ジュエリーの種類

ピアスの歴史と選び方のポイント

ピアスの歴史と選び方のポイント

ダイヤモンドは指輪、ネックレスなど様々なアクセサリーに使用されていますが、耳につけるピアスにも使用されています。しかしこのピアスは顔に近い部分に身につけるので、上手に選べるかどうかで大きく印象を左右してしまう物でもあります。そこで今回はそんなダイヤモンドのピアスの選び方や豆知識をまとめてみました。

ピアスの歴史

ピアスは起源がとても古く、昔は刺青(タトゥー)など同じ用途で魔除けなどの意味合いを込めて使用されたりしていました。古代エジプトなどでは王族や貴族は20歳になるとピアスを付けるという習慣もあったようです。

そしてなぜ耳なのかということについては、昔の人は耳の穴から悪魔が入り込み災いや病気をもたらすと考えていたため、耳の周囲に装飾品を付けたと言われています。他にも宗教上の理由や、時には戦死した兵士の身元確認のために付けられていることもあったようです。かなり古い時代では環状の物が多かったようで、日本などでも輪に鎖がついていてそこに様々な飾りを付けたらしき物が発見されています。仏教用語ではピアスホールのことを耳朶環(じだかん)と呼び、そこに装飾品を付ける事は、知恵や幸運を呼ぶとされていました。仏教の開祖である仏陀も後に華美な装飾品は必要ないということにはなりましたが、ピアスを付けていたという記述があるそうです。ちなみにピアスとは和製英語であり、英語ではピアスは耳に穴を開けることそのものという意味になります。あちらでは全てイヤリングで統一されているので、ピアスが耳に穴を開けるもの、イヤリングがそうでない物という区別も日本独自のものです。

また一口にピアスといっても現代では、耳のいろいろな部分に付けることで呼び名も異なります。一例としては、アウターコンク→耳の軟骨部、トラガス→耳珠と呼ばれる顔の側にある三角の出っ張り部分、コンク→耳の穴付近、アンチトラガス→耳たぶ上側の軟骨、イヤーロブ→耳たぶに穴を空けるなどがあります。予備知識と知っておくとお得かもしれません。

ダイヤモンドのピアスの選び方

ダイヤモンドのピアスの選び方は予算、年齢、服装、持っているアクセサリーの種類、顔の大きさ、耳の大きさ、肌の色、髪型、どんなシーンで身につけるか、など実に様々な面を考慮すべきだと言えます。また、他のダイヤモンドアクセサリーでは4Cや鑑別所の有無などが気になりますが、これらがあると高額ということだけでなく、ピアスを落としてしまうこともあるため、必ずしも最重要であるとは限りません。自分がどんなシーンで身につけるのかなどTPO (時間、場所、場面)を重視して選ぶ方がよいとも言えます。

具体的なピアスの選び方① つけるシーンによって選ぶ

ピアスの最初の選び方として自分がどんなシーンでよく身につけるかということを考えておくと選びやすいでしょう。例えば、仕事場で付ける場合、シンプルで控えめ、さりげなく付けられるデザインや大きすぎないダイヤのカラットを選んだ方が良いでしょう。一般的には0.3~0.5のダイヤの大きさが自己主張しすぎないサイズです。どんなデザインのピアスがあるかと言えば、ピンクの真珠とダイヤを合わせた控えめながら女性らしい物や、覆輪留め(ふくりんどめ)と呼ばれるダイヤの外周を地金で覆ったタイプなども落ちたり、引っ掛かったりしないので実用的でおすすめです。

カジュアルなアウトドアなどにシーンでは0.5未満のカラットでシンプルなデザイン、ダブルロックキャッチ使用となっているものなどが落下しづらくふさわしいでしょう。

また、上記のような日常使い以外にもパーティなどで付ける場合は0、5~1、0といった比較的、大き目のダイヤモンドでも華やかなシーンなどでふさわしいと言えます。例としては、プラチナの台座に一粒ダイヤを付けたシンプルながらも華やかなデザインの物やエタ二ティタイプなどの台座に何粒ものダイヤを敷き詰めたタイプの物もゴージャスでしょう。他にも三連にダイヤが連なったスリーストーンタイプなどもあります。これはフランスではトリロジーダイヤと呼ばれ、三部作という意味になります。3つのダイヤが女性の過去、現在、未来を表現している非常にロマンチックな意味合いのピアスのデザインです。

具体的なピアスの選び方② 服装に合わせて選ぶ

ダイヤは自分が普段、どのような雰囲気の服装が多いか、もしくはどんな自分を演出したいかということでも選び方が変わってきます。例えばシンプルなデザインで無色透明なダイヤはどんな服装にも合わせやすいですし、クールなイメージならプラチナの台座にダイヤが付いている物や、可愛いイメージを持たせたいならモチーフデザインのハート、フラワー、しずく型、三日月型、もしくは揺れるデザイン、スリーストーンなどです。他にも個性的なイメージがほしいのならブラック、ブラウンといったカラーダイヤにしてみるなどの身につけ方もよいでしょう。ちなみにダイヤの複数付けですが、この場合は大きさ、色、形、地金、デザインを統一すると上品に見えるということです。

具体的なピアスの選び方③ 顔の印象や髪形などで選ぶ

ピアスを購入する場合、どんなイメージを演出したいかということも大切ですが、やはり顔の周囲に身につけるものですから、できればそれぞれの個性に合ったデザインや大きさのダイヤを選ぶことが失敗しないポイントです。では顔の個性や髪形などによってどのような選び方の例があるかといえば以下のようになります。

小顔の人・・・小粒、一粒タイプ、ボリュームのある物よりは、華奢なデザインがおすすめ

顔が大きめの人・・・揺れるデザインや縦ラインを強調した物、スリーンストーンピアスなどを選ぶと小顔に見える

面長な人・・・縦ライン強調ピアスは顔をより長く見せてしまう。スタッドタイプや一粒ダイヤピアスなどが良い。

※スタッドタイプとは、耳に 差し込む部分(ポスト)がストレートになっており、キャッチ(留め具)を使って固定する タイプのピアスのこと

四角い顔の人・・・縦ライン強調で華奢なデザインの物は顔を柔らかい印象に見せてくれる。

丸顔・・・縦ライン強調したスタッドタイプが○、細めのエタ二ティピアスなども良い。

逆三角・・・揺れるデザインにピアスなどは女性らしさを演出し、きつい印象を和らげてくれる。優しく見えるデザインが良い。

色白・・・地金がホワイトゴールド、ピンクゴールドなど淡い色合いの物が似合う。イエローゴールドは、あまりおすすめでない。宝石はピンクトルマリン、アクアマリンなどの他、ダイヤモンドも少し黄色っぽい物の方が良い。

色黒・・・色白と逆のタイプでイエローゴールドなどが良く似合う。宝石やダイヤもはっきりとした濃い物がおすすめ、石も大きめの方が良い。

髪をアップにしている人・・・大きめのピアス、縦ラインを強調、垂れ下がるものなどが似合う。

髪をおろしている人・・・大粒のスタッドタイプのピアス、一粒ダイヤなどが良い。

いかがでしたか?ピアスは顔近くに付ける装飾品なので、ある意味では指輪やネックレスよりも相手に強烈に印象を与える物と言えるかもしれません。好きなデザイン以外にも様々な点を考慮して購入すべきと言えるでしょう。ぜひ上記のような選び方を参考にしてご自身に一番似合うピアスを選んでみてください。

関連記事

  1. どんなエンゲージリングが欲しいですか?

    どのようなエンゲージリングが欲しいですか?

  2. ダイヤモンドジュエリーを長持ちさせるために

    ダイヤモンドジュエリーを長持ちさせるために

  3. ダイヤモンドリングの種類と選び方

  4. ダイヤモンドのエタニティリングを結婚指輪に選ぶ理由

  5. ダイヤモンドジュエリーをネット通販で選ぶコツ

    ダイヤモンドジュエリーをネット通販で選ぶコツ

  6. 定番から最新のトレンドまで!ダイヤモンドリングのデザインとは?

    定番から最新のトレンドまで!ダイヤモンドリングのデザインとは?

  7. ダイヤモンドのカット

    ダイヤモンドの価値はカット(Cut)にかかってる??

  8. 婚約指輪を選ぶポイント

    迷う婚約指輪選び!ポイントを教えます

ネット通販で購入

婚約指輪をネット通販で

ネット通販で婚約指輪を一緒に選びましょう

一粒の輝くダイヤモンドの入った小さな箱をパカッとした開いた瞬間、女性は思わず口に手を当てる風景を皆様…

ネット通販で楽しいダイヤモンド選び

ネット通販で楽しいダイヤモンド選び

最近ではお店で直接購入するだけでなく、インターネット上の通販を利用して手軽に商品を購入できるサービス…

ダイヤモンドを通販で購入するってどうなの

ダイヤモンドを通販で購入してみる

ダイヤモンドを通販で購入してみませんか?数ある宝石の中でも格別な美しい輝きを放ち、王者の風格が漂…

ダイヤモンドを通販で購入する場合知っておきたいこと

ダイヤモンドを通販で購入する場合に知っておきたいこと

最近ではお店で直接購入するだけでなく、インターネット上の通販を利用して手軽に商品を購入できるサービス…

ネット通販で購入する前に

ネット通販で購入する前に!ダイヤモンドの基本

数ある宝石の中で一番女性を虜にし、プレゼントして心から喜ばれる宝石と言えば、ダイヤモンドです。また、…

ダイヤモンドジュエリーをネット通販で選ぶコツ

ダイヤモンドジュエリーをネット通販で選ぶコツ

ダイヤモンドの購入を考えた時、皆さんはまずどのような購入方法を思い浮かべるでしょうか?百貨店やフ…

ダイヤモンドの結婚指輪を通販で買うのはもはや常識

インターネットがすっかり普及した現代社会では、どんなものでもオンラインショップの通販で簡単に手に入れ…

通販でダイヤモンドを購入する秘訣

ネット通販でダイヤモンドを購入する秘訣

通販でダイヤモンドを購入する秘訣とは?婚約・結婚指輪に。プレゼントや大切な記念日に。頑張った自分…

ダイヤモンドをネット通販で

ネット通販で数多くのダイヤモンドジュエリーに出会う

ダイヤモンドジュエリーを通販で購入する初めて私がジュエリーショップへダイヤモンドジュエリーを購入…

おすすめ記事

プラチナについてもっと知りたい

ブライダルリングとして最も人気の高い貴金属、プラチナ。永遠に褪せることのない、高貴で潔白な白い輝き。…

ダイヤモンドジュエリーをネット通販で選ぶコツ

ダイヤモンドジュエリーをネット通販で選ぶコツ

ダイヤモンドの購入を考えた時、皆さんはまずどのような購入方法を思い浮かべるでしょうか?百貨店やフ…

海外セレブのダイヤモンド婚約指輪ストーリー

海外セレブのダイヤモンド婚約指輪ストーリー

ハリウッドスターを始めとする、海外セレブの婚約指輪は大きさや品質も超一流です。エメラルドカットのダイ…

ダイヤモンドの用途について

ダイヤモンドと聞くと、美しい光を放つ宝飾品を思い浮かべるのではないでしょうか?宝石として使われるダイ…

ダイヤモンドの輝きはカットで決まる

ダイヤモンドを買う時に付属している鑑定書。そこには、ダイヤモンドの4C評価の結果が詳しく記載されてい…

婚約指輪(エンゲージリング)と結婚指輪(マリッジリング)の違いって?

エンゲージリングは多くの場合、女性は男性からプロポーズや婚約の際に渡される指輪のことです。しかしこの…

ダイヤモンドの結婚指輪を通販で買うのはもはや常識

インターネットがすっかり普及した現代社会では、どんなものでもオンラインショップの通販で簡単に手に入れ…

ネックレス選びで大切な5つのこと

ネックレス選びで大切な5つのこと

指輪、ピアスと同じくらい身近なアクセサリーと言えばネックレスです。しかしダイヤモンドなどの高価な宝石…

ダイヤモンドで資産運用

ダイヤモンドで資産運用を考える

ダイヤモンドで資産運用。その実態は…?今、ダイヤモンドが資産運用に利用できる、と注目されています…

ダイヤモンドの4C「クラリティ」とは

クラリティについてダイヤモンドには4Cという評価基準がありますが、カットやカラー、カラットなどに…

エンゲージリング

  1. 婚約指輪と結婚指輪の違いは分かりますか?
  2. マリッジリングの歴史とお作法、意味合いを理解しましょう
  3. ダイヤモンドの結婚指輪を選ぼう

購入のためのヒント

  1. 鑑定書や鑑別書の基礎知識
  2. ダイヤモンドのリユースについて

ダイヤモンドの基礎知識

男性のためのダイヤモンドジュエリー

男性のためのダイヤモンドジュエリー

ダイヤモンドジュエリーは女性のためのもの?いいえ、そんなことはありません。「ダイヤモンドは男性の石だ…

知られざるダイヤモンドの歴史について

知られざるダイヤモンドの歴史について

多くの人を魅了するダイヤモンドには長い歴史があります。今回はダイヤモンドの歴史についてお話しした…

ダイヤモンドの透明度を決めるクラリティ

ダイヤモンドの透明度を決めるクラリティ

ダイヤモンドのクラリティ(透明度)とはインクルージョン(内包物)がない透明度の程度を表します。…

世界で最も大きなダイヤモンドの産地

ダイヤモンドの原石は、どんな場所でも見つかるというわけではありません。とはいえ、人々が必死になって探…

4C以外のカットの種類と魅力

カットについてダイヤモンドのカットで一番有名なのは4C評価の対象にもなっているラウンドブリリアン…

ダイヤモンドで資産運用?そのメリットとは

結婚指輪や婚約指輪にも選ばれる人気の宝石、ダイヤモンド。美しくまばゆい輝きを放つダイヤモンドは、特別…

ダイヤモンドのメンテナンス方法

美しく輝くダイヤモンド。いつまでもその輝きを維持しておきたいですよね?実はダイヤモンドは薬品などにも…

ダイヤモンドの4Cとは

ダイヤモンドの4Cを分かりやすく説明します

輝くダイヤモンドは、いつみてもうっとりしてしまいますね。同じダイヤモンドなのに一つ一つ違う事…

ダイヤモンドの採掘国はどこ?

ダイヤモンドはごく僅かの限られた場所でしか採掘されません。何故なら35億年から9億年前からある土地で…

古代インドで始まったダイヤモンドの歴史

婚約や結婚指輪として使われるダイヤモンドは、ラブストーリーを彩る大切な脇役として欠かせないアイテムで…

  1. 誕生石をプレゼントする
  2. ダイヤモンドジュエリーの魅力

ダイヤモンドの4Cについて

  1. ダイヤモンドの価値を決めるカラット
  2. ダイヤモンドの4C
  3. ダイヤモンドの評価

ネット通販でダイヤモンドを選ぶ

ダイヤモンドジュエリーをネット通販で選ぶコツ

ダイヤモンドジュエリーをネット通販で選ぶコツ

ダイヤモンドの購入を考えた時、皆さんはまずどのような購入方法を思い浮かべるでしょうか?百貨店やフ…

ダイヤモンドをネット通販で

ネット通販で数多くのダイヤモンドジュエリーに出会う

ダイヤモンドジュエリーを通販で購入する初めて私がジュエリーショップへダイヤモンドジュエリーを購入…

PAGE TOP