ダイヤモンドを知る

知られざるダイヤモンドの歴史について

知られざるダイヤモンドの歴史について

多くの人を魅了するダイヤモンドには長い歴史があります。
今回はダイヤモンドの歴史についてお話ししたいと思います。

ダイヤモンドは宝石商で販売されるまで多くの過程が経て到達します。ダイヤモンドは地中深くの超高圧、超高温で生成され強い力で地表や地表近くに到達するまで押し上げられます。そこから自然や人の力により取り出され、カッティング・ポリッシュされて美しいダイヤモンドへとなりえます。

世界中から愛されるようになったダイヤモンドの歴史に始まりは、インドでした。
田舎の河川から採集され、その限られたダイヤモンドはインドの富裕層の為だけと、限られた市場で取引されていました。時を経てインドのダイヤモンドはヴェネツィアの中世の市場へ運ばれ、西ヨーロッパへとたどり着きます。
その後1400年代のヨーロッパでは、ダイヤモンドはエリート達がこぞって身につける、ファッショナブルなアクセサリーとなっていました。
特権階級の間で活躍し始める中、真珠やエメラルド、ルビー、サファイアなどがまだまだファッションの中心でありましたが、研磨方法が確立された頃にはダイヤモンドは美しいカットが施され、宝飾品としての価値を見出すようになって来ていました。

16世紀にはローズカット、17世紀にはブリオレットカットの施されたダイヤモンドが登場し始めています。

1700年頃、近年でもダイヤモンドといえばこのカットと言われる、ダイヤモンドのもつ輝きを最大限に引き出すカット、ラウンドブリリアントカットがベネチアのビンセント・ペルッチによって開発されました。
七色に輝く美しい光の反射、エレガントな曲線美どこを取ってもNO.1なカットによって、ダイヤは宝石の主役になったのです。

1700年初期、インドのダイヤモンドの供給が減少し始め、次の候補にブラジルが浮上しました。 金鉱夫が地元の川砂利をふるいにかけていた際、ダイヤモンドが発見された為です。その後、ブラジルは150年以上もダイヤモンドの市場を支配しました。

1800年代、西ヨーロッパと米国に裕福層が増加し、1800年代後半にダイヤモンドの需要が拡大した時期、探検家が南アフリカで初めて巨大なダイヤモンド鉱床を発掘しました。

1900年代初期までに、ダイヤモンド原石は世界生産の約90%をDe Beers(デビアス)に支配されました。
1866年に南アフリカのキンバリーでダイヤモンドが発見されました。
1888年にDe Beers Consolidated Mines Limited(デビアス合同鉱山株式会社)を起業家が設立しました。 デビアスはダイヤモンドを南アフリカの鉱山で採掘しました。
その発掘量は凄まじく、1900年にはダイヤモンド原石の世界生産量の約90パーセントにもなりました。
この南アフリカの産地の登場はダイヤモンドに関わる多くの産業に影響を与えました。 巨大なコストと低い産出量により、新しい需要が作り出されました。 カッティングやポリッシュの面での進歩に繋がり、それは効率、コスト削減、完成の外観も向上させる結果となりました。

1870年代のダイヤモンド原石の年間生産量は、百万カラットを下回っていました。
1920年代には、300万カラットとなりました。 50年後、年間生産高は5000万カラットとなり、1990年代には、年間1億カラットを突破しています。

1970年の終わりには、主なダイヤモンドの産出国は、南アフリカ、ザイール、旧ソビエト連邦となっていました。
1980年代には、ロシア、南アフリカからの高品質ダイヤモンドの産出はほぼ変わらず安定していましたが、ザイールで採れる低品質のダイヤモンドの産出は倍以上に増加しました。

1982年、ボツワナから多くの高品質なダイヤモンドが産出されました。
ボツワナは世界のダイヤ産出国で第3位、ダイヤモンドの価値では第2位に君臨します。
デビアスは、鉱山から産出したダイヤモンドを全て購入するとボツワナ政府と契約しました。
ここまでは、ダイヤモンドの市場は全てデビアスが握っていたと言っても過言ではありません。
ですが、1985年オーストラリアの産出源の発見と2000年のカナダ北部での新鉱床の発見により世界のダイヤモンド採掘は大きく変化し拡大していきます。

世界経済が激しく変動していることも後押しとなり、1990年以降はダイヤモンドの市場は大きく変化しました。
新しい原産地の増加とともにカッティングセンターの成長が見られました。
ダイヤモンドはデビアスを通さないと手に入らなかった状態から、今では複数のチャネルから入ってくるようになっています。

とは言うものの、すべてが変化したわけではありません。
現在でもダイヤモンドは鉱山からカッティングセンターを通って、初めて市場へと出回り顧客へと小売されます。
昔も今も、人々を魅了するダイヤモンドは永遠の輝きと言えるかもしれません。

ダイヤモンドの語源とあれこれ

ダイヤモンドは古代ヨーロッパのローマで鉄鋼を含めた硬いものを表現するアダマス(Adamas)と呼ばれていました。
このアマダスが変形しDiamasからDiamantになり、ダイヤモンドと呼ばれるようになります。
アマダスとはギリシャ語で征服し得ない力を意味します。
ダイヤモンドは炭素(C)の同素体の1つで、天然の物質の中では地球上で最も硬い物質です。
日本語では金剛石(こんごうせき)とも言われます。
仏典の中の金剛不壊から由来しているとも言われています。
ダイヤモンドは電気しません。この理由は結晶の原子に不対電子が存在しないためです。

現在のダイヤモンド

ダイヤモンドの魅力は何世紀にも渡り高い価値が認められているものの、20世紀より前はダイヤモンドについての科学的知見はありませんでしたが、科学者、物理学者、地質学者、鉱物学者、海洋学者達の研究により、ダイヤモンドがどのように形成され地表に運ばれて来るのかが分かるようになりました。
それによりダイヤモンドの産地の予測が出来るようになり、現在では多くのダイヤモンドが産出されるようになりました。
20世紀になるとダイヤモンドを人工的に作るれるようになりました。
それまでもダイヤモンドを模した模造ダイヤモンドはありましたが、そうではなく天然のダイヤモンドと組織が同じ本物のダイヤモンドを人工的に作れるようになったのです。
成功した当初は極小粒のものしか出来ず、天然のダイヤモンドよりもコストがかかってしまっていましたが、現在では天然のダイヤモンドよりも安価で安定した品質の人口ダイヤモンドを製造出来るようになりました。
製造された人口ダイヤモンドは全て工業用ダイヤモンドに回され、工業用ダイヤモンドのシェアの半分近くは人口ダイヤモンドが占めています。
では、人口ダイヤモンドは天然ダイヤモンドとして、市場に出回ることはないのでしょうか?
現在の技術では宝飾用として充分に耐えられる大きさのダイヤモンドも製造出来ますが、このような大きなダイヤモンドを製造するにはまだまだ高額な費用がかかり、同じグレードの天然ダイヤモンドよりもコストがかかります。
その上製造にはかなりの設備が必要となることから人工ダイヤモンドを天然ダイヤモンドとして販売されるような詐欺は現在は無いはずです。
将来技術が進み手軽に人造ダイヤモンドが製造出来るようになれば、また新たなダイヤモンドの歴史が生まれそうです…。

関連記事

  1. 誕生石

    誕生石とその意味のお話

  2. 誕生石に込められた言葉と意味

  3. ダイヤモンドの4C ~カラットの意味と価格について~

  4. エンゲージリングの意味や歴史

  5. ダイヤモンドのカラー

    実は一つ一つ異なっているダイヤモンドのカラー

  6. ダイヤモンドのカラーグレードの意味について知ろう

  7. ダイヤモンドの4C「クラリティ」とは

  8. ダイヤモンドの取引所にまつわるお話

ネット通販で購入

ダイヤモンドを通販で購入する場合知っておきたいこと

ダイヤモンドを通販で購入する場合に知っておきたいこと

最近ではお店で直接購入するだけでなく、インターネット上の通販を利用して手軽に商品を購入できるサービス…

ダイヤモンドを通販で購入するってどうなの

ダイヤモンドを通販で購入してみる

ダイヤモンドを通販で購入してみませんか?数ある宝石の中でも格別な美しい輝きを放ち、王者の風格が漂…

ネット通販で楽しいダイヤモンド選び

ネット通販で楽しいダイヤモンド選び

最近ではお店で直接購入するだけでなく、インターネット上の通販を利用して手軽に商品を購入できるサービス…

通販でダイヤモンドを購入する秘訣

ネット通販でダイヤモンドを購入する秘訣

通販でダイヤモンドを購入する秘訣とは?婚約・結婚指輪に。プレゼントや大切な記念日に。頑張った自分…

ダイヤモンドをネット通販で

ネット通販で数多くのダイヤモンドジュエリーに出会う

ダイヤモンドジュエリーを通販で購入する初めて私がジュエリーショップへダイヤモンドジュエリーを購入…

ダイヤモンドの結婚指輪を通販で買うのはもはや常識

インターネットがすっかり普及した現代社会では、どんなものでもオンラインショップの通販で簡単に手に入れ…

ネット通販で購入する前に

ネット通販で購入する前に!ダイヤモンドの基本

数ある宝石の中で一番女性を虜にし、プレゼントして心から喜ばれる宝石と言えば、ダイヤモンドです。また、…

婚約指輪をネット通販で

ネット通販で婚約指輪を一緒に選びましょう

一粒の輝くダイヤモンドの入った小さな箱をパカッとした開いた瞬間、女性は思わず口に手を当てる風景を皆様…

ダイヤモンドジュエリーをネット通販で選ぶコツ

ダイヤモンドジュエリーをネット通販で選ぶコツ

ダイヤモンドの購入を考えた時、皆さんはまずどのような購入方法を思い浮かべるでしょうか?百貨店やフ…

おすすめ記事

ダイヤモンドのリユースについて

ダイヤモンドのリユースについて

「リユース」という言葉を聞いたことがあるかと思いますが、ダイヤモンドがリユースできることをご存知です…

ダイヤモンドピアスのセッティングには、どんな種類があるの?

耳元のアクセントに、さりげなく光るダイヤモンドピアスが欲しい!でも、いざ購入するとなると、色々と迷っ…

ダイヤモンドを通販で購入する場合知っておきたいこと

ダイヤモンドを通販で購入する場合に知っておきたいこと

最近ではお店で直接購入するだけでなく、インターネット上の通販を利用して手軽に商品を購入できるサービス…

婚約指輪を選ぶポイント

迷う婚約指輪選び!ポイントを教えます

結婚したい相手ができた、プロポーズしたい!となればまず用意したいのは婚約指輪ではないでしょうか?…

どんなエンゲージリングが欲しいですか?

どのようなエンゲージリングが欲しいですか?

最も幸せなその瞬間とうとうこの時が来た。と同時にドキドキとワクワクが心の中をいっぱいにする。…

4C以外のカットの種類と魅力

カットについてダイヤモンドのカットで一番有名なのは4C評価の対象にもなっているラウンドブリリアン…

ダイヤモンドジュエリーをネット通販で選ぶコツ

ダイヤモンドジュエリーをネット通販で選ぶコツ

ダイヤモンドの購入を考えた時、皆さんはまずどのような購入方法を思い浮かべるでしょうか?百貨店やフ…

ダイヤモンドで資産運用?そのメリットとは

結婚指輪や婚約指輪にも選ばれる人気の宝石、ダイヤモンド。美しくまばゆい輝きを放つダイヤモンドは、特別…

エリザベス・テイラーが愛したダイヤモンドジュエリーたち

世界一美しい女性と呼ばれたハリウッドの名女優、エリザべス・テイラー。生涯多くの恋をし、7回の結婚と離…

持っていたいのはダイヤモンドの鑑定書?それとも鑑別書?

ダイヤモンドジュエリーを購入する時には、鑑定書も一緒にもらっておくのが一般的です。それでは、この「鑑…

エンゲージリング

  1. どんなエンゲージリングが欲しいですか?
  2. 婚約指輪をネット通販で

購入のためのヒント

  1. ダイヤモンドのカラー
  2. 一粒ダイヤモンドの魅力とは?

ダイヤモンドの基礎知識

ダイヤモンド業界の頂点に君臨するデ・ビアス社

エンゲージリングにも選ばれ人気の高い宝石の王様といっても過言ではないダイヤモンド。ダイヤモンドはなぜ…

そもそもダイヤモンドとは?知らなかった生成過程について!

ジュエリーやマリッジリングとして使用されるダイヤモンドですが、宝石そのものの生成の過程や歴史、神話、…

鑑定書・鑑別書

知っているようで知らない、鑑別書・鑑定書とは?

鑑定書、鑑別書について宝石の「鑑定書」や「鑑別書」はどんなものかご存知ですか?ジュエリーには、「…

宝石鑑定士という仕事

宝石鑑定士という仕事

「宝石バイヤーになって世界中を駆け巡り、宝石の買い付けをしたい」「ダイヤモンドの鑑定をしたい」「ジュ…

ダイヤモンドの結婚指輪を贈る

結婚指輪にはダイヤモンドリングを

一生の記念となる大切な日。家族や友人たちの前で愛を誓う瞬間。結婚指輪は、この瞬間から一生身に着けてい…

ダイヤモンドの誕生秘話

ダイヤモンドの誕生秘話

美しく輝く宝石の王様、ダイヤモンド。「磨けば光る石」と有名ですが、もともと何でできているどんな石なの…

ダイヤモンドジュエリーの魅力

美しきダイヤモンドジュエリーの魅力

あなたと初めて出会った瞬間、つい笑顔になってしまった。あなたを見つめていると吸い込まれそうになっ…

ダイヤモンドの評価

ダイヤモンドの評価は何で決まるのか?

ダイヤモンドの評価について美しい永遠の輝きを持ち、世界中の人々から崇められているダイヤモンド。時…

カラーダイヤの評価~ファンシーダイヤモンドについて~

ダイヤモンドカラーについてダイヤモンドは無色透明な物から色のあるカラーダイヤまで様々な物がありま…

カラーダイヤモンドについて

ダイヤモンドといえば無色・透明の宝石を思い浮かべると思いますが、実はダイヤモンドは無色だけでなく、さ…

婚約指輪を選ぶポイント
  1. ダイヤモンドの4Cとは
  2. 婚約指輪と結婚指輪の違いは分かりますか?
  3. 歴史から見るダイヤモンドのカット
  4. 結婚指輪選び、6つのポイント
  5. 男性のためのダイヤモンドジュエリー

ダイヤモンドの4Cについて

  1. ダイヤモンドの価値を決めるカラット
  2. ダイヤモンドの4C
  3. ダイヤモンドのカット
  4. 歴史から見るダイヤモンドのカット
  5. ダイヤモンドのクラリティ
  6. ダイヤモンドの価値評価
  7. ダイヤモンドのカラー

ネット通販でダイヤモンドを選ぶ

ネット通販で楽しいダイヤモンド選び

ネット通販で楽しいダイヤモンド選び

最近ではお店で直接購入するだけでなく、インターネット上の通販を利用して手軽に商品を購入できるサービス…

ダイヤモンドをネット通販で

ネット通販で数多くのダイヤモンドジュエリーに出会う

ダイヤモンドジュエリーを通販で購入する初めて私がジュエリーショップへダイヤモンドジュエリーを購入…

PAGE TOP