ダイヤモンドの評価

ダイヤモンドの価値はどのように評価されるの?

ダイヤモンドの価値評価

宝石といえば?と聞くと必ず出てくるほど有名なダイヤモンド。
身近な存在なようで実は知らないことが多いのではないでしょうか?
ダイヤモンドを評価する基準には4Cと呼ばれる基準があります。
4Cとは
carat (カラット)石の重さの単位、1カラット:0,2g
color (カラー)ダイヤモンドの色
clarity(クラリティ)透明度
cut(カット)ダイヤモンドのカットされた形
この4つの頭文字のCを取って4Cと言います。
この4Cに沿ってダイヤモンドの美しさは評価されていますが、何を見てどう評価されているのでしょうか?
それでは詳しく解説していきます。

carat (カラット)
カラットとは、大きさを表すのではなく、重さを表します。
1カラットは0.2g、 5カラットで1gです。
重さが上がると値段も上がり、大きな石ほど希少となり価格も高額なものになります。
婚約指輪や結婚指輪は一般的に0,3カラットが人気です。

カラットの語源はカロブ(イナゴ豆)から由来していて、この豆の実はさやの中の位置に関係なく重さがほぼ均一で、乾燥すると一粒が0.2gになります。
昔はこの実を使って宝石の重量を計っていました。
ギリシャ語でこの豆をキャラテイオンと言い、イナゴ豆=1カラットになったと言われます。

color (カラー)
無色透明のダイヤモンドをDとしてEからZまで等級付けられています。
D→Zに行くほどにイエローカラーが濃くなります。
D、E、Fまでは無色のダイヤモンドとして評価されており、婚約指輪や結婚指輪はHカラー以上を求められることが多いです。
肉眼ではD、E、Fまでは殆ど区別がつかず、無色透明なダイヤモンドに見えます。
G、Hくらいになるとたくさんのダイヤモンドを目にする職業の方でしたら肉眼でもほんのりイエローカラーが確認出来ますが、イエローゴールドの地金や指先につけてしまうと殆ど分かりません。

また、ダイヤモンドは無色透明なものが1番高額だと思われていますが、美しいピンクやイエローのものは無色透明なダイヤモンド以上の価格がつくものもあります。
Zカラーを超えた一定の色合いを持つカラーダイヤモンドをファンシーピンクやファンシーイエローと呼ばれます。
ファンシーの色合いの中でも6段階に分かれており、色鮮やかな順にファンシーヴィヴィッド(FV)、ファンシーインテンス(FI)、ファンシーディープ(FD)、ファンシーダーク(FD)、ファンシー(F)、ファンシーライト(FL)となります。
ピンクの場合は色の分け方に3通りあり、パープリッシュピンク(紫がかったピンク)、ブラウニッシュピンク(茶色がかったピンク)、オレンジッシュピンク(オレンジがかったピンク)となります。
石の色が濃くなるほど価格が高額になり希少となり、ジュエラー達を虜にしています。

clarity(クラリティ)
クラリティは磨かれたダイヤモンドを10倍に拡大し、インクルージョン(内包物)やキズの数や位置によって評価がつけられています。
フローレス(FL)を最高グレードとし、インターナリーフローレス(IF)、ベリーベリースライトリー(VVS-1、VVS-2)、ベリースライトリー(VS-1、VS-2)、スライトリーインクルーテッド(SI-1、SI-2)、インパーフェクション(I-1、I-2、I-3)と順に評価が落ち、グレードが低下するほど輝きが薄れていきます。

FLは殆ど市場に出回らないと言われているほどとても貴重です。
IFは少ないですが、探せば出て来る程度にはあり、やはり希少のため高額で取引されています。
宝石店ではほとんどの店舗で上記の理由からVVS-1が最高グレードですと説明されます。
また、婚約指輪や結婚指輪の場合はVS-1以上を選ぶことをお勧めされます。
VS-1以上だとルーペを使ってみてもほぼ内包物を確認出来ないものが多いためです。
もしもカラットを重視して価格を抑えたいなどの希望があれば、クラリティはSI-1まで落としてもいいでしょう。
SI-1だと肉眼では内包物が確認出来ないものも多くありますので、大きめのサイズをお求めの場合にお勧めです。

内包物に関しては個々によって位置が違い、同じグレードでも場所や状態が異なります。
物によっては内包物が目立たないものと目立つものとが同じグレードということもありますので、ルーペで確認して購入をお勧めします。

cut(カット)
カットはダイヤモンドの評価の中で唯一人間の手が入った完成度についての評価です。
カッターはその石が1番美しく見えるカットを施しますので、カットによってはカラーが鮮明になったり、内包物を隠すこともできます。

カットの評価はExcellent(エクセレント)、Verygood(ベリーグッド)、good(グッド)、Fair(フェアー)、Poor(プアー)と右に行くにしたがってグレードが下がっていきます。
カットの美しいものほど光を浴びると表面上に光を反射させ、輝きを増します。
婚約指輪や結婚指輪はグレードの高いExcellentに人気があります。

近頃ではカットの技術も高くなり、エクセレントの中でもさらにハイクオリティとされ、
カットバランスが良いと表れる8個のハートと8個の弓矢が覗くハート&キューピットや3Excellent(トリプルエクセレント)と呼ばれるカッティングもあります。

さてここまで4Cについてお話ししましたが、ではダイヤモンドを選ぶ際にどのグレードを優先して選べば良いのでしょうか?
ダイヤモンドの選び方のコツとしては2種類あり、「大きなダイヤモンド」か「綺麗なダイヤモンド」かです。

では、順を追って選び方の説明をしていきます。

まずはカットから選びましょう。
カットが美しいと光を受けると上面へ跳ね返し強く美しい光を放ちキラキラと輝きます。
その逆でイマイチなカットだと、せっかく受けた光も下へと受け流してしまいます。
特別なジュエリーにセッティングする場合にはVerygood(ベリーグッド)以上のグレードを選びたいところです。

その次にカラーです。
Dだともちろん最高ですが、カットで美しいものを選んだならGやHでも美しく輝きます。
DからHだと5ランクも差がありますので価格差もかなりのものですが、美しいカットを選んでいるならその差は遜色ありません。

みっつめにカラットです。
エンゲージリングに多く選ばれるのは0,3カラットほどですが、もう少し大きい「大きなダイヤモンド」を選びたいならカットとカラーを見直してみましょう。
また、カラットを優先するなら最後に選ぶクラリティをIS-1のものにしても良いでしょう。

最後にクラリティを選びます。
内包物が多いと輝きが低下してしまいますので強い光を放つ輝きの良い「綺麗なダイヤモンド」を選ぶならVS-1以上を選ぶと良いです。
内包物は個々によって場所や程度が違うため、目立ちにくい場所に内包物があるものならIS-2でも輝きを放ちます。

いかがでしたでしょうか?
鑑定書と耳にするとなんだか敷居が高いように思えますが、ダイヤモンドの評価基準とその内容を知っていれば、質の良いダイヤモンドを選ぶことも、求めているダイヤモンドを選ぶことも意外と簡単に選べますよ♪
特別な日の為のジュエリーにも普段使いのジュエリーにも、納得して選んだダイヤモンドのジュエリーと出会えることを祈っています。

関連記事

  1. プラチナダイヤモンド

    プラチナについて調べてみよう

  2. 定番から最新のトレンドまで!ダイヤモンドリングのデザインとは?

    定番から最新のトレンドまで!ダイヤモンドリングのデザインとは?

  3. 世界で最も有名なダイヤモンド婚約指輪

  4. ダイヤモンドのエタニティリングを結婚指輪に選ぶ理由

  5. 失敗しない!賢い一粒ダイヤモンドネックレスの選び方

  6. ダイヤモンドの4C

    ダイヤモンドの4Cを勉強しましょう

  7. カラーダイヤモンドについて

  8. 厳冬にキラキラ輝く自然界の宝石「ダイヤモンドダスト」

    厳冬にキラキラ輝く自然界の宝石「ダイヤモンドダスト」

ネット通販で購入

婚約指輪をネット通販で

ネット通販で婚約指輪を一緒に選びましょう

一粒の輝くダイヤモンドの入った小さな箱をパカッとした開いた瞬間、女性は思わず口に手を当てる風景を皆様…

ネット通販で楽しいダイヤモンド選び

ネット通販で楽しいダイヤモンド選び

最近ではお店で直接購入するだけでなく、インターネット上の通販を利用して手軽に商品を購入できるサービス…

通販でダイヤモンドを購入する秘訣

ネット通販でダイヤモンドを購入する秘訣

通販でダイヤモンドを購入する秘訣とは?婚約・結婚指輪に。プレゼントや大切な記念日に。頑張った自分…

ダイヤモンドを通販で購入するってどうなの

ダイヤモンドを通販で購入してみる

ダイヤモンドを通販で購入してみませんか?数ある宝石の中でも格別な美しい輝きを放ち、王者の風格が漂…

ダイヤモンドの結婚指輪を通販で買うのはもはや常識

インターネットがすっかり普及した現代社会では、どんなものでもオンラインショップの通販で簡単に手に入れ…

ダイヤモンドを通販で購入する場合知っておきたいこと

ダイヤモンドを通販で購入する場合に知っておきたいこと

最近ではお店で直接購入するだけでなく、インターネット上の通販を利用して手軽に商品を購入できるサービス…

ダイヤモンドジュエリーをネット通販で選ぶコツ

ダイヤモンドジュエリーをネット通販で選ぶコツ

ダイヤモンドの購入を考えた時、皆さんはまずどのような購入方法を思い浮かべるでしょうか?百貨店やフ…

ダイヤモンドをネット通販で

ネット通販で数多くのダイヤモンドジュエリーに出会う

ダイヤモンドジュエリーを通販で購入する初めて私がジュエリーショップへダイヤモンドジュエリーを購入…

ネット通販で購入する前に

ネット通販で購入する前に!ダイヤモンドの基本

数ある宝石の中で一番女性を虜にし、プレゼントして心から喜ばれる宝石と言えば、ダイヤモンドです。また、…

おすすめ記事

ダイヤモンドの用途について

ダイヤモンドと聞くと、美しい光を放つ宝飾品を思い浮かべるのではないでしょうか?宝石として使われるダイ…

マリッジリングの歴史とお作法、意味合いを理解しましょう

マリッジリングの歴史とお作法、意味合いを理解しましょう

マリッジリング(marriage ring ) いわゆる結婚指輪の始まりは、ローマ時代といわれていま…

プラチナについてもっと知りたい

ブライダルリングとして最も人気の高い貴金属、プラチナ。永遠に褪せることのない、高貴で潔白な白い輝き。…

結婚指輪を選ぶ

結婚指輪選びのポイントを教えます

婚約が決まれば次は結婚式。結婚指輪を選ばなければいけないけれど、初めてのことでどういうものを選べ…

ダイヤモンドの評価と価格の関係

ダイヤモンドジュエリーを購入する時に、まず気になるのは価格です。では、その価格は一体どの様な基準で決…

4C以外のカットの種類と魅力

カットについてダイヤモンドのカットで一番有名なのは4C評価の対象にもなっているラウンドブリリアン…

ダイヤモンドの輝きはカットで決まる

ダイヤモンドを買う時に付属している鑑定書。そこには、ダイヤモンドの4C評価の結果が詳しく記載されてい…

ダイヤモンドの価値評価

ダイヤモンドの価値はどのように評価されるの?

宝石といえば?と聞くと必ず出てくるほど有名なダイヤモンド。身近な存在なようで実は知らないことが多…

ダイヤモンドに関するお仕事

ジュエリーに関するお仕事あれこれ

ジュエリーショップに並ぶたくさんのジュエリーは、たくさんの人の手を介して商品となり、店頭に並んでいま…

氷点下の宝石?ダイヤモンドダストって?

ダイヤモンドダストと一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?冬の季節に見られるといわれる自然現…

エンゲージリング

  1. 結婚指輪選び、6つのポイント
  2. エンゲージリング
  3. 婚約指輪と結婚指輪の違いは分かりますか?

購入のためのヒント

  1. ダイヤモンドジュエリーを選ぶ
  2. 男性のためのダイヤモンドジュエリー

ダイヤモンドの基礎知識

ダイヤモンドの天然インクルージョンとはどんなもの?

ダイヤモンドは、それぞれが内部に独特な特徴を持つ宝石です。天然のダイヤモンドにはひとつずつに違った個…

ダイヤモンドの結婚指輪を贈る

結婚指輪にはダイヤモンドリングを

一生の記念となる大切な日。家族や友人たちの前で愛を誓う瞬間。結婚指輪は、この瞬間から一生身に着けてい…

ダイヤモンドの4C~価値を知るための基準~

ダイヤモンドの4Cについてダイヤモンドはどれも美しく輝いて見えます。しかしそれゆえにプロでなけれ…

ダイヤモンドジュエリーの普段のお手入れ

ダイヤモンドジュエリーの普段のお手入れ

大切なダイヤモンドジュエリーのお手入れはどうされていますか?滅多に使う機会のないエンゲージリングなど…

カラーダイヤの評価~ファンシーダイヤモンドについて~

ダイヤモンドカラーについてダイヤモンドは無色透明な物から色のあるカラーダイヤまで様々な物がありま…

宝石鑑定士という仕事

宝石鑑定士という仕事

「宝石バイヤーになって世界中を駆け巡り、宝石の買い付けをしたい」「ダイヤモンドの鑑定をしたい」「ジュ…

そもそもダイヤモンドとは?知らなかった生成過程について!

ジュエリーやマリッジリングとして使用されるダイヤモンドですが、宝石そのものの生成の過程や歴史、神話、…

男性のためのダイヤモンドジュエリー

男性のためのダイヤモンドジュエリー

ダイヤモンドジュエリーは女性のためのもの?いいえ、そんなことはありません。「ダイヤモンドは男性の石だ…

ダイヤモンド産業とデビアス社

ダイヤモンド産業とデビアス社

ダイヤモンドの流通には欠かせない「デビアス社」。テレビCMや雑誌の広告で、名前を目にしたことがあるの…

天然ダイヤモンドと合成・模造ダイヤモンド

天然ダイヤモンドと合成・模造ダイヤモンド

永遠の輝きを持つ世界で一番愛される宝石の王様「ダイヤモンド」。ジュエリーに使われるダイヤモンドのほと…

良いインクルージョンと避けたほうがいいインクルージョン
  1. 誕生石
  2. ダイヤモンドをネット通販で
  3. ダイヤモンドジュエリーの魅力
  4. オーダーメイドのダイヤモンドジュエリー

ダイヤモンドの4Cについて

  1. ダイヤモンドのクラリティ
  2. カラーダイヤモンドを知りましょう
  3. ダイヤモンドの評価
  4. 歴史から見るダイヤモンドのカット
  5. ダイヤモンドの透明度を決めるクラリティ
  6. ダイヤモンドのカラー
  7. ダイヤモンドのインクルージョンとは

ネット通販でダイヤモンドを選ぶ

ダイヤモンドジュエリーをネット通販で選ぶコツ

ダイヤモンドジュエリーをネット通販で選ぶコツ

ダイヤモンドの購入を考えた時、皆さんはまずどのような購入方法を思い浮かべるでしょうか?百貨店やフ…

ダイヤモンドを通販で購入するってどうなの

ダイヤモンドを通販で購入してみる

ダイヤモンドを通販で購入してみませんか?数ある宝石の中でも格別な美しい輝きを放ち、王者の風格が漂…

PAGE TOP