素材を知る・選ぶ

プラチナ人気は日本だけ?!

プラチナダイヤモンド

婚約指輪や結婚指輪で人気の高いプラチナ。
高級感のある白い光がワンランク上の女性を演出してくれます。
今回はプラチナの純度や特徴についてお話ししたいと思います。

プラチナの純度

プラチナにはPT1000、PT950、PT900、PT850と分かれています。
それぞれの数字は純度を表します。
純度とは、プラチナの含有率のことで、数字が小さくなるほど純度が低くなります。
例えばPT1000は99.99%プラチナで、PT950は95%のプラチナが含まれています。
残りの0,01%、5%にはパラジウムやルテニウムといった金属が混ぜられています。
現在では100%プラチナというものは存在しないとわかり、それからは純度が99.99%のものはPT999の表記に変わりました。
また、日本では85%以下の純度はジュエリーと認識されない為、PT850がプラチナの最低ラインなのだと覚えておくと選択肢が広がりそうです。
ちなみにK18と表記されるゴールドは75%の純度です。
純度の違いから日本ではプラチナをマリッジリングに選ぶ傾向が高いですね。

純粋なプラチナに近いPT999こそ混じりけが少なく、アクセサリーに1番理想的なのでは?と思われるでしょうか。
プラチナにプラチナ以外の金属が混ぜられる理由の一つに硬度があります。
プラチナ本来は柔らかい金属で黒っぽい白色で希少性は高いのですが、耐久性や色味が日常的に負荷のかかり易いアクセサリーには向いていません。
その為、他の金属を混ぜ純度を下げたものが使われ、負荷のかかりやすいリングでは特にPT950やPT900が使われることが多いのです。

プラチナのアクセサリーを選ぶメリット

プラチナのアクセサリーで特徴的なのは変化の少なさです。
経年劣化が少なく変形や変色しにくい素材なので長く美しい状態を保つことができます。
元々柔らかい金属なので加工し易く様々なデザインが豊富なのも魅力の一つです。
サイズ変更などもし易いので、気に入ったデザインなのにサイズがない!なんて時にもサイズ変更を受け付けて貰い易い金属です。
白い光を放つプラチナと似た色味の金属にホワイトゴールドがあります。
ホワイトゴールドはプラチナよりも強度が高い特性があります。
実はプラチナもホワイトゴールドもどちらもロジウムという金属でメッキ加工が施してあります。
プラチナはアクセサリー様に加工する際にパラジウムやルテニウムといった白い金属と混ぜて白くする為メッキが剥がれても目立ちにくいのですが、ホワイトゴールドはシャンパンゴールドに近い金属に白色の金属でメッキ加工を施してホワイトゴールドにしている為、経年劣化などによるメッキの剥がれが原因で変色したように見えてしまうこともあります。
メッキはもう一度かけ直すことも出来ますが、このような変色がなく長年楽しめるのはプラチナの特徴だと言えます。

実はプラチナはどこでも採れる金属でなく、産地はごく一部に限られています。
そして携帯電話などの工業製品にもニーズの高い材料なので、他の金属よりも希少性が高い傾向です。
その為、プラチナのアクセサリーも高く価値が安定して評価され、査定価格も大きく上昇します。
資産として所持するのにも価格が安定しているので安心ですね。
ちなみにリユース業者などでの買取では、純度が高いほど査定価格が高額になります。
ですが、PT1000のアクセサリーは滅多になく、多くはPT950のもの。
ニーズもあるのでPT950は査定も高く見て貰えます。
新しいジュエリーが欲しいならまずは家で眠っているプラチナジュエリーをリユース業者で査定してもらうのもいいかもしれません。

肌が弱い人や金属で肌荒れを起こしてしまう、金属アレルギーが起こりにくいのもプラチナの特徴で、夏場の汗ばむ時期にはプラチナをつけるようにすると、アレルギー症状はもちろんですがプラチナなら汗や塩分による劣化にも強い為、より長くお楽しみ頂けるのでオススメです。

プラチナのアクセサリーを選ぶデメリット

メリットがあればもちろんデメリットもあります。
ここからはプラチナのアクセサリーのデメリットをお話ししましょう。

プラチナは柔らかい金属だと何度か出ていましたが、例えPT900であってもじわりじわりと力が加わるとリングなどは変形を起こしやすいです。
また先に説明のあった純度にも関係しますが、婚約指輪や結婚指輪に使うプラチナには、より純粋なプラチナを選びたくなります。
ですが、婚約指輪や結婚指輪はファッションリングとは違い、何十年も連れ添うもの。
PT999のように純度の高いプラチナを地金で選んでしまうと、あっという間に傷が付き光を失いくすんでしまいます。
特に結婚指輪のようにデイリーユースに身につけるアクセサリーに選択する場合はPT950以下のものを選ぶのが最適です。

プラチナは世界中で人気?

ここまで安定して高価で敷居の高い印象のプラチナですが、世界的に見てもジュエリーで1番人気な素材はプラチナなのでしょうか?
その答えはノーです。
プラチナの人気がここまで高いのは実は日本だけです。
世界的に見てもプラチナが高価なことに変わりはありませんが、大半は工業用の金属としての需要でジュエリーとしての需要は1番多いアメリアでもせいぜい3,5%です。
それに比べ、日本は世界一のプラチナ消費国です。
婚約指輪でプラチナが人気なので分かりますが、宝飾用の割合が60%と圧倒的な高さでいかに日本人がプラチナを支持しているかがわかる数字です。

では世界的にはどの金属が人気なのでしょうか?
それは、ホワイトゴールドやイエローゴールドです。
実のところ、日常的に使うのに傷も変形もしにくいゴールドはアクセサリーに最適な金属です。
なのに日本ではプラチナを支持するの?と疑問に思いますよね。
この原因は少し時代を遡ります。
ジュエリーが普及し始めた当初の日本と海外ではジュエリーの生産方法に差がありました。
日本ではプレス機にかけて大量生産をし、まるで工業用製品を作るかの様な制作過程でした。
その方法ではホワイトゴールドはとても扱いづらい金属なのです。
海外ではジュエリーはハンドメイドで仕上げるのが主流だったために、日本では扱いづらかったゴールドを美しいジュエリーに仕上げることが出来ました。
その名残で日本ではプラチナ、海外ではゴールドと定着したのです。
とはいうものの、現在でも日本でプラチナ支持が引続くのは昔の製造過程の理由のみならず、白い光を放つプラチナの控えめでピュアな魅力が日本人の好みにぴったりで支持され続けていることが大きいです。

プラチナのお手入れ方法

ほとんど変色することがなく、白く輝き続けて永遠を思わせるプラチナはお手入れ方法もとても簡単です。
日常的なお手入れは着用後、柔らかい布で拭くだけで大丈夫です。
気になる汚れがある様でしたら、中性洗剤をぬるま湯に少量溶かして少しの時間浸けておきます。
細かい装飾部分には柔らかい歯ブラシなどで優しく磨き綺麗な水でしっかりとゆすぐと白い輝きが戻ります。
ダイヤモンドなど無色透明の石には影響が少ないですが、アメジスト、サファイヤやエメラルドなどのカラーストーンの中には水や洗剤につけると変色する恐れがありますので、お手入れの前には必ず確認してから行うようにしましょう。

いかがでしたでしょうか?
美しい宝石を支える地金ですが、その金属本体の輝きも美しく、ストーンのないジュエリーもとても魅力的です。
それぞれの金属の特性を知ることで、自分にとってより相性の良いジュエリーを選べるのではないでしょうか?
素敵なジュエリーとの出会いのお手伝いが出来れば嬉しいです。

関連記事

  1. ダイヤモンドピアスを選ぶコツ

    ダイヤモンドピアスを選ぶ5つのコツ

  2. マリッジリングの歴史とお作法、意味合いを理解しましょう

    マリッジリングの歴史とお作法、意味合いを理解しましょう

  3. ダイヤモンドの価値評価

    ダイヤモンドの価値はどのように評価されるの?

  4. 誕生石

    誕生石とその意味のお話

  5. ダイヤモンドジュエリーが魅力的な理由

  6. 1からのダイヤモンドネックレス選び

    1からのダイヤモンドネックレス選び

  7. ダイヤモンドジュエリーをネット通販で選ぶコツ

    ダイヤモンドジュエリーをネット通販で選ぶコツ

  8. ダイヤモンドの4C~価値を知るための基準~

ネット通販で購入

ネット通販で楽しいダイヤモンド選び

ネット通販で楽しいダイヤモンド選び

最近ではお店で直接購入するだけでなく、インターネット上の通販を利用して手軽に商品を購入できるサービス…

ダイヤモンドジュエリーをネット通販で選ぶコツ

ダイヤモンドジュエリーをネット通販で選ぶコツ

ダイヤモンドの購入を考えた時、皆さんはまずどのような購入方法を思い浮かべるでしょうか?百貨店やフ…

ダイヤモンドを通販で購入するってどうなの

ダイヤモンドを通販で購入してみる

ダイヤモンドを通販で購入してみませんか?数ある宝石の中でも格別な美しい輝きを放ち、王者の風格が漂…

通販でダイヤモンドを購入する秘訣

ネット通販でダイヤモンドを購入する秘訣

通販でダイヤモンドを購入する秘訣とは?婚約・結婚指輪に。プレゼントや大切な記念日に。頑張った自分…

ダイヤモンドをネット通販で

ネット通販で数多くのダイヤモンドジュエリーに出会う

ダイヤモンドジュエリーを通販で購入する初めて私がジュエリーショップへダイヤモンドジュエリーを購入…

ダイヤモンドの結婚指輪を通販で買うのはもはや常識

インターネットがすっかり普及した現代社会では、どんなものでもオンラインショップの通販で簡単に手に入れ…

婚約指輪をネット通販で

ネット通販で婚約指輪を一緒に選びましょう

一粒の輝くダイヤモンドの入った小さな箱をパカッとした開いた瞬間、女性は思わず口に手を当てる風景を皆様…

ネット通販で購入する前に

ネット通販で購入する前に!ダイヤモンドの基本

数ある宝石の中で一番女性を虜にし、プレゼントして心から喜ばれる宝石と言えば、ダイヤモンドです。また、…

ダイヤモンドを通販で購入する場合知っておきたいこと

ダイヤモンドを通販で購入する場合に知っておきたいこと

最近ではお店で直接購入するだけでなく、インターネット上の通販を利用して手軽に商品を購入できるサービス…

おすすめ記事

ダイヤモンドを下取りしてもらうためのヒント

サザビーズやクリスティーズなどの大手オークションハウスなどでは、ダイヤモンドが記録的な価格で落札され…

ゴールドジュエリー

海外では圧倒的に主流はゴールド

日本ではプラチナが好まれる傾向にありますが、海外では婚約指輪も結婚指輪もゴールドが主流です。日本…

婚約指輪をネット通販で

ネット通販で婚約指輪を一緒に選びましょう

一粒の輝くダイヤモンドの入った小さな箱をパカッとした開いた瞬間、女性は思わず口に手を当てる風景を皆様…

シルバージュエリーについて

シルバーとシルバージュエリーについて

プラチナやゴールドにはまだ手が届かないけど、初めてのジュエリーとの出会いはシルバーだった、という人も…

知られざるダイヤモンドの歴史について

知られざるダイヤモンドの歴史について

多くの人を魅了するダイヤモンドには長い歴史があります。今回はダイヤモンドの歴史についてお話しした…

男性も楽しめるダイヤモンド

美しい輝きを放つ、誰もが魅了される宝石、ダイヤモンド。ダイヤモンドというと女性向けというイメージが強…

ダイヤモンドリングの種類と選び方

結婚指輪や婚約指輪に使用される宝石と言えばやはりダイヤモンドです。また、日常シーンで身に付けられるこ…

ダイヤモンドの評価

ダイヤモンドは婚約指輪などにも使用される貴重な宝石です。一生に一度の買い物になるということもありなる…

カラーダイヤの評価~ファンシーダイヤモンドについて~

ダイヤモンドカラーについてダイヤモンドは無色透明な物から色のあるカラーダイヤまで様々な物がありま…

ダイヤモンドリングの選び方

ダイヤモンドリングの魅力や種類

永遠の輝きを持つ、美しいダイヤモンドは女性のあこがれですね。リング(指輪)は、数あるジュエリーのアイ…

エンゲージリング

  1. どんなエンゲージリングが欲しいですか?

購入のためのヒント

  1. ダイヤモンドジュエリーの魅力
  2. ダイヤモンドのカット
  3. ダイヤモンドジュエリーの魅力

ダイヤモンドの基礎知識

ダイヤモンドの採掘国はどこ?

ダイヤモンドはごく僅かの限られた場所でしか採掘されません。何故なら35億年から9億年前からある土地で…

ダイヤモンドジュエリーを長持ちさせるために

ダイヤモンドジュエリーを長持ちさせるために

ダイヤモンドジュエリーのお手入れとメンテナンスジュエリーのお手入れは、どうされていますか?きれい…

身近なところで大活躍、工業用ダイヤモンド

身近なところで大活躍、工業用ダイヤモンド

世界中の人々から愛される宝石の王様、ダイヤモンド。ダイヤモンドと言えば、地球上でいちばん硬い鉱物です…

ダイヤモンドピアスのセッティングには、どんな種類があるの?

耳元のアクセントに、さりげなく光るダイヤモンドピアスが欲しい!でも、いざ購入するとなると、色々と迷っ…

ダイヤモンドの誕生秘話

ダイヤモンドの誕生秘話

宝石といえばダイヤモンドと言っても過言ではないほど有名なダイヤモンドですが、どんな鉱物なのかなど詳し…

ダイヤモンドのリユースについて

ダイヤモンドのリユースについて

「リユース」という言葉を聞いたことがあるかと思いますが、ダイヤモンドがリユースできることをご存知です…

一粒ダイヤモンドが人気の理由

一粒ダイヤモンドについて最近、女性達の間で一粒ダイヤモンドを使ったアクセサリーが人気になってきて…

ダイヤモンドの価値を決めるカラット

ダイヤモンドの価値を決めるカラット

ダイヤモンドといえばカラットと言われてもいい程4Cの中でも有名なカラット。ですが、カラットの事を…

そもそもダイヤモンドとは?知らなかった生成過程について!

ジュエリーやマリッジリングとして使用されるダイヤモンドですが、宝石そのものの生成の過程や歴史、神話、…

世界で最も大きなダイヤモンドの産地

ダイヤモンドの原石は、どんな場所でも見つかるというわけではありません。とはいえ、人々が必死になって探…

ダイヤモンドの結婚指輪を贈る
  1. カラーダイヤモンドを知りましょう
  2. 使わなくなったダイヤモンドジュエリーを売ってみよう
  3. ピアスの歴史と選び方のポイント

ダイヤモンドの4Cについて

  1. 歴史から見るダイヤモンドのカット
  2. ダイヤモンドの価値を決めるカラット
  3. ダイヤモンドの4C
  4. ダイヤモンドの4Cとは
  5. ダイヤモンドのインクルージョンとは
  6. ダイヤモンドのクラリティ
  7. ダイヤモンドの透明度を決めるクラリティ

ネット通販でダイヤモンドを選ぶ

婚約指輪をネット通販で

ネット通販で婚約指輪を一緒に選びましょう

一粒の輝くダイヤモンドの入った小さな箱をパカッとした開いた瞬間、女性は思わず口に手を当てる風景を皆様…

ダイヤモンドを通販で購入する場合知っておきたいこと

ダイヤモンドを通販で購入する場合に知っておきたいこと

最近ではお店で直接購入するだけでなく、インターネット上の通販を利用して手軽に商品を購入できるサービス…

PAGE TOP