素材を知る・選ぶ

素敵なゴールドジュエリーとの出会い

ゴールドのジュエリー

皆様はゴールドまたは、金と聞くと何を思い浮かべますか。

延べ棒、喜平ネックレス、コイン、ネックレス、リングとプラチナ同様沢山の種類がありますね。

私は、ジュエリーの事を知る前は、喜平ネックレスでしたが、今は、金と聞くと延べ棒を思い浮かべます。
ですが、ゴールドと聞くとネックレスなどのジュエリーが浮かびます。

昔、ゴールドとプラチナどちらが好きと聞かれました。
私は、ゴールドと答えました。理由を聞かれ、お金持ちになれそうだから。と答えました。
当時の私は、普段身に付けているジュエリーもK18のダイヤリングやネックレスでした。
持っているゴージャスなデザインのジュエリーは、プラチナでしたのでプラチナは、特別な日に身に付けていました。
そして、ネイルにもゴールドのラメを足していました。

当時の私にとってゴールドとは私自身の験担ぎ的な存在でした。何故か、金色を身に付けていると安心が出来ました。

今回は、私にとっての験担ぎにもなっていたゴールドについてです。

日本では、ゴールドより金という言葉の方がイメージがつきやすい人が多いかもしれませんね。
また、ゴールドはプラチナに比べて資産として延べ棒やコインとして持っている方も多いのではないでしょう。

ゴールドの全加工量は、約75%がジュエリーなどの装飾品が占めているそうです。
国によっては、1人暮らしを始める際にゴールドの製品を持たせ、困った時にこれを売りなさい。と持たされると聞いた事があります。
海外では、延べ棒などだけではなく、ジュエリーも資産として購入する方もいらっしゃいます。
なので、割と品位もK22やK24のジュエリーが多かったりとします。

ゴールドもプラチナ同様、K24、K22、K20、K18、K14、K10、K9などがございます。
また、1000分率ですと、999.9、916、853、750、585、416、375となります。
ゴールドの割合が多いK24(999.9)からどんどん数字が下がるにつれてゴールドの割合も下がって行きます。
また、ジュエリーによっては、1000分率で刻印をしております。

ゴールドの消費需要を占めているのは、近年減少傾向にありますが主に中国とインドです。
中国とインドの人達がゴールドを手放したらゴールドの相場も下がると聞いた事がございます。すごいですね。

そして、ドバイでは金の自動販売機があると教えて頂いた事がございます。
華やかなイメージやゴージャスなものを好んでしまう私には、ドバイは1度は行ってみたい憧れている国です。
ドバイのデザインネックレスを何度か見た事があるのですが、ダイヤモンドや色石がついていないものでとても素敵なデザインネックレスでした。
その時のネックレスは、K22以上だったと思います。

このように国によってゴールドジュエリーは、よく使われる素材の品位が違います。
例えば日本やイタリアでは、K18のネックレスやリングが多いのですが、アメリカではK14、イギリスやドイツではK9が多いといわれております。

また、同じ品位のものでも、刻印の表記が750、K18、18K、18Ktとございます。(18金で例えています。)

それと同じようにジュエリーも国によってデザインが異なり見ていると楽しいです。
これは、お洋服のデザインが国によって違うのと同じ感覚です。
今は、ネットで沢山のデザインをみる事が出来て本当に便利だな。っと思います。見ているだけでも楽しく、欲しいジュエリーが出来たら、どこからでもすぐ購入出来ますし、ご褒美ジュエリーでしたら目標が出来、それを見る度に頑張ろうと思う事も出来ますね。

日本人は、プラチナやホワイトゴールドを好まれる人が多いと以前お伝えしましたが、最近は、ピクンゴールドも人気が出てきていますね。
K18のピンクゴールドは、ゴールドが750%、銅が190%と残りは、パラジウムやシルバーが入っております。
割金に銅を多くする事によって、ピクンゴールドという優しく可愛いらしい色になり女性には人気がございます。
また、男性ですと、イエローゴールドを身につけている方を良くお見かけします。

ピンクゴールドの他にも割金を変える事により、ローズゴールドやグリーンゴールドもございます。
良くお見かけするのは、主にイエロー、ホワイト、ピンクの3種類ではないでしょうか。

同じ品位で同じデザインでも色合いが異なる事により、ジュエリーの雰囲気が変わります。
とても気に入ったデザインでしたら、色違いで持っていても、気分によって変えてご使用するのもいいですね。

そして、ゴールドといったらもちろん皆様も知っている、イエローゴールドのジュエリーも素敵なので忘れないで下さいね。
私は、個人的にはイエローゴールドが好きです。
皆様は、イエロー、ホワイト、ピンクどのゴールドが好きですか。
全部の色のゴールドが好きな方には、3色を使ったジュエリーもいいですね。

ゴールドを手にした時、重いと感じた事がある人は、いらっしゃるのではないでしょうか。
ゴールドも比重が高いのでシルバーと比べますと重いです。その重みがゴールドとプラチナの高級感をより感じさせてくれることでもありますね。
なので、大ぶりなデザインのネックレスなどですと全てをゴールドで作ってしまうと重いので、中を空洞にしてご使用がしやすいように出来ております。
空洞になっておりましても、きちんとゴールドの重みを感じる事が出来ますよ。もちろん嫌にならない程度ですよ。

ゴールドの商品をご購入する時の少しの注意がございます。
ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、ゴールド色リングなど、ゴールド色というのは、ゴールドの色をしているジュエリーの可能性もあるので注意が必要です。
また、K18GPやK18GFリングなどの刻印の場合は、メッキで出来たリングにK18を塗ったり、吹き付けたりして出来たリングという事です。
ゴールドを上から塗ったりしているので、年月が経つにつれてゴールドが剥がれたりしてしまいます。

せっかくジュエリーをご購入するのでしたら、末長くお使いが出来るジュエリーをご購入してみてはいかがでしょうか。
ダイヤモンドや色石がついて、キラキラと華やかなジュエリーも素敵ですね。
前にもお伝えいたしましたが、沢山の経験をしてきた皆様だからこそ、高級感があって華やかなジュエリーを身につけて下さいね。

また、個人的にはゴールドとパールも相性がいいように思います。
ピアスにはもちろん、一粒のパールがついたネックレスなどもシンプルの中にも存在感が感じる事が出来、カジュアルな服にもちょっとしたお出掛け用の服にも合うので素敵ですね。

ゴールドジュエリーもセットする石やデザインによって、全く違うジュエリーになります。
シンプルなものからゴージャスなものまで沢山ございますが、変わらないものはゴールドが醸し出す味わいはどんなものでも変わらず、品を感じる事が出来ます。
皆様ならお分かりになっていただけることでしょう。

ネットを通じて沢山のジュエリーが比較出来、選べる時代ですので、沢山のジュエリーとの出会いを見つけてみて下さいね。そして、ご購入をしたらきちんと他のジュエリーと平等に身につけてあげて下さいね。
せっかく綺麗に出来上がったジュエリーを閉まったままになってしまったら可哀想ですからね。

女優さんやモデルさんと同じです。
表に出てどんどんと綺麗になり華やかさがでてきますよね。
ジュエリーもどんどん表に出して下さい。そして、女優さんやモデルさんと違うのはジュエリーを表に出して綺麗になるのは皆様自身でございます。

このように書いていますとジュエリーを身に付ける事は、輝けるジュエリーの為にもジュエリーを身に付ける事で輝けて美しくなれる私達の為にもいい事ですね。

ゴールドジュエリーやプラチナジュエリーを気分に合わせて変え、いつまでもジュエリーと一緒に輝きながら過ごしていきましょう。

素敵なゴールドジュエリーとの出会いを願っております。

関連記事

  1. ダイヤモンドの4C「クラリティ」とは

  2. ネット通販で楽しいダイヤモンド選び

    ネット通販で楽しいダイヤモンド選び

  3. 鑑定書・鑑別書

    知っているようで知らない、鑑別書・鑑定書とは?

  4. ダイヤモンドの天然インクルージョンとはどんなもの?

  5. 結婚指輪選び、6つのポイント

    いざ結婚指輪選び!6つのポイント

  6. カラーダイヤの評価~ファンシーダイヤモンドについて~

  7. 知らなかった!良質な金を選ぶための豆知識と歴史について

  8. エンゲージリングを普段使いに

    エンゲージリングは普段使いしてもよし!

ネット通販で購入

通販でダイヤモンドを購入する秘訣

ネット通販でダイヤモンドを購入する秘訣

通販でダイヤモンドを購入する秘訣とは?婚約・結婚指輪に。プレゼントや大切な記念日に。頑張った自分…

ダイヤモンドを通販で購入するってどうなの

ダイヤモンドを通販で購入してみる

ダイヤモンドを通販で購入してみませんか?数ある宝石の中でも格別な美しい輝きを放ち、王者の風格が漂…

ダイヤモンドをネット通販で

ネット通販で数多くのダイヤモンドジュエリーに出会う

ダイヤモンドジュエリーを通販で購入する初めて私がジュエリーショップへダイヤモンドジュエリーを購入…

ダイヤモンドの結婚指輪を通販で買うのはもはや常識

インターネットがすっかり普及した現代社会では、どんなものでもオンラインショップの通販で簡単に手に入れ…

ダイヤモンドを通販で購入する場合知っておきたいこと

ダイヤモンドを通販で購入する場合に知っておきたいこと

最近ではお店で直接購入するだけでなく、インターネット上の通販を利用して手軽に商品を購入できるサービス…

ダイヤモンドジュエリーをネット通販で選ぶコツ

ダイヤモンドジュエリーをネット通販で選ぶコツ

ダイヤモンドの購入を考えた時、皆さんはまずどのような購入方法を思い浮かべるでしょうか?百貨店やフ…

婚約指輪をネット通販で

ネット通販で婚約指輪を一緒に選びましょう

一粒の輝くダイヤモンドの入った小さな箱をパカッとした開いた瞬間、女性は思わず口に手を当てる風景を皆様…

ネット通販で購入する前に

ネット通販で購入する前に!ダイヤモンドの基本

数ある宝石の中で一番女性を虜にし、プレゼントして心から喜ばれる宝石と言えば、ダイヤモンドです。また、…

ネット通販で楽しいダイヤモンド選び

ネット通販で楽しいダイヤモンド選び

最近ではお店で直接購入するだけでなく、インターネット上の通販を利用して手軽に商品を購入できるサービス…

おすすめ記事

ダイヤモンドの採掘国はどこ?

ダイヤモンドはごく僅かの限られた場所でしか採掘されません。何故なら35億年から9億年前からある土地で…

ダイヤモンドジュエリーを選ぶ

ダイヤモンドジュエリーを選んでみよう

ダイヤモンドジュエリーの選び方初めてダイヤモンドジュエリーを身に付けた時、大人になった自分にワク…

ネット通販で楽しいダイヤモンド選び

ネット通販で楽しいダイヤモンド選び

最近ではお店で直接購入するだけでなく、インターネット上の通販を利用して手軽に商品を購入できるサービス…

ダイヤモンドの価値評価

ダイヤモンドの価値はどのように評価されるの?

宝石といえば?と聞くと必ず出てくるほど有名なダイヤモンド。身近な存在なようで実は知らないことが多…

誕生石

誕生石とその意味のお話

各月に定められた石があり、自分の生まれた月の石を誕生石と言います。元々は18世紀にポーランドの宝…

氷点下の宝石?ダイヤモンドダストって?

ダイヤモンドダストと一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?冬の季節に見られるといわれる自然現…

ダイヤモンドの取引所にまつわるお話

世界中で採掘されているダイヤモンドですが、ダイヤモンドを取引している場所は世界中で16ヶ所あります。…

誕生石の楽しみ方

誕生石の楽しみ方

宝石には見た目の美しさ以外に様々な楽しみ方があります。その中の一つが誕生石などの宝石の持つ意味を意識…

身近なところで大活躍、工業用ダイヤモンド

身近なところで大活躍、工業用ダイヤモンド

世界中の人々から愛される宝石の王様、ダイヤモンド。ダイヤモンドと言えば、地球上でいちばん硬い鉱物です…

ダイヤモンドピアスを購入する前に

ダイヤモンドピアスを購入する前に

ピアスの歴史は、古く日本では縄文時代には耳飾りが発見されています。当初は耳の穴から悪魔が入ってくるの…

エンゲージリング

  1. 結婚指輪を選ぶ
  2. 婚約指輪と結婚指輪の違いは分かりますか?
  3. ダイヤモンドリングの選び方

購入のためのヒント

  1. 定番から最新のトレンドまで!ダイヤモンドリングのデザインとは?
  2. 自分の外的要素に合ったネックレスとは?
  3. 良いインクルージョンと避けたほうがいいインクルージョン

ダイヤモンドの基礎知識

ダイヤモンドを下取りしてもらうためのヒント

サザビーズやクリスティーズなどの大手オークションハウスなどでは、ダイヤモンドが記録的な価格で落札され…

ダイヤモンドに関するお仕事

ジュエリーに関するお仕事あれこれ

ジュエリーショップに並ぶたくさんのジュエリーは、たくさんの人の手を介して商品となり、店頭に並んでいま…

古代インドで始まったダイヤモンドの歴史

婚約や結婚指輪として使われるダイヤモンドは、ラブストーリーを彩る大切な脇役として欠かせないアイテムで…

一粒ダイヤモンドが人気の理由

一粒ダイヤモンドについて最近、女性達の間で一粒ダイヤモンドを使ったアクセサリーが人気になってきて…

ダイヤモンドの4C

ダイヤモンドの4Cを勉強しましょう

ダイヤモンドの美しさを評価する上で、専門の鑑定士が鑑定し、鑑定書というものをつけます。その評価を…

オーダーメイドのダイヤモンドジュエリー

オーダーメイドのダイヤモンドジュエリー

素敵なジュエリーを探して歩くのも楽しいですが、自分の好きなように想像したジュエリーを身に着けることが…

ダイヤモンドの評価

ダイヤモンドの評価は何で決まるのか?

ダイヤモンドの評価について美しい永遠の輝きを持ち、世界中の人々から崇められているダイヤモンド。時…

カラーダイヤモンドを知りましょう

カラーダイヤモンドを知りましょう!

ダイヤモンドと一口に言っても実は様々なカラーが存在します。今回は鑑定書で使われる基準のカラーとともに…

世界で最も大きなダイヤモンドの産地

ダイヤモンドの原石は、どんな場所でも見つかるというわけではありません。とはいえ、人々が必死になって探…

ダイヤモンドの4C~価値を知るための基準~

ダイヤモンドの4Cについてダイヤモンドはどれも美しく輝いて見えます。しかしそれゆえにプロでなけれ…

ダイヤモンドの4C
  1. ダイヤモンドピアスを購入する前に
  2. ダイヤモンドの4Cとは
  3. ダイヤモンドジュエリーを長持ちさせるために
  4. ダイヤモンドの価格はどのように決まるの?

ダイヤモンドの4Cについて

  1. ダイヤモンドのカット
  2. ダイヤモンドの価値を決めるカラット
  3. ダイヤモンドの4C
  4. 鑑定書・鑑別書
  5. 歴史から見るダイヤモンドのカット
  6. ダイヤモンドの価値評価
  7. ダイヤモンドの4Cとは

ネット通販でダイヤモンドを選ぶ

婚約指輪をネット通販で

ネット通販で婚約指輪を一緒に選びましょう

一粒の輝くダイヤモンドの入った小さな箱をパカッとした開いた瞬間、女性は思わず口に手を当てる風景を皆様…

ダイヤモンドの結婚指輪を通販で買うのはもはや常識

インターネットがすっかり普及した現代社会では、どんなものでもオンラインショップの通販で簡単に手に入れ…

PAGE TOP