンドの購入を考えた時、皆さんはまずどのような購入方法を思い浮かべるでしょうか?百貨店やフ…

ネット通販で購入する前に

ネット通販で購入する前に!ダイヤモンドの基本

数ある宝石の中で一番女性を虜にし、プレゼントして心から喜ばれる宝石と言えば、ダイヤモンドです。また、…

通販でダイヤモンドを購入する秘訣

ネット通販でダイヤモンドを購入する秘訣

通販でダイヤモンドを購入する秘訣とは?婚約・結婚指輪に。プレゼントや大切な記念日に。頑張った自分…

婚約指輪をネット通販で

ネット通販で婚約指輪を一緒に選びましょう

一粒の輝くダイヤモンドの入った小さな箱をパカッとした開いた瞬間、女性は思わず口に手を当てる風景を皆様…

ダイヤモンドをネット通販で

ネット通販で数多くのダイヤモンドジュエリーに出会う

ダイヤモンドジュエリーを通販で購入する初めて私がジュエリーショップへダイヤモンドジュエリーを購入…

ダイヤモンドを通販で購入するってどうなの

ダイヤモンドを通販で購入してみる

ダイヤモンドを通販で購入してみませんか?数ある宝石の中でも格別な美しい輝きを放ち、王者の風格が漂…

ダイヤモンドを通販で購入する場合知っておきたいこと

ダイヤモンドを通販で購入する場合に知っておきたいこと

最近ではお店で直接購入するだけでなく、インターネット上の通販を利用して手軽に商品を購入できるサービス…

おすすめ記事

ネックレス選びで大切な5つのこと

ネックレス選びで大切な5つのこと

指輪、ピアスと同じくらい身近なアクセサリーと言えばネックレスです。しかしダイヤモンドなどの高価な宝石…

ダイヤモンドのインクルージョンとは

ダイヤモンドのインクルージョンとは???

ダイヤモンドのインクルージョンについて地中深く、太古からの長い年月をかけて形成されるダイヤモンド…

ダイヤモンドのクラリティ評価の違いとは?

鑑定書におけるダイヤモンドの4Cのクラリティグレードでは、その評価が何段階かに分けて詳しくグレーディ…

ダイヤモンドの鑑定書や鑑別書は必要?

鑑定書や鑑別書は必要か?宝石の本当の価値というのはプロでなければ見極めることは難しいものです。そ…

誕生石

自分へのご褒美に選ぶ誕生石

誕生石について生まれ月にはそれぞれ「誕生石」があります。ご自分の誕生石を、知っていますか?誕生石…

海外セレブのダイヤモンド婚約指輪ストーリー

海外セレブのダイヤモンド婚約指輪ストーリー

ハリウッドスターを始めとする、海外セレブの婚約指輪は大きさや品質も超一流です。エメラルドカットのダイ…

ダイヤモンド取引所とはどんなところ?

ダイヤモンド取引所とはどんなところ?

ダイヤモンド取引所についてダイヤモンドはカットされた後、世界の16か所にある「ダイヤモンド取引所…

ダイヤモンドネックレスの魅力

首元のおしゃれに欠かせないネックレス

ダイヤモンドのネックレスについて首元のおしゃれに欠かせないのがネックレス。揺らめきながら輝くダイ…

エンゲージリングの意味や歴史

プロポーズの瞬間。それは女性にとって人生で最高に嬉しい、サプライズの瞬間です。映画のワンシーンの様な…

カラーダイヤの評価~ファンシーダイヤモンドについて~

ダイヤモンドカラーについてダイヤモンドは無色透明な物から色のあるカラーダイヤまで様々な物がありま…

エンゲージリング

  1. どんなエンゲージリングが欲しいですか?
  2. ダイヤモンドリングの選び方
  3. 結婚指輪選び、6つのポイント

購入のためのヒント

  1. プラチナ
  2. ピアスの歴史と選び方のポイント

ダイヤモンドの基礎知識

ダイヤモンドの4Cとは

ダイヤモンドの4Cを分かりやすく説明します

輝くダイヤモンドは、いつみてもうっとりしてしまいますね。同じダイヤモンドなのに一つ一つ違う事…

ダイヤモンドを高く下取りしてもらうコツ

新しく購入するジュエリーの資金にとダイヤモンドを下取りにする際、どのようなダイヤモンドが高く買い取っ…

オーダーメイドのダイヤモンドジュエリー

オーダーメイドのダイヤモンドジュエリー

素敵なジュエリーを探して歩くのも楽しいですが、自分の好きなように想像したジュエリーを身に着けることが…

ダイヤモンドのリユースについて

ダイヤモンドのリユースについて

「リユース」という言葉を聞いたことがあるかと思いますが、ダイヤモンドがリユースできることをご存知です…

ダイヤモンドジュエリーを選ぶ

ダイヤモンドジュエリーを選んでみよう

ダイヤモンドジュエリーの選び方初めてダイヤモンドジュエリーを身に付けた時、大人になった自分にワク…

ダイヤモンド取引所とはどんなところ?

ダイヤモンド取引所とはどんなところ?

ダイヤモンド取引所についてダイヤモンドはカットされた後、世界の16か所にある「ダイヤモンド取引所…

ダイヤモンドの採掘国はどこ?

ダイヤモンドはごく僅かの限られた場所でしか採掘されません。何故なら35億年から9億年前からある土地で…

使わなくなったダイヤモンドジュエリーを売ってみよう

使わなくなったダイヤモンドジュエリーを売ってみよう

使わなくなってしまったダイヤモンドジュエリーを売りたい、下取りに出したい…そんな時はどうしたらいいの…

そもそもダイヤモンドとは?知らなかった生成過程について!

ジュエリーやマリッジリングとして使用されるダイヤモンドですが、宝石そのものの生成の過程や歴史、神話、…

ダイヤモンドの誕生秘話

ダイヤモンドの誕生秘話

美しく輝く宝石の王様、ダイヤモンド。「磨けば光る石」と有名ですが、もともと何でできているどんな石なの…

結婚指輪選び、6つのポイント
  1. 使わなくなったダイヤモンドジュエリーを売ってみよう
  2. ダイヤモンドリングの選び方
  3. ダイヤモンドのカラー

ダイヤモンドの4Cについて

  1. 鑑定書・鑑別書
  2. 歴史から見るダイヤモンドのカット
  3. ダイヤモンドのカラー
  4. ダイヤモンドのクラリティ
  5. ダイヤモンドの4Cとは
  6. ダイヤモンドの価値評価
  7. ダイヤモンドの透明度を決めるクラリティ

ネット通販でダイヤモンドを選ぶ

ダイヤモンドを通販で購入する場合知っておきたいこと

ダイヤモンドを通販で購入する場合に知っておきたいこと

最近ではお店で直接購入するだけでなく、インターネット上の通販を利用して手軽に商品を購入できるサービス…

ダイヤモンドの結婚指輪を通販で買うのはもはや常識

インターネットがすっかり普及した現代社会では、どんなものでもオンラインショップの通販で簡単に手に入れ…

PAGE TOP