ダイヤモンドを知る

エンゲージリングの意味や歴史

プロポーズの瞬間。それは女性にとって人生で最高に嬉しい、サプライズの瞬間です。映画のワンシーンの様なロマンティックな場面。こんな素敵なプロポーズをされたい!と、誰もが一度は憧れるものです。反対に、男性にとってはシチュエーションや言葉選びなどあれこれ思い悩む、勝負の瞬間となります。そして何よりも大切なのが、指輪選びです。プロポーズする時に贈るのは、ダイヤモンドの指輪が定番となっています。一体こういった伝統はいつから始まったのでしょうか。今回は、エンゲージメントリングの意味や歴史についてのお話しをお伝えします。

古代エジプトから始まった歴史

エンゲージリングの始まりは、古代エジプトと言われています。丸い形は永遠を象徴すると言われていました。そして、丸い形をした指輪を心臓に最も近い左手の薬指にはめる事で、そのパワーが伝わると信じられていました。古代では、左手の薬指から流れる太い血管は直接心臓に繋がっていると言われ、心臓=ハートすなわち心に一番近い指に指輪をして永遠の愛を誓ったのです。

古代ローマでは、結婚の儀式として鉄や銅を素材とした指輪を贈る習慣があったそうです。この指輪には小さな鍵が付いていました。「鍵付きの指輪」は、この鍵により新しい人生の扉を開けることや、妻が夫の所有物であることなどを意味したと言われています。又、実際に財宝が入った宝箱を開けるための鍵として贈られることもあったそうです。

6世紀のイギリスでは、新婦が受け取るのは鍵付きの指輪だけではありませんでした。夫婦がこれから共有する大切なもの。特に新居の鍵は、新婦の腰の周りに大切に取りつけられました。教会の結婚式の際には、神父が鍵付きの指輪がいかに重要であるかについて説いたほどです。

始めてダイヤモンドが贈られたのは15世紀

1477年には、初めてダイヤモンドがエンゲージリングとして使用された記録が残っています。オーストリアのマキシミリアン大使がブルゴーニュのマリー公女と婚約した時のことでした。この婚約を機に、ヨーロッパ中の貴族や資産家たちの間でダイヤモンドのエンゲージリングを贈ることが流行し始めたのです。

15世紀にはゴールドを素材とした指輪に貴石がセッティングされた婚約指輪が流行しました。こういった指輪は、主に王侯貴族たちが身に着けていました。貴石にはそれぞれ意味があり、ルビーは愛、エメラルドは家庭、ダイヤモンドは強さを表すと言われていました。

当時は、花嫁が隠された意味のある指輪を受け取る事も多くあったそうです。この頃は、長方形にカットされたルビーとダイヤモンドがふたつセッティングされた指輪が人気でした。これらは献身と情熱を意味するものとしてエンゲージリングの主流となっていたのです。そして、これらの宝石の下には愛を誓う言葉が刻まれていました。ふたつの宝石から作られた指輪は、実はふたつに割ることが出来、花嫁と花婿がそれぞれ指にはめる様に作られていたのです。

ブラジルのダイヤモンド鉱山が発見される

18世紀になると、アイルランドで作られたクラダリングが流行します。王冠を付けたハートを両手で優しく包んだモチーフは、愛の象徴そのもの。この指輪はアイルランド西部にある小さな漁村クラダ村で生まれました。王冠は忠誠、ハートは愛、両手は友情を意味します。アイルランドを訪れたヴィクトリア女王が購入し身につけたことから人気に火が付き、現在でも愛を誓う指輪として世界中で愛されています。

1725年にブラジルでダイヤモンド鉱山が発見されます。これまでダイヤモンドはインドでしか発見されておらず、とても希少なものでした。しかしブラジルで鉱山が見つかったことにより、ヨーロッパの貴族たちがより多くのダイヤモンドを手に入れる機会が訪れたのです。

この頃のエンゲージリングはシルバーやゴールドを素材とし、センターに大きなダイヤモンド、その両側に貴石をあしらったものでした。結婚式のセレモニーでは、エンゲージリングに続き結婚指輪を贈る習慣が一般的となります。

高級宝石商が発したトレンド

1886年にアメリカの宝石商ティファニー社が「ティファニーセッティング」というダイヤモンドの石留め法を開発します。ダイヤモンドを6本の立て爪で高い位置で留めるので、外部の光を最大に吸収しさらに最高の光を反射するのです。このセッティング法は宝飾界に革命をもたらし、エンゲージリングの定番型となりました。

ダイヤモンドを南アフリカで採掘、世界に流通させているデビアス社は、ハリウッド映画やテレビなどのメディアを通して、ダイヤモンドエンゲージリングの魅力を存分に伝えました。

日本での歴史

日本にエンゲージリングを贈る習慣が始まったのは、開国し異国との繋がりが強くなり始めた明治時代だと言われています。しかし、この頃は日本でも指輪などのジュエリーを身に着ける習慣が定着していませんでした。そのため、指輪を贈るのが最も一般的となったのは、戦後になってからなのです。

1960年頃には結納としてパールの婚約指輪を贈るのが一般的でした。日本は古くから真珠の産地であり、御木本幸吉が養殖真珠の生産に成功してからパールは高級ジュエリーとして人気がありました。ダイヤモンドを贈る習慣が始まったのは1970年代以降になってからです。

現在では西洋の文化が日本中に広まり、チャペルやウエディングドレスなど、西洋式の結婚式を取り入れるのが一般的になりました。「ダイヤモンドは永遠の輝き」というデビアス社のキャッチフレーズとともに、ダイヤモンドのエンゲージリングは瞬く間に日本でも伝統として根付くこととなったのです。

ダイヤモンドエンゲージリングの魅力

女性にとって、エンゲージリングは人生を変えるきっかけとなる大切な贈り物です。小さいけれど、最もパワフルで夢と希望にあふれたギフト。ウエディングリングとペアにする事で、より一層その魅力と輝きが増すのではないでしょうか。

愛する人から受け取った指輪には、プロポーズの瞬間が永遠に刻み込まれています。ふたりだけしか知らない、最高のひと時の思い出が詰まったとっておきの宝物。

ハートに近い左手の薬指にはめる、鍵付きの指輪を贈る、愛のメッセージを入れる…など、エンゲージリングに秘められた長い歴史は、とてもロマンティックです。

そして数ある宝石の中でも、ダイヤモンドは世界一硬い物質です。その輝きは宝石の中では最高であり、永遠に続くものです。これからずっと長い人生を共にするパートナーへの愛を約束する証しとして、永遠の耐久性と輝きのあるダイヤモンドは最適の贈り物なのです。

エンゲージリングをお探しの際には、ダイヤモンドの4Cについての知識を前もって学んでおくと良いでしょう。自分の目で、自信を持って確実に良質なダイヤモンドを選ぶことができます。カットについて知っておくのもプラスになります。定番のラウンドブリリアントカットや、個性的なエメラルドカット、クラシックなアッシャーカットなどそれぞれがダイヤモンドの個性を引き出す様にデザインされています。

好みやライフスタイルによって、エンゲージリングの選択は様々です。指輪は贈られた瞬間から持ち主の物となり、毎日身につけるパートナーとなるのです。これから始まる新しい人生のために、おふたりだけのロマンティックな歴史を刻む特別のエンゲージリングを見つけましょう。

関連記事

  1. エンゲージリング

    最古のエンゲージリングは古代ローマ時代?!

  2. 誕生石をプレゼントする

    魅力的な石言葉!誕生石をプレンゼントしてみる

  3. ダイヤモンドのリユースについて

    ダイヤモンドのリユースについて

  4. インクルージョン(内包物)について

  5. ダイヤモンドで資産運用

    ダイヤモンドで資産運用を考える

  6. 誕生石

    自分へのご褒美に選ぶ誕生石

  7. ダイヤモンドジュエリーを選ぶ

    ダイヤモンドジュエリーを選んでみよう

  8. ダイヤモンドの評価

    ダイヤモンドの4Cって一体なんだ??

ネット通販で購入

婚約指輪をネット通販で

ネット通販で婚約指輪を一緒に選びましょう

一粒の輝くダイヤモンドの入った小さな箱をパカッとした開いた瞬間、女性は思わず口に手を当てる風景を皆様…

ダイヤモンドをネット通販で

ネット通販で数多くのダイヤモンドジュエリーに出会う

ダイヤモンドジュエリーを通販で購入する初めて私がジュエリーショップへダイヤモンドジュエリーを購入…

ネット通販で購入する前に

ネット通販で購入する前に!ダイヤモンドの基本

数ある宝石の中で一番女性を虜にし、プレゼントして心から喜ばれる宝石と言えば、ダイヤモンドです。また、…

ネット通販で楽しいダイヤモンド選び

ネット通販で楽しいダイヤモンド選び

最近ではお店で直接購入するだけでなく、インターネット上の通販を利用して手軽に商品を購入できるサービス…

ダイヤモンドを通販で購入するってどうなの

ダイヤモンドを通販で購入してみる

ダイヤモンドを通販で購入してみませんか?数ある宝石の中でも格別な美しい輝きを放ち、王者の風格が漂…

ダイヤモンドを通販で購入する場合知っておきたいこと

ダイヤモンドを通販で購入する場合に知っておきたいこと

最近ではお店で直接購入するだけでなく、インターネット上の通販を利用して手軽に商品を購入できるサービス…

ダイヤモンドの結婚指輪を通販で買うのはもはや常識

インターネットがすっかり普及した現代社会では、どんなものでもオンラインショップの通販で簡単に手に入れ…

通販でダイヤモンドを購入する秘訣

ネット通販でダイヤモンドを購入する秘訣

通販でダイヤモンドを購入する秘訣とは?婚約・結婚指輪に。プレゼントや大切な記念日に。頑張った自分…

ダイヤモンドジュエリーをネット通販で選ぶコツ

ダイヤモンドジュエリーをネット通販で選ぶコツ

ダイヤモンドの購入を考えた時、皆さんはまずどのような購入方法を思い浮かべるでしょうか?百貨店やフ…

おすすめ記事

4C以外のカットの種類と魅力

カットについてダイヤモンドのカットで一番有名なのは4C評価の対象にもなっているラウンドブリリアン…

海外セレブのダイヤモンド婚約指輪ストーリー

海外セレブのダイヤモンド婚約指輪ストーリー

ハリウッドスターを始めとする、海外セレブの婚約指輪は大きさや品質も超一流です。エメラルドカットのダイ…

定番から最新のトレンドまで!ダイヤモンドリングのデザインとは?

定番から最新のトレンドまで!ダイヤモンドリングのデザインとは?

ダイヤモンドリングを買いたいけれど、色々なデザインがあって迷ってしまう。自分に似合う指輪とは?普段用…

エリザベス・テイラーが愛したダイヤモンドジュエリーたち

世界一美しい女性と呼ばれたハリウッドの名女優、エリザべス・テイラー。生涯多くの恋をし、7回の結婚と離…

ダイヤモンドの天然インクルージョンとはどんなもの?

ダイヤモンドは、それぞれが内部に独特な特徴を持つ宝石です。天然のダイヤモンドにはひとつずつに違った個…

ダイヤモンドをネット通販で

ネット通販で数多くのダイヤモンドジュエリーに出会う

ダイヤモンドジュエリーを通販で購入する初めて私がジュエリーショップへダイヤモンドジュエリーを購入…

鑑定書や鑑別書の基礎知識

鑑定書と鑑別書の基礎知識

鑑定書や鑑別書と耳にはするものの、違いがよく分からないし、必要なものなのかも分からなくてぼんやりして…

ダイヤモンドのエタニティリングを結婚指輪に選ぶ理由

毎日つける結婚指輪だから、ちょっぴり贅沢したい!おふたりが、愛を誓いあう結婚式で交換する結婚指輪。結…

ダイヤモンドの誕生秘話

ダイヤモンドの誕生秘話

美しく輝く宝石の王様、ダイヤモンド。「磨けば光る石」と有名ですが、もともと何でできているどんな石なの…

カラーダイヤモンドを知りましょう

カラーダイヤモンドを知りましょう!

ダイヤモンドと一口に言っても実は様々なカラーが存在します。今回は鑑定書で使われる基準のカラーとともに…

エンゲージリング

  1. ダイヤモンドリングを買うポイント教えます
  2. エンゲージリングを普段使いに

購入のためのヒント

  1. ダイヤモンドのカラー
  2. ダイヤモンドの透明度を決めるクラリティ
  3. ダイヤモンドのリユースについて

ダイヤモンドの基礎知識

ダイヤモンドの価値評価

ダイヤモンドの価値はどのように評価されるの?

宝石といえば?と聞くと必ず出てくるほど有名なダイヤモンド。身近な存在なようで実は知らないことが多…

古代インドで始まったダイヤモンドの歴史

婚約や結婚指輪として使われるダイヤモンドは、ラブストーリーを彩る大切な脇役として欠かせないアイテムで…

ダイヤモンドの誕生秘話

ダイヤモンドの誕生秘話

宝石といえばダイヤモンドと言っても過言ではないほど有名なダイヤモンドですが、どんな鉱物なのかなど詳し…

カラットの知識と逸話

ダイヤモンドのカラットについてダイヤモンドは輝きや透明度も美しいですが、その重量からも価値の判断…

ダイヤモンドのリユースについて

ダイヤモンドのリユースについて

「リユース」という言葉を聞いたことがあるかと思いますが、ダイヤモンドがリユースできることをご存知です…

ダイヤモンドピアスのセッティングには、どんな種類があるの?

耳元のアクセントに、さりげなく光るダイヤモンドピアスが欲しい!でも、いざ購入するとなると、色々と迷っ…

ダイヤモンドの採掘国はどこ?

ダイヤモンドはごく僅かの限られた場所でしか採掘されません。何故なら35億年から9億年前からある土地で…

身近なところで大活躍、工業用ダイヤモンド

身近なところで大活躍、工業用ダイヤモンド

世界中の人々から愛される宝石の王様、ダイヤモンド。ダイヤモンドと言えば、地球上でいちばん硬い鉱物です…

ダイヤモンドの用途について

ダイヤモンドと聞くと、美しい光を放つ宝飾品を思い浮かべるのではないでしょうか?宝石として使われるダイ…

ダイヤモンドの4C

ダイヤモンドの4Cを勉強しましょう

ダイヤモンドの美しさを評価する上で、専門の鑑定士が鑑定し、鑑定書というものをつけます。その評価を…

ダイヤモンドピアスを選ぶ5つのルール
  1. ダイヤモンドの結婚指輪を選ぼう
  2. 良いインクルージョンと避けたほうがいいインクルージョン

ダイヤモンドの4Cについて

  1. ダイヤモンドのクラリティ
  2. ダイヤモンドの価値評価
  3. ダイヤモンドの評価
  4. ダイヤモンドの4Cとは
  5. 歴史から見るダイヤモンドのカット

ネット通販でダイヤモンドを選ぶ

ダイヤモンドジュエリーをネット通販で選ぶコツ

ダイヤモンドジュエリーをネット通販で選ぶコツ

ダイヤモンドの購入を考えた時、皆さんはまずどのような購入方法を思い浮かべるでしょうか?百貨店やフ…

婚約指輪をネット通販で

ネット通販で婚約指輪を一緒に選びましょう

一粒の輝くダイヤモンドの入った小さな箱をパカッとした開いた瞬間、女性は思わず口に手を当てる風景を皆様…

PAGE TOP