ダイヤモンドを知る

ダイヤモンドの鑑定書や鑑別書は必要?

鑑定書や鑑別書は必要か?

宝石の本当の価値というのはプロでなければ見極めることは難しいものです。そんな宝石を購入する一般の人達のために価値やどんな石であるのかを証明したものが宝石の鑑定書や鑑別書ですが、これらはどのような違いがあるのでしょうか。また、この二つは石を購入する際に必ず必要な物なのでしょうか。
まとめてみました。

鑑定書と鑑別書について

宝石には鑑定書と鑑別書という2種類の証明書のようなものがあります。
ではこの二つは何が違うのかというと、鑑定書はダイヤモンドの品質や価値を見るために発行されるもので、他の宝石には発行されないものです。この鑑定書に書かれるダイヤモンドの評価については米国宝石学会(GIA)の定めている4Cというものが元になっていて、この4Cとはカラー(色)クラリティ(透明度)カット(形の良さ)カラット(重さ)のダイヤの4つの評価基準の頭文字を取ってそう呼ばれます。鑑定書ではカラーはD~Z、カットはEXCELLENTからpoor、クラリティはFLAWLESSからl3、カラットは数で表され、ダイヤのランクが決められます。

ちなみにダイヤモンドには無色透明の良く知られているダイヤモンド以外にも、カラーダイヤ、別名ファンシーダイヤモンドという天然の色のついたものが存在しますが、こちらについても基準は存在します。ただし無色ダイヤと異なり、その色の特性上、クラリティなどで重要視される透明度や傷、内包物などは見えにくいためあまり重要な評価基準にはなっていないなど、かなり無色ダイヤとは違うところがあります。カラーダイヤの場合、やはり一番重要視されるのは色の濃さなどです。一般的に無色ダイヤは透明であればあるほど価値も高く、黄味がかったものなどは敬遠されますが、この黄色も濃さが非常に強いものであれば珍しいイエローダイヤモンドとして逆に評価されたりすることもあります。

一方、鑑別書はというと、鑑定書がダイヤの価値を評価するのに発行されるのに対し、鑑別書の場合は石の種類は問わず(天然でも人口でも、宝石でなくても)発行することができ、証明書を出す目的も石の価値ではなく、どんな生成起源であるか、何でできているのか、宝石であれば天然か人工か、またその処理方法、硬度、屈折率、サイズ、カット、重量など、評価とは関係なく石がどんなものであるかを調べ証明したものとなります。ちなみに鑑別書はどんな宝石にでも発行できるのでダイヤモンドにも適用されるものになります。
ダイヤだけが鑑定書と鑑別書の2種類を発行できる石でもあるのです。

なぜ鑑定書は必要になったか

ダイヤモンドの評価基準として広まっている4Cですが、そもそもなぜ必要になったのでしょうか。それは1500年代までさかのぼります。当時、ダイヤモンドの4つの価値基準に対しては、クラリティであれば欠陥なし、欠陥あり、カラーについては色味、色合い、カットに対しては上出来、難ありなど非常に曖昧な言葉が使われており、売り手である宝石商もその価値について学びにくく、買い手の顧客もその価値に関する用語を判断するのが難しいような状況だったのです。ちなみにカラット、つまり重さだけはこの時代から唯一変わっていない用語です。これでは売り手も買い手も正しいダイヤモンドの価値について勉強しづらくダイヤモンド自体も価値が定まりにくいことから正当な値段で取り引きされなくなってしまいます。

そこで20世紀初頭に小売宝石商であったRobert M・shiplyという人が1931年に宝石についての正しい知識等を学ぶためのGIAを設立、またそこの卒業生で構成される米国宝石学会を設立しました。さらにshiplyはダイヤモンドの価値を評価する用語をカラー、カット、クラリティ、カラットと定め4Cと名付けたのです。
これは業界人や宝石について興味のある学生などが勉強するのにとても役立ちました。また、広告を使用してこの4Cについて広めたことで今では世界的なダイヤモンドの評価基準を表す言葉となっています。

鑑定書や鑑別書はあった方がいいのか

このようにダイヤモンドの価値や石の種類などを証明する鑑定書や鑑別書ですが、この証明書はダイヤや宝石を購入する際に手元にあった方がいいのでしょうか。

まず鑑定書つまりダイヤモンドの証明書の場合ですが、これはマリッジリング(結婚指輪、婚約指輪)などの確かな価値を証明したい時や高額なダイヤを購入する際はあった方が良いと言えます。やはり一生に一度の買い物であるということも多いですからきちんとしたダイヤモンドが手に入ることが望ましいからです。また金額に見合っただけの評価を受けたいという場合も有効です。しかしながらこのダイヤモンドの鑑定書については発行する際に1万円ほど費用がかかってしまうため、一般使用するような安価なダイヤモンドにはつけることはないと言えます。あくまで特別なお買い物や高額なダイヤを購入する際に必要なものという認識でいいでしょう。

では一方、鑑別書はどうなのかというとこちらも発行時に5000円ほどの費用が発生します。鑑別書も鑑定書と同じく、高価な金額の物やその石が本物かどうかなどをどうしても知りたいという場合に必要と考えておいた方がいいでしょう。

実際にダイヤモンドやその他の宝石の正しい価値や値段を知るためにはこのような証明書の有無だけではなく、購入時にはいくつかの購買先をまわって値段や価値を自分で比較検討することが望ましいでしょう。

鑑定書はダイヤでも一粒ダイヤに適用されるもの

もう一つダイヤの鑑定書について知っておきたいのが、ダイヤモンド、つまり4Cの鑑定書はあくまで一つの宝石の評価がどのような物かということを判断するものなので、たくさんの小粒ダイヤがついたジュエリーなどではまず証明書は発行されないということです。もしこの複数のダイヤに鑑定書をつけるとしたら一つのダイヤにつき一つの鑑定書が必要になってくるからです。
このような場合はダイヤの価値よりもそれが本物であるかを知りたいという場合もあるでしょうから、鑑定書ではなく鑑別書にした方がいいかもしれません。

宝石の評価は鑑定書のみでは計れない

確かに高額な宝石を購入する場合は鑑定書や鑑別書などがあった方が顧客も安心できるというメリットはあります。しかしながら宝石の美しさはその人の主観によっても変わるものであり、全て鑑定書があるからいいとは言えないでしょう。

例えば先ほどの黄身がかったダイヤは価値が低いとされていましたが、最近ではカナリアイエローなどといって愛好する人も増えていますし、同じくブラウンダイヤなども元々は無色ダイヤより価値は低いとされていましたが、シャンパンカラーなどと呼ばれ流行したこともあるのです。また、ダイヤモンドの炭素が黒く出ているブラックダイヤをあえておしゃれに身に付ける人もいます。このようにあくまで鑑定書や鑑別書は高額で高品質な宝石を手に入れる際の失敗しない布石であり、本当の宝石の善し悪しはその人自身が判断するものであるとも言えるのです。

まとめ

いかがでしたか?鑑定書や鑑別書は必要な時とそうでない時がケースバイケースのようですね。
このような証明書はあくまでも特別な買い物やどうしても石の価値を知りたい時の信頼の証と考えておいた方がいいのかもしれませんね。

関連記事

  1. ダイヤモンドジュエリーを選ぶ

    ダイヤモンドジュエリーを選んでみよう

  2. ダイヤモンドのインクルージョンとは

    ダイヤモンドのインクルージョンとは???

  3. ダイヤモンドの4C

    ダイヤモンドの4Cを勉強しましょう

  4. カラットの知識と逸話

  5. ダイヤモンドの誕生秘話

    ダイヤモンドの誕生秘話

  6. ダイヤモンドのカラー

    実は一つ一つ異なっているダイヤモンドのカラー

  7. そもそもダイヤモンドとは?知らなかった生成過程について!

  8. 古代インドで始まったダイヤモンドの歴史

ネット通販で購入

ダイヤモンドを通販で購入するってどうなの

ダイヤモンドを通販で購入してみる

ダイヤモンドを通販で購入してみませんか?数ある宝石の中でも格別な美しい輝きを放ち、王者の風格が漂…

ダイヤモンドを通販で購入する場合知っておきたいこと

ダイヤモンドを通販で購入する場合に知っておきたいこと

最近ではお店で直接購入するだけでなく、インターネット上の通販を利用して手軽に商品を購入できるサービス…

通販でダイヤモンドを購入する秘訣

ネット通販でダイヤモンドを購入する秘訣

通販でダイヤモンドを購入する秘訣とは?婚約・結婚指輪に。プレゼントや大切な記念日に。頑張った自分…

ダイヤモンドジュエリーをネット通販で選ぶコツ

ダイヤモンドジュエリーをネット通販で選ぶコツ

ダイヤモンドの購入を考えた時、皆さんはまずどのような購入方法を思い浮かべるでしょうか?百貨店やフ…

ダイヤモンドの結婚指輪を通販で買うのはもはや常識

インターネットがすっかり普及した現代社会では、どんなものでもオンラインショップの通販で簡単に手に入れ…

ネット通販で楽しいダイヤモンド選び

ネット通販で楽しいダイヤモンド選び

最近ではお店で直接購入するだけでなく、インターネット上の通販を利用して手軽に商品を購入できるサービス…

ネット通販で購入する前に

ネット通販で購入する前に!ダイヤモンドの基本

数ある宝石の中で一番女性を虜にし、プレゼントして心から喜ばれる宝石と言えば、ダイヤモンドです。また、…

婚約指輪をネット通販で

ネット通販で婚約指輪を一緒に選びましょう

一粒の輝くダイヤモンドの入った小さな箱をパカッとした開いた瞬間、女性は思わず口に手を当てる風景を皆様…

ダイヤモンドをネット通販で

ネット通販で数多くのダイヤモンドジュエリーに出会う

ダイヤモンドジュエリーを通販で購入する初めて私がジュエリーショップへダイヤモンドジュエリーを購入…

おすすめ記事

ダイヤモンドの4Cに優先順位ってあるの?

ダイヤモンドを購入する際には、ほとんど鑑定書が付属しています。鑑定書ではカット、カラー、クラリティ、…

ネット通販で楽しいダイヤモンド選び

ネット通販で楽しいダイヤモンド選び

最近ではお店で直接購入するだけでなく、インターネット上の通販を利用して手軽に商品を購入できるサービス…

ダイヤモンドリングの種類と選び方

結婚指輪や婚約指輪に使用される宝石と言えばやはりダイヤモンドです。また、日常シーンで身に付けられるこ…

ダイヤモンドを高く下取りしてもらうコツ

新しく購入するジュエリーの資金にとダイヤモンドを下取りにする際、どのようなダイヤモンドが高く買い取っ…

世界に一つのダイヤモンドジュエリー

世界の一つのダイヤモンドジュエリーを手にしたい…そう考えたのであれば、オーダーメイドをお勧めします。…

プラチナについてもっと知りたい

ブライダルリングとして最も人気の高い貴金属、プラチナ。永遠に褪せることのない、高貴で潔白な白い輝き。…

ダイヤモンドのインクルージョンとは

ダイヤモンドのインクルージョンとは???

ダイヤモンドのインクルージョンについて地中深く、太古からの長い年月をかけて形成されるダイヤモンド…

ダイヤモンドのリユースについて

ダイヤモンドのリユースについて

「リユース」という言葉を聞いたことがあるかと思いますが、ダイヤモンドがリユースできることをご存知です…

ダイヤモンドジュエリーを長持ちさせるために

ダイヤモンドジュエリーを長持ちさせるために

ダイヤモンドジュエリーのお手入れとメンテナンスジュエリーのお手入れは、どうされていますか?きれい…

ダイヤモンドを下取りしてもらうためのヒント

サザビーズやクリスティーズなどの大手オークションハウスなどでは、ダイヤモンドが記録的な価格で落札され…

エンゲージリング

  1. エンゲージリング
  2. エンゲージリングを普段使いに

購入のためのヒント

  1. ダイヤモンドの誕生秘話
  2. ダイヤモンドジュエリーをネット通販で選ぶコツ
  3. 良いインクルージョンと避けたほうがいいインクルージョン

ダイヤモンドの基礎知識

鑑定書・鑑別書

知っているようで知らない、鑑別書・鑑定書とは?

鑑定書、鑑別書について宝石の「鑑定書」や「鑑別書」はどんなものかご存知ですか?ジュエリーには、「…

ダイヤモンドの4C「クラリティ」とは

クラリティについてダイヤモンドには4Cという評価基準がありますが、カットやカラー、カラットなどに…

カラーダイヤモンドについて

ダイヤモンドといえば無色・透明の宝石を思い浮かべると思いますが、実はダイヤモンドは無色だけでなく、さ…

オーダーメイドのダイヤモンドジュエリー

オーダーメイドのダイヤモンドジュエリー

素敵なジュエリーを探して歩くのも楽しいですが、自分の好きなように想像したジュエリーを身に着けることが…

使わなくなったダイヤモンドジュエリーを売ってみよう

使わなくなったダイヤモンドジュエリーを売ってみよう

使わなくなってしまったダイヤモンドジュエリーを売りたい、下取りに出したい…そんな時はどうしたらいいの…

1からのダイヤモンドネックレス選び

1からのダイヤモンドネックレス選び

ダイヤモンドネックレスが欲しいなと思った時に、何からどう選べばいいかよくわからない方も多いのではない…

ダイヤモンドのリユースについて

ダイヤモンドのリユースについて

「リユース」という言葉を聞いたことがあるかと思いますが、ダイヤモンドがリユースできることをご存知です…

そもそもダイヤモンドとは?知らなかった生成過程について!

ジュエリーやマリッジリングとして使用されるダイヤモンドですが、宝石そのものの生成の過程や歴史、神話、…

ダイヤモンドの透明度を決めるクラリティ

ダイヤモンドの透明度を決めるクラリティ

ダイヤモンドのクラリティ(透明度)とはインクルージョン(内包物)がない透明度の程度を表します。…

古代インドで始まったダイヤモンドの歴史

婚約や結婚指輪として使われるダイヤモンドは、ラブストーリーを彩る大切な脇役として欠かせないアイテムで…

ダイヤモンドジュエリーを選ぶ
  1. ネット通販で購入する前に
  2. ダイヤモンドピアスを購入する前に
  3. ダイヤモンドの4Cとは
  4. ダイヤモンドを普段使いに

ダイヤモンドの4Cについて

  1. ダイヤモンドの4Cとは
  2. 歴史から見るダイヤモンドのカット
  3. ダイヤモンドの評価
  4. ダイヤモンドの透明度を決めるクラリティ
  5. ダイヤモンドの評価

ネット通販でダイヤモンドを選ぶ

ネット通販で購入する前に

ネット通販で購入する前に!ダイヤモンドの基本

数ある宝石の中で一番女性を虜にし、プレゼントして心から喜ばれる宝石と言えば、ダイヤモンドです。また、…

ダイヤモンドを通販で購入するってどうなの

ダイヤモンドを通販で購入してみる

ダイヤモンドを通販で購入してみませんか?数ある宝石の中でも格別な美しい輝きを放ち、王者の風格が漂…

PAGE TOP