ダイヤモンドを知る

ダイヤモンドのリユースについて

ダイヤモンドのリユースについて

「リユース」という言葉を聞いたことがあるかと思いますが、ダイヤモンドがリユースできることをご存知ですか?「リユース」を辞書で引くと「再使用する」という意味があります。傷が付きにくく、永遠の輝きを持つと言われているダイヤモンドは、リユースにとても適していると言えます。ダイヤモンドのリユースについてまとめてみました。

リユース、リサイクル、リデュースの違いは?

「地球の資源を無駄にせず、繰り返し使う」「ごみをできるだけ出さない」という社会の取り組みに「3R」があります。3Rとは「リユース」「リサイクル」「リデュース」を意味します。似て非なる3つの「R」は、それぞれ次のような意味を持っています。

リユース

一度使用された商品のそのままの形状、または部品をそのまま再度利用すること。「再使用」とも言います。オークションやフリーマーケットで物を売ることや、空き瓶などを洗浄・消毒して何度も使うことも「リユース」です。

リサイクル

製品化された物を資源化し、新たな製品の原料として再度利用しようとすること。ダンボールから再生紙を作ったり、ペットボトルからフリースを作ったりすることは「リサイクル」になります。

リデュース

英語で「減らすこと」という意味です。環境用語ではゴミを減らすことや、必要以上な物の生産や消費を抑えることを意味します。

ダイヤモンドはリユースに最適

ダイヤモンドは普遍的な物で、傷が付きにくいので長く使うことができます。価格が安定し、急に大きく変動することもありません。ダイヤモンドは、売ったり、作り替えて再使用(リユース)することに適しています。

リユースする手段は?

ダイヤモンドジュエリーをリユースする手段は、次のようなものがあります。

オークション出品

ひとつの商品に対し、購入希望者同士が購入希望金額を提示し、最高金額を付けた人が購入できるというオークション。ネットオークションのメリットは、品数が豊富で閲覧者も多く、自分で売値を決められるという点で、オンライン上で決済ができるという手軽さもあります。デメリットは、商品を直接手に取って見ることができないということや、完全に個人同士の取引なので、トラブルもあり得るということです。

質屋

質屋は「ブランド品やジュエリーを買い取って販売するお店」というイメージが定着しつつありますが、本来は品物を預けてお金を借りるところです。期限までにお金を返せば品物が戻ってきますが、期限までに返済しないと品物は質屋のものになります。その代わり返済義務はありません。質屋のメリットは「期限内に返済すれば商品が戻ってくる」という点で、デメリットは「買い取りに比べて査定額が低くなってしまう」ということです。

ダイヤモンド買取店

近頃増えているダイヤモンド買取店は、その場で査定額が出るのですぐにダイヤモンドを売ることができます。即売却できるので換金率が高いことと、売った後のダイヤモンドに関する責任がないので、面倒でないというメリットがあります。一方デメリットは、売るお店によって買い取り額がまちまちなので、納得のいく値段をつけてくれる買い取り先を見つけるまでの手間と労力がかかるということです。「信頼できる業者を見つけられるかと」いう点にかかっています。お店に出向く時間がない人のために「宅配買取」や「出張訪問買取」もありますが、「出張訪問買取」はあの手この手で貴金属類を買い取ろうとするため、もめごとやクレームが絶えません。

専門業者の委託販売

ダイヤモンドを売ろうと思ったときは、売買の仲介サービスを利用することもできます。専門業者に委託することで得られるメリットは、ダイヤモンドの大きさや品質によっては高額買い取りを期待できるという点です。業者が仲介をしてくれるので、売る側と買う側の個人情報などのやり取りの必要がなく、安心できる方法だとも言えます。デメリットは、売れるまでに時間がかかり、すぐに換金できないということです。

リサイクルショップに売る

使わないものをリサイクルショップに売る人が増えています。リサイクルショップでも、大型チェーン店から個人経営までさまざまです。上手に活用するためには、特徴を知っておきましょう。大型チェーン店は品ぞろえがいいので、すでに在庫が揃っていると買い取ってもらえない、または、売値が安くなるということもあります。小型店や個人経営のお店は、値段交渉の融通が利きます。お店によって買い取り額が違うので、いくつかのリサイクルショップを回って比較検討しましょう。

どんなお店に出せばいいの?

ダイヤモンドは、鑑定するうえで幅広い知識と経験が必要な宝石です。スタッフの知識が豊富で鑑定力があり、ダイヤモンドを多く取り扱っているお店を選びましょう。鑑定書があれば一緒に持参しましょう。お店によって買い取り額も変わってくるので、いくつかのお店で査定してもらって、売るお店を決めましょう。

「リフォーム」もリユースのひとつ

ここまでは「ダイヤモンドを売る」という形でのリユースの方法をご紹介してきましたが、「部分的に再利用する」ということもリユースのひとつです。ジュエリーと枠を石にばらして、リフォームすることもリユースにつながります。ダイヤモンドジュエリーのリフォームについて、ご紹介します。

ダイヤモンドジュエリーのリフォーム

傷が付いたり壊れたりしにくいダイヤモンドは、永久に使えると言っても過言ではありません。しかし、デザインに飽きてしまったジュエリーや、お母様から譲り受けたダイヤモンドの立爪リングなどが、使わずにしまったままになってはいませんか?思い入れはあるけど使っていないダイヤモンドジュエリーは、長く楽しむために好みのデザインにリフォームしましょう。何度でも生まれ変わることのできるジュエリーは、世代を超えて使うことができます。

どこでリフォームするの?

ジュエリーショップ、ジュエリー工房などにリフォームを依頼します。

セミオーダー

お手持ちのダイヤモンドの大きさに合う枠を選び、ジュエリーに加工します。地金は、プラチナ、ゴールド、ピンクゴールドなど。アイテムは指輪、イヤリング、ピアス、ネックレスなどが選べて、メレダイヤを入れることもできます。枠の実物を見て選んだり、カタログから選ぶこともできます。遠方で来店できない場合は、宅配を利用してリフォームできるお店もあります。

フルオーダー

一点物を手作りしているジュエリー工房などで、一から作ることもできます。自分でデザインしたい人や、作りたいジュエリーのイメージがある人におすすめです。デザイン画は描けなくても、プロのデザイナー、職人に希望を伝えることで形にしてもらうことができます。

リフォームの流れ

  1. ヒアリング。希望のデザインやアイテムを伝えます。
  2. 石の状態を確認します。
  3. デザインの決定。枠を選んだり、デザイン画を描いてデザインを決定します。
  4. 予算に合わせて見積もりを出します。
  5. 加工。加工には1~2か月かかります。
  6. 完成。

不要になった貴金属を売ることもできます

リフォームで不要になった貴金属や、切れてしまったネックレスのチェーンは、下取りしてもらうこともできます。貴金属製品は、当日の相場で買取金額が決まります。売ることのできる貴金属の品位は、金はK9以上、プラチナはPt750以上、シルバーは800以上です。

関連記事

  1. ダイヤモンドのメンテナンス方法

  2. 誕生石をプレゼントする

    魅力的な石言葉!誕生石をプレンゼントしてみる

  3. 4C以外のカットの種類と魅力

  4. エンゲージリングの意味や歴史

  5. 婚約指輪をネット通販で

    ネット通販で婚約指輪を一緒に選びましょう

  6. ダイヤモンドジュエリーの魅力とは

    ダイヤモンドジュエリーの魅力とは?

  7. 歴史から見るダイヤモンドのカット

    歴史から見るダイヤモンドカット

  8. ダイヤモンドの4Cとは

    ダイヤモンドの4Cを分かりやすく説明します

ネット通販で購入

ダイヤモンドをネット通販で

ネット通販で数多くのダイヤモンドジュエリーに出会う

ダイヤモンドジュエリーを通販で購入する初めて私がジュエリーショップへダイヤモンドジュエリーを購入…

通販でダイヤモンドを購入する秘訣

ネット通販でダイヤモンドを購入する秘訣

通販でダイヤモンドを購入する秘訣とは?婚約・結婚指輪に。プレゼントや大切な記念日に。頑張った自分…

婚約指輪をネット通販で

ネット通販で婚約指輪を一緒に選びましょう

一粒の輝くダイヤモンドの入った小さな箱をパカッとした開いた瞬間、女性は思わず口に手を当てる風景を皆様…

ネット通販で楽しいダイヤモンド選び

ネット通販で楽しいダイヤモンド選び

最近ではお店で直接購入するだけでなく、インターネット上の通販を利用して手軽に商品を購入できるサービス…

ダイヤモンドを通販で購入する場合知っておきたいこと

ダイヤモンドを通販で購入する場合に知っておきたいこと

最近ではお店で直接購入するだけでなく、インターネット上の通販を利用して手軽に商品を購入できるサービス…

ダイヤモンドの結婚指輪を通販で買うのはもはや常識

インターネットがすっかり普及した現代社会では、どんなものでもオンラインショップの通販で簡単に手に入れ…

ダイヤモンドジュエリーをネット通販で選ぶコツ

ダイヤモンドジュエリーをネット通販で選ぶコツ

ダイヤモンドの購入を考えた時、皆さんはまずどのような購入方法を思い浮かべるでしょうか?百貨店やフ…

ネット通販で購入する前に

ネット通販で購入する前に!ダイヤモンドの基本

数ある宝石の中で一番女性を虜にし、プレゼントして心から喜ばれる宝石と言えば、ダイヤモンドです。また、…

ダイヤモンドを通販で購入するってどうなの

ダイヤモンドを通販で購入してみる

ダイヤモンドを通販で購入してみませんか?数ある宝石の中でも格別な美しい輝きを放ち、王者の風格が漂…

おすすめ記事

ネックレス選びで大切な5つのこと

ネックレス選びで大切な5つのこと

指輪、ピアスと同じくらい身近なアクセサリーと言えばネックレスです。しかしダイヤモンドなどの高価な宝石…

ダイヤモンドネックレスの魅力

首元のおしゃれに欠かせないネックレス

ダイヤモンドのネックレスについて首元のおしゃれに欠かせないのがネックレス。揺らめきながら輝くダイ…

ダイヤモンドのメンテナンス方法

美しく輝くダイヤモンド。いつまでもその輝きを維持しておきたいですよね?実はダイヤモンドは薬品などにも…

ダイヤモンドを通販で購入するってどうなの

ダイヤモンドを通販で購入してみる

ダイヤモンドを通販で購入してみませんか?数ある宝石の中でも格別な美しい輝きを放ち、王者の風格が漂…

ダイヤモンドの透明度を決めるクラリティ

ダイヤモンドの透明度を決めるクラリティ

ダイヤモンドのクラリティ(透明度)とはインクルージョン(内包物)がない透明度の程度を表します。…

ダイヤモンドのカット

ダイヤモンドの価値はカット(Cut)にかかってる??

ダイヤモンドのカットについて磨けば光るダイヤモンドの原石ですが、磨かなければ少しも光りません。価…

ダイヤモンドジュエリーの魅力

美しきダイヤモンドジュエリーの魅力

あなたと初めて出会った瞬間、つい笑顔になってしまった。あなたを見つめていると吸い込まれそうになっ…

4C以外のカットの種類と魅力

カットについてダイヤモンドのカットで一番有名なのは4C評価の対象にもなっているラウンドブリリアン…

ダイヤモンドピアスを購入する前に

ダイヤモンドピアスを購入する前に

ピアスの歴史は、古く日本では縄文時代には耳飾りが発見されています。当初は耳の穴から悪魔が入ってくるの…

プラチナダイヤモンド

プラチナについて調べてみよう

ジュエリーに使われる地金素材と聞いて皆様は、何の思いを浮かべますか。金、プラチナ、シルバーのどれ…

エンゲージリング

  1. 婚約指輪と結婚指輪の違いは分かりますか?
  2. 婚約指輪を選ぶポイント
  3. ダイヤモンドの結婚指輪を選ぼう

購入のためのヒント

  1. 鑑定書・鑑別書

ダイヤモンドの基礎知識

ダイヤモンドの4Cとは

ダイヤモンドの4Cを分かりやすく説明します

輝くダイヤモンドは、いつみてもうっとりしてしまいますね。同じダイヤモンドなのに一つ一つ違う事…

そもそもダイヤモンドとは?知らなかった生成過程について!

ジュエリーやマリッジリングとして使用されるダイヤモンドですが、宝石そのものの生成の過程や歴史、神話、…

宝石鑑定士という仕事

宝石鑑定士という仕事

「宝石バイヤーになって世界中を駆け巡り、宝石の買い付けをしたい」「ダイヤモンドの鑑定をしたい」「ジュ…

ダイヤモンドの価値を決めるカラット

ダイヤモンドの価値を決めるカラット

ダイヤモンドといえばカラットと言われてもいい程4Cの中でも有名なカラット。ですが、カラットの事を…

身近なところで大活躍、工業用ダイヤモンド

身近なところで大活躍、工業用ダイヤモンド

世界中の人々から愛される宝石の王様、ダイヤモンド。ダイヤモンドと言えば、地球上でいちばん硬い鉱物です…

ダイヤモンドに関するお仕事

ジュエリーに関するお仕事あれこれ

ジュエリーショップに並ぶたくさんのジュエリーは、たくさんの人の手を介して商品となり、店頭に並んでいま…

ダイヤモンドジュエリーの普段のお手入れ

ダイヤモンドジュエリーの普段のお手入れ

大切なダイヤモンドジュエリーのお手入れはどうされていますか?滅多に使う機会のないエンゲージリングなど…

ダイヤモンドの誕生秘話

ダイヤモンドの誕生秘話

宝石といえばダイヤモンドと言っても過言ではないほど有名なダイヤモンドですが、どんな鉱物なのかなど詳し…

4C以外のカットの種類と魅力

カットについてダイヤモンドのカットで一番有名なのは4C評価の対象にもなっているラウンドブリリアン…

歴史から見るダイヤモンドのカット

歴史から見るダイヤモンドカット

美しく輝くダイヤモンドですが、この輝きを美しく見せているのはカットの正確な美しさと比例しています。…

ダイヤモンドのカラー
  1. ダイヤモンドネックレスの魅力
  2. 鑑定書・鑑別書

ダイヤモンドの4Cについて

  1. 歴史から見るダイヤモンドのカット
  2. ダイヤモンドの価値を決めるカラット
  3. ダイヤモンドの4C
  4. ダイヤモンドの評価
  5. ダイヤモンドの透明度を決めるクラリティ

ネット通販でダイヤモンドを選ぶ

ダイヤモンドの結婚指輪を通販で買うのはもはや常識

インターネットがすっかり普及した現代社会では、どんなものでもオンラインショップの通販で簡単に手に入れ…

ダイヤモンドをネット通販で

ネット通販で数多くのダイヤモンドジュエリーに出会う

ダイヤモンドジュエリーを通販で購入する初めて私がジュエリーショップへダイヤモンドジュエリーを購入…

PAGE TOP